1. 注目記事
  2. ギア評価

パター専用『Stability Shaft(スタビリティー・シャフト)』徹底解説

ギア評価 吉村真
日幸物産 Stability Shaft(スタビリティー・シャフト)

日幸物産から米国のパターシャフトメーカー・ブレークスルーゴルフテクノロジー社の『スタビリティー・シャフト』が発売される。

カーボンとスチールのパター専用ハイブリッドシャフトを、豊富な試打経験を持つギアの賢者・ソクラテス永井延宏プロにテストしてもらう。

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

ショートパットでガツンとキメる大型ヘッドと相性の良いハイブリッドシャフト

日幸物産 Stability Shaft(スタビリティー・シャフト)

カーボン部分は12層のカーボンシートを積層してあり、パラレル形状。そのカーボン部分にはチップ側に有限要素法解析で設計された22gのアルミインサートが入っています。

そして、その下のコネクタ部分にはスチール素材の5倍の剛性を持つ7075アルミアルマイトという素材を採用。シャフトチップはステンレス製で、カーボン部分に2.5インチ挿入するシステムになっているハイテクなハイブリッドシャフトです。

特長としてはシャフト全体としてのトルクが1度と従来の約半分であり、ストローク中の捻れが少ないこと、また、インパクト時にヘッドの振動を抑制して、パッティングでの左右のブレ、縦の距離の安定性が高いシャフトだと言うことです。

今回は同じマレット型のヘッドで、『スタビリティー・シャフト』と通常のスチールシャフト装着のパターを打ち比べてみました。

勝負パットでも手元が緩まない

日幸物産 Stability Shaft(スタビリティー・シャフト)

33インチで仕上げパターで、スチールシャフト装着モデルは少しだけ軽さを感じました。

その軽量感が要因だと思いますが、手元の挙動に不安定なフィーリングがフィードバックとしてあります。

ラウンド中の勝負をかけるパッティングでは、その手元の挙動の不安定さがパッティングストロークやフィーリングとマッチしないことが起きてしまいます。

そのような不安要素を排除するため、スチールシャフトのパターでは手元側に鉛を貼付したり、挙動を安定させるグリップを装着するなどの工夫が必要とされます。

ところがこの『スタビリティー・シャフト』の場合は、手元に12層にカーボンシートを積層していて剛性感が強く、また、外観的にもカーボン部分のパラレル形状からシャフト径が太く見えて、剛性が高いように見えるという安心感があります。

さらにコネクト部分に強度の高いアルミを使用して、チップにステンレスシャフトが装着されていることで、手にした時の手元側の重量感や剛性感はより強く感じます。

結果的に、気合が入る勝負パットでも手元側の挙動が非常にスムーズです。ヘッドの操作性も高く、タッチも出しやすいパターに仕上がっています。

その意味では、『スタビリティー・シャフト』装着モデルはスチールシャフト装着モデルと比較して、動画を見てもらえば分かるように球のバラツキも少ない。

大型ヘッドとベストマッチ PGAツアーで主流の体幹で打つスタイルに!

日幸物産 Stability Shaft(スタビリティー・シャフト)

『スタビリティー・シャフト』は、カーボン部分の適度なしなりなども影響して、インパクト効率は高い印象です。なので、ヘッドの動きの大きくない、直進性の高い形状、高慣性モーメントのネオマレット型のパターヘッドと相性は抜群だと思います。

また、『スタビリティー・シャフト』は米国生まれということですが、手先を使うストロークではなく、現在のUSPGAツアーで主流となっている体幹を使うストロークには非常にフィットしているパターシャフトです。

その意味で、『スタビリティー・シャフト』はプレーヤーのパッティングスタイルの進化とパターヘッドの大型化など、パターヘッドの進化に即していて、道具としての完成度を高めるパターシャフトといえるでしょう。

旗竿を立てたままガツンとパットをキメる!

日幸物産 Stability Shaft(スタビリティー・シャフト)

今年、ルールが改正になって旗竿を立てたままパッティングすることが可能になりました。旗竿にボールが当たってカップインする確率が高まったといわれています。

その旗竿を立てたままで、ロングパットはもちろん、ショートパットで旗竿に当てる気持ちでガツンとショートパットを打っても、手元の緩みや不安定な挙動に対する不安がないので、『スタビリティ・ーシャフト』は特にショートパットで効果を発揮してくれると思います。

ショートパットが苦手なゴルファー、勝負所での1メートルのパットに不安を覚えるゴルファーに『スタビリティー・シャフト』はオススメです。

商品のお問い合わせ:日幸物産
TEL:03-3994-1033
https://www.stabilityshaft.jp/


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

日幸物産 Stability Shaft(スタビリティー・シャフト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 高いボール初速を実現!中条カムイ『TP-Xnitrogen』ドライバーを永井プロがテスト!

  • ピストルとスクエア形状の融合『スーパーストローク CLAW(クロー)』誕生

  • パター専用『Stability Shaft(スタビリティー・シャフト)』徹底解説

  • 振り遅れを防ぐ 「同調系」軽量シャフト 『K’s-NINE9』

関連記事

  • プロも多数愛用するIOMICの『メビウスブラック』グリップをテストする

  • 安定した飛距離性能を Arch『164α』『PROTO TYPE』シャフトを永井プロが徹底検証

  • 高いボール初速を実現!中条カムイ『TP-Xnitrogen』ドライバーを永井プロがテスト!

  • なぜTRPX『アフターバーナーAB501』は高初速・低スピンが打ちやすいのか

  • jBEAMの新製品『ZY-9』『J3 TOUR』を試打!イメージ通りの球が出るか

  • ミート率が上がるシャフト『ハドラス スマッシュ』を永井プロが試してみました