1. 注目記事
  2. ギア評価

プロも多く愛用するIOMICの『メビウスブラック』グリップをテストする

ギア評価 片山三将
iomic メビウスブラック

イオミックから新登場した『メビウスブラック』を、豊富な試打経験を持つギアの賢者・ソクラテス永井延宏プロが様々な角度から試打検証。

今回のモデルは360度の全方位モデル、いわゆる昨今の調整機能付きモデルのカチャカチャタイプにフィットするモデル。他にもイオミックらしいこだわりが随所に搭載されているので、そこを掘り下げて検証してもらった。

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

身体とクラブが一体になって動くプロが愛用するのもうなずける

iomic メビウスブラック

まず、グリップして感じるのが、手に吸い付くようなフィーリング。ここはイオミックらしさがすごく出ています。そして、デザインは360度全方位なので、どこで握っても同じフィーリングで、品質の高さが伺えますね。

機能的には、イオミック独自のLTC(ロートルクコントロール)を搭載したモデルという点で、確かにスイング中におけるグリップの一体感を強く感じます。特に、切り返しの際の手元のフィーリングがよく、スムーズなスイングにつながります。

グリップの一体感というキーワードは、よくレッスンでも出てきますが、意外と左手と右手というのは別々の仕事をしているのです。その際に、それぞれの手がグリップの捻じれや折れなど余計な動きを感じてしまうのですが、『メビウスブラック』は、そういった余計な挙動をグリップから感じることがなく、グリップがクラブと一体になってスイングできます。

iomic メビウスブラック

何発かボールを打ち続けていると、手とクラブだけではなく身体とクラブが一体になって動く感覚が出てきます。これは他のグリップにはないイオミックの世界観でしょうし、この辺りが高いプロの使用率につながっていますね。

最近では、国内選手だけではなく海外選手もイオミックを好んで使っていますが、それもうなずける話です。

iomic メビウスブラック 試打データ
トラックマン試打データ

ただ単に手の一体感ということではなく、正に「心・技・体」。クラブと体が一つになってゴルフをする。ここがプロゴルファーにとっては大事な点ですが、そういった感覚を求めるプロゴルファーが認めるのも分かります。

ダフッても手の中でグリップが回らない

iomic メビウスブラック

『メビウスブラック』をGEW記者片山三将もテスト。

片山:握った感じというか、今何も悩むことなく両手でスッと握れました。普段左手はこの部分で右手はここ、みたいにグリップする位置を考えてしまうのですが、それが全然ありませんでした。全方位同じデザインのグリップだと、考えることなくグリップできる。すごいストレスフリーな感じです。

永井:確かにそうなんですよね。グリップと体が溶け込むというか、その場にすんなりと馴染むグリップですよね。

片山:ええ、スッと構えられて、パーンと打てちゃいます。

iomic メビウスブラック 片山試打
ほぼストレートに飛んだボールは落ち際でややドローがかかり、目標から2.3ヤード左に落下した。180ヤード先の目標を3ヤード以内に捉えられたデータは充分満足できるもの。

片山:あ~、いい球出ました。ほんと、躊躇せず打ててしまいます。握った感じもすぐにしっくりくるんですけど、ちょっと驚いたのがインパクトで当たり負けしないこと。

実は今ほんの少しダフりました。普段手前に入ったりすると、グリップが手の中でクルッと回ったりとかするんですけど、そんなに強く握っていないのにグリップが捻じれずに振れました。実際にボールもしっかりと飛びましたし、方向性も悪くありません。

永井:このグリップはLTC搭載なのでグリップ自体の捻じれやツブれに強いところもあります。それがインパクトで当たり負けしないというメリットにつながっているのかもしれません。

実際、ゴルフはミスのゲームともいわれるのでプロゴルファーもミスはします。しかし、それを最小限に留めてくれるのがいい道具になるわけです。そんなところもプロゴルファーがイオミックを好む理由でしょうし、アマチュアにも体感してほしい性能ですね。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

iomic メビウスブラック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 驚異のミート率『マジェスティ ロイヤル』ドライバー HS40のゴルファーに最適

  • ゼクシオ「成人式」を迎えて世界観を一新 「X」登場

  • クリーブランド『RTX4 ウエッジ』ソール選びがスコアのカギを握る?

  • 半端ないヤツ!キャロウェイ『EPIC FORGED STAR』アイアンを試打検証

関連記事

  • イオミック iXx グリップを徹底検証! その評価は?

  • イオミック iXxグリップを検証

  • 困難を乗り越えて、ジェットが5年振りの復活V

  • 井戸木プロ、イオミックで快挙!

  • イオミック、ラムキン・アジアンモデル発表

  • イオミックがカリー・ウェブと契約