1. 注目記事
  2. ギア評価

マルマン『SHUTTLE GOLD』をテスト!7番で190ヤード驚愕の飛び

ギア評価 マジェスティ 片山三将
マジェスティゴルフ『SHUTTLE GOLD』 ドライバー&7番アイアン

マジェスティゴルフから先頃発売されたマルマン『シャトルゴールド』のドライバーと7番アイアンを、豊富な試打経験を持つギアの賢者・ソクラテス永井延宏プロとGEW片山三将がテストした。

片山はドライバーのヘッドスピード43。53歳という年齢にしてはやや速い方で、以前はバックティーからプレーするのが当たり前だった。しかし、シニアになって飛距離が急激に落ち込み、今はレギュラーティーでのプレーを余儀なくされている。「もう一度、バックティーから回りたい!」そんな思いで日々飛ぶクラブとの出会いを求めている・・・

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

『シャトルゴールド』7番アイアンからテスト!

マジェスティゴルフ『SHUTTLE GOLD』 7番アイアン構えた印象

永井:『シャトル』といえば、お助けクラブというイメージがありますが、そのやさしさを『シャトルゴールド』は進化させたという位置づけ。ということで、まずは片山さんに7番アイアンを打ってもらいますが、構えた印象は。

片山:いわゆる飛び系アイアンという位置づけでストロングロフト設計(7番で27度)とのことですが、構えた感じはロフトが立っている印象はありません。

マジェスティゴルフ『SHUTTLE GOLD』 7番アイアン構えた印象

片山:では、打ってみます。

マジェスティゴルフ『SHUTTLE GOLD』 7番アイアン試打

片山:オー、高い!

永井:ボールを見上げる顔の角度が普通の7番とは一段違いますね!ストロングロフトのボールの上がり方じゃないですよ。

片山:かなり早い段階でボールがネットを直撃しました。ちょっとビックリですね。では、もう一発打ってみます。

SHUTTLE GOLD アイアン 片山試打データ

永井:いやあ、これも高い。ショートアイアンやウエッジくらいの高さですね。でも、ただ上がるだけではなく飛んでいます。データも191ヤードですよ。

片山:僕は7番アイアンだと普段150ヤードなので、3~4番手は違います。

永井:ちなみに190ヤードだと普段は何番ですか。

片山:場合によりますが、いつもは4番アイアンやユーティリティです。

永井:ですよね。その番手ではあそこまでの高さは出ませんよね。それにしても衝撃的です。

ロフト10.5度、Sフレックスの『シャトルゴールド』ドライバーをテスト

マジェスティゴルフ『SHUTTLE GOLD』ドライバー

片山:ヘッド体積が460㎤のわりにはコンパクトに見えます。全体的にしまった印象です。

マジェスティゴルフ『SHUTTLE GOLD』 ドライバー試打

永井:オー、いい弾道ですね!音もすごくいい。

片山:ええ、音は少し高めですが、しっかりとした打ち応えを感じます。

永井:カーボンクラウンだと音がこもってしまうクラブもありますが、このドライバーはしっかりとした金属音ですし、飛距離も246ヤード出ています。

SHUTTLE GOLD ドライバー 片山試打データ

片山:そうですね、僕にとっては十分な飛距離だと思います。あと、実は今ちょっとトウ寄りに当たったミスでしたが、当たり負けしませんでした。

永井:そうですね。かなりスイートエリアも大きいので、曲がりも少ない。片山さんに何発か打ってもらいましたが、安定して240ヤードを超えて曲がりも少ない。このドライバーに、190ヤード打てる7番アイアンならコースが短く感じる。これだけ飛べば、バックティーから回らないとコースが短過ぎるんじゃないですか!

片山:そうですね、ここまで飛べば自信を持ってバックティーから回れる。なんか、嬉しくなってきました。

マジェスティゴルフ『SHUTTLE GOLD』ドライバー 永井プロ試打

永井:『シャトルゴールド』のターゲットはクラブにやさしさを求めるエンジョイゴルファーということですが、片山さんのように飛距離やボールの高さをクラブにカバーしてもらい、その上でアスリート感を楽しみながらバックティーで回るというプレースタイルも見えてきます。

SHUTTLE GOLD アイアン&ドライバー 永井プロ試打データ
永井プロ試打データ(左:7番アイアン、右:ドライバー)

私も打ってみましたが、ドライバーもアイアンもポンっとクラブを置くだけでフェースが目標を向いてくれますし、素直に振るだけでボールが上がって飛んでくれる。ゴルフの一番の醍醐味は、高く上がって飛ぶこと。その結果が、とにかく出やすいクラブという印象ですね。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

マジェスティゴルフ『SHUTTLE GOLD』 ドライバー&7番アイアン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • イオンスポーツ東代表取締役インタビュー:世界の名門コースから引っ張りだこの『ゼロフィット』

  • 11代目ゼクシオは本当に進化しているのか?『イレブン』と『X』の実力を試してみた

  • マジェスティゴルフ西原専務執行役員インタビュー:匠の世界観をもっとゴルファーに訴求していきます!

  • JGE『jBEAM KZ-5』ドライバー試打テスト 驚異の直進性と飛距離性能

関連記事

  • マジェスティゴルフ西原専務執行役員インタビュー:匠の世界観をもっとゴルファーに訴求していきます!

  • マジェスティゴルフ『KSウエッジ ゼロバンス GN』は驚きのスピン性能

  • マジェスティゴルフ『KSパター』重ヘッドのロフト4度で球が上がる

  • マジェスティゴルフ2019新製品発表会ライブ配信

  • PLAY GOLF EASY フェースのどこに当たっても真っすぐ遠くへ飛ぶ

  • ゴルファーの高齢化は最大の商機 マルマン松下専務の『マジェスティ』戦略