1. 注目記事
  2. ギア評価

高いボール初速を実現!中条カムイ『TP-Xnitrogen』ドライバーを永井プロがテスト!

ギア評価 吉村真
中条カムイ 窒素充填型ドライバー『TP-Xnitrogen』

中条カムイの窒素充填型ドライバー『TP-Xnitrogen』が密かに地クラブ市場で大きな反響を呼んでいる。

その中で噂されているのが、上級者やHSの速いゴルファーが好むロフト角9度と、飛距離で遜色のないのがロフト角11度のモデルだという。

その噂を豊富な試打経験を持つギアの賢者・ソクラテス永井延宏プロにテストしてもらう。

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

『TP-Xnitrogen』の印象は?

中条カムイ 窒素充填型ドライバー『TP-Xnitrogen』

まず見た目の印象ですが、現代的なドライバーの中では締まったデザインで、ディープフェース。低重心化が図られたヘッドだと見てとれます。

ヘッドにブラックのイオンプレーティング加工を施してあるということで、物作りへのこだわりも感じられますね。

中条カムイ 窒素充填型ドライバー『TP-Xnitrogen』

外観は小ぶりに見えますが、重心距離もほど良く長く、ディープヘッドながら捕まりすぎも抑制。

フェースには反発性能の高いDAT55Gを採用して反発を高め、フェースの編肉構造や窒素をヘッド内に充填することで、規制値内に抑えながら高い初速性能を実現していると思います。

秘密はDAT55Gと窒素!『TP-Xnitrogen』はロフト11度でも飛ぶ

中条カムイ 窒素充填型ドライバー『TP-Xnitrogen』

ロフト角11度を打ってみました。ヘッドは構えた時のリアルロフトが多めで、フェース面も鮮明に視界に入ります。打ち出し角も高く、キャリーボールで飛ばすというイメージでしょう。

通常ロフト角が多い(寝ている)ヘッドは打ち出し角が増加しますので、ボールが適正な高さを出せずに飛距離が伸ばせないゴルファーや、ヘッドスピードが遅くて十分な打ち出し角を作れないゴルファーに推奨されます。

ところが、ロフト角が多いヘッドの場合は、同時にスピン量も比例して増加するので捲れる弾道とまではならないまでも、風の影響を受けてキャリーが伸びなかったり、着弾後にランが少なかったりする場合が多いのです。

ただ、この『TP-Xnitrogen』のロフト角11度のヘッドは、フェース素材・DAT55Gや窒素ガスなどの影響で、ロフトが増えても低スピンなので、高打ち出しながらランが出たという解釈してもいいでしょう。

中条カムイ 窒素充填型ドライバー『TP-Xnitrogen』
トラックマン試打データ(ロフト11度)

実感としては、ややトゥ寄りに当たってのギア効果も効果的に発揮され、突っ込んでいく弾道になったと感じています。そういう撃芯に当たりやすいというのも、飛ぶドライバーの要素だと思います。

数値を見て頂ければ分かる通り、キャリーは9度より7ヤードも多く、ランの差はわずか4ヤード。物性からいえば、ロフト9度との差が少ないロフト11度のドライバーは、ほかには無いですね。

ロフト角9度はスクエアなヘッドゴルファーもやる気が生まれる!

中条カムイ 窒素充填型ドライバー『TP-Xnitrogen』

一方のロフト角9度のヘッドは、フェースが立っている(ロフトが少ない)印象が視覚的に入ってきますね。

スクエア感が強く、易しさが見た目から伝わるロフト角11度のヘッドと比べて、ゴルファー自身もひとつギアを上げるというか、テンションを上げさせてくれるヘッドです。

中条カムイ 窒素充填型ドライバー『TP-Xnitrogen』
トラックマン試打データ(ロフト9度)

ロフト角9度も明らかに初速が速く、窒素が充填されているからか、インパクト時のボールへのヘッドのパワーやスイングスピードのパワーの伝達効率が高い。それによって強弾道が実現できるということになります。

イメージは前へ前へという風にも強く、当たり前ですが、11度よりもランも稼げています。とはいえ、ランの差は4ヤード。優しく飛ばせるロフト11度もオススメです。

『TP-Xnitrogen』商品解説

中条カムイ 窒素充填型ドライバー『TP-Xnitrogen』

『TP-Xnitrogen』はその名の通り、窒素ガス(nitrogen)をヘッド内に封入することによって、内圧を高めフェースの耐久性の向上に成功。

また、内圧を高めることで、ヘッドの抜けが良くなり、打球後のヘッドの減速を最小限に抑え、エネルギー効率が向上してボール初速がアップ。スイートエリアも広くなり、オフセンターヒットに更なる強さを発揮するのが特長だ。

それに加えて、フェースにDAT55Gを採用することで、打感の良さとボール初速のアップに貢献。高反発規制により、扱いにくいDAT55Gをガス封入と偏肉構造によってクリア。ヘッドスピード(HS)39以下のユーザーにも易しく飛ばせる適合モデルとなっている。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

中条カムイ 窒素充填型ドライバー『TP-Xnitrogen』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • Golf Prideの豊富なラインアップでゴルファー別の悩みを解決する

  • 打感打音がちょうど良い『TP-Xnitrogen』ドライバーを試打!飛距離性能もアップ

  • 三浦技研の新理論『9ポジションフィッティング』を解説

  • 6代目『スピーダーエボリューション Ⅵ』安定したインパクトと飛距離を生むシャフト

関連記事

  • 打感打音がちょうど良い『TP-Xnitrogen』ドライバーを試打!飛距離性能もアップ

  • 永井プロ試打レビュー:中条カムイ『KP-103UC』アイアン

  • 窒素充填ドライバーを手掛ける中条カムイ 開発にいたる苦労と神髄

  • 中条カムイの窒素入りの『TP-Xニトロゲン』は「飛び」が証明された!?