1. 注目記事
  2. ギア評価

パーフェクトプロ『X HOLD ブラックシリーズ』衝撃吸収に優れたグリップをテスト

ギア評価 ワークス 片山三将
パーフェクトプロ『Xホールド ブラックシリーズ』 試打検証

パーフェクトプロから発売される『Xホールド ブラックシリーズ』。ABRという衝撃吸収に優れた合成ゴムを使用したグリップだ。

今回はラバー・ハーフコード・コードの3種類を、豊富な試打経験を持つギアの賢者・ソクラテス永井延宏プロにそれぞれ打ち比べてもらった。

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

パーフェクトプロ『Xホールド ブラックシリーズ』

パーフェクトプロ『Xホールド ブラックシリーズ』

ラバータイプですが、とても手にしっとりとなじむとともに、表面に施されたXパターンがほどよく手に引っかかります。

形状的には、左手部分から右手部分に緩やかなテーパーがあるので左手よりも右手が少し細くなりますが、テーパーに均一感があるので、アプローチのような小さいショットでも体幹を活かした柔らかいショットが打てそうですね。

そして、ハーフコードはちょうどグリップの真ん中でラバーとコードが分かれているので、左右の手の役割分担がハッキリとイメージできます。特に、バックスイングでコッキングを入れやすいフィーリングがあるので、クラブを上手くさばくといったイメージが湧きやすいタイプです。

パーフェクトプロ『Xホールド ブラックシリーズ』 永井プロ解説

そして、最後はコード。これはベースのラバー全面にコードをつけたタイプなのでフィーリングは少しドライ。こういったタイプは掌ではなく指の関節でしっかり持つイメージが湧きます。

よって、スイングも身体全体の骨格を意識して飛ばしていくイメージが強くなるので、厚いインパクトに結びつくでしょう。では、その性能をアマチュアテスター(GEWの片山三将記者)とともに、もっと掘り下げていきましょう。

アマチュアテスターが3タイプを打ち比べ、その結果は?

パーフェクトプロ『Xホールド ブラックシリーズ』 試打検証

永井:まずラバーですが、握った感じはどうですか。

片山:ピタッときます。硬すぎず柔らかすぎず、グリップのテンションも丁度いい感じです。

パーフェクトプロ『Xホールド ブラックシリーズ』 ラバー試打検証
Xホールド ブラックシリーズ ラバー

永井:何というか、体温に馴染む感じがありますよね。では、打ってみてどうですか。

片山:いい弾道です。もう、このまま使えそうです。

永井:ファーストタッチの信頼感が、そのまま結果に表れましたね。では、続いてハーフコードですが、グリップした感じはどうですか。

パーフェクトプロ『Xホールド ブラックシリーズ』 ハーフコード試打検証
Xホールド ブラックシリーズ ハーフコード

片山:ハーフコードは初めてですが、最初に左手のコード部分をグリップすると明らかにラバーとは違う感じで、何か「しっかりと握れ!」とグリップが自分へ信号を送っている気がします。そして、右手はラバーと同じなのでしっとりとやさしく握れます。では、打ってみます。

片山:確かに左手は、すごくしっかりします。全然ズレません。また、右手はソフトに握れるので、スイング中ずっとグリップのテンションが変わらず、右手が変に悪戯する感じもありません。

永井:今スイングを見ていましたが、ダウンスイングの時にラバーよりも左手でクラブをさばく、タメがしっかり入った感じが出ていました。手元のフィーリングの違いが、スイングテンポや切り返しを変えた印象ですね。さて、最後にコードですが、握った感じはどうですか。

パーフェクトプロ『Xホールド ブラックシリーズ』 コード試打検証
Xホールド ブラックシリーズ コード

片山:あ~、もう全然違います。左手はハーフコードと同じようにしっかり握る意識が強くなりますし、右手もラバーとは違い、ワッグルしてもグリップがズレる感じが一切ありません。では、打ってみます。

パーフェクトプロ 片山試打

片山:左手と右手が同じテンションで握れるのでグリップに一体感が出ました。

永井:さぁ、3タイプ打ちましたが、何が一番良かったですか。

片山:けっこう悩むんですけど、ハーフコードです。理由は先ほど永井プロも言ってましたが、左右の手の役割が明確に分かりやすいこと。実際、スイング中も左右の手のフィーリングがすごく伝わってくるので、ミスした時の原因も分かりやすい。

パーフェクトプロ『Xホールド ブラックシリーズ』 片山試打データ
[ハーフコードの試打データ] 右に打ち出してハイドローで目標方向よりも若干左サイドに落下。左右の手の役割がしっかりしているのでタメが作りやすく、厚いインパクトで打ち抜けた。結果、飛距離も186ヤードまで伸ばせた。

永井:自分に入ってくるフィードバックが違うんですね。今回3タイプ打ってもらいましたが、まずラバーのタイプは、ABRのフィーリングがスッと馴染むという感じ。肌感でいえば、こう「血」(体温)に馴染むといったところですね。

これと対極なのがコード。硬さというかドライ感が出てくるので、これは「骨」に反応してくると思いました。

そして、丁度そのあいのこがハーフコード。「骨」と「血」に双方働きかけてくれる。そんな身体との相性で3つのタイプから選べば、よりいい相棒が見つかりそうです。

パーフェクトプロ『X HOLD ブラックシリーズ』 製品概要

  • 素材:ABR(合成ゴム)
  • カラー:レッド/オレンジ/イエロー/Eグリーン/スカイブルー/ブルー/ピンク/パープル
  • 重量:ラバー(49g±2g)/ハーフコード(50g±2g)/コード(50g±2g)
  • 価格:オープン価格

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

パーフェクトプロ『Xホールド ブラックシリーズ』 試打検証

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ベビー用品の人気メーカーがゴルフ業界に参入

  • 関西主力専門店・工房がパーフェクトプロを推奨するワケ

  • マジェスティゴルフ『KSウエッジ ゼロバンス GN』は驚きのスピン性能

  • イオンスポーツ『TOUR WEDGE』スピン性能を備えたやさしく打てるウエッジを徹底検証 

関連記事

  • 関西主力専門店・工房がパーフェクトプロを推奨するワケ

  • グリップの色の好みで男女差はあるのか!異色の座談会を開いてみた

  • ユーザーの認知度向上でマーケットが広がる『パーフェクトプロ』

  • 顧客満足度を高めたグリップ交換会の成功事例

  • パーフェクトプロのグリップなら「両手にグローブする必要がないかも」

  • パーフェクトプロのグリップで85歳が199ヤード 「高齢者の手指にとても優しい」