1. 注目記事
  2. ギア評価

マジェスティゴルフ『KSパター』重ヘッドのロフト4度で球が上がる

ギア評価 マジェスティ 片山三将
マジェスティゴルフ KSパター 神谷プロ試打

マジェスティ ゴルフから発売中の『KSパター』を神谷プロにテストしてもらった。このシリーズはヘッド形状や重量が異なる7つのモデルから構成されているが、今回はヘッドの特徴が大きく異なる3機種を試してもらった。

テストに用いたのが、最新型のパッティング解析センサー「CAPTO」。これは現在多数のUSPGAツアープロが、自らのストローク改善に使用するもので、パッティングのほぼ全ての要素が瞬時に把握できるセンサーとなっている。

神谷幸宏
1987年生まれ。13才からゴルフを始め、ゴルフ場での研修生、元賞金女王のキャディ、トーナメント運営を経験。大学卒業後、ゴルフ工房でクラフトマン、シューフィッターとして活動。その後、地クラブメーカーを経て、2015年独立。現在はゴルフコーチ、シューズアドバイザー、クラフトマンなどトータルアドバイザーとして活動中。合同会社ジョイナー代表

重量ヘッド設計の実力を遺憾なく発揮 どんなグリーンにも対応できる3モデル

以下、動画の内容をテキストで解説。

微妙なタッチが出せるので起伏の強いグリーンに最適『KS-170C』

マジェスティゴルフ KSパター KS-170C

やはり、キャッシュイン型なので自分の感覚で打てますし、微妙なタッチも出せます。それはグラフのエネルギーの部分にも出ていて、(-)6.8%という数値です。

(+)がボールへ伝わるエネルギーが強く(-)が弱い。要するにボールが転がり過ぎないので微妙なタッチが出せるわけです。

マジェスティゴルフ KSパター 神谷プロ試打

その一方、ヘッド重量が355gと『KSシリーズ』の中では軽量ですが、一般的なパターヘッドと比べると重い。そのせいか、多少のミスヒットでもカップにしっかりとボールが届いていました。

微妙なタッチも出せるのにミスにも強い。とてもバランスのいいモデルです。アンジュレーションのきつい高速グリーンでプレーする機会の多い人に強くおススメできますね。

マジェスティゴルフ KSパター KS-170C CAPTOデータ
KS-170C CAPTOデータ

フォワードプレスを入れても十分にロフトが使える『KS-172PW』

マジェスティゴルフ KSパター KS-172PW

自分の感覚とボールの転がる距離、方向が一番出しやすかったモデルです。しっかりと芯で打ちやすかったので、トルク(インパクト時の当たり負け、インパクトポジションの項目)によるロスは0.6%とかなり低い数値に留まっています。

また、ロフトも4度あるので、フォワードプレスを入れて打っても十分にロフトが使えます。ロフトがあるとキャリーが出る分、バックスピン量が増えます。そのため、打ち切れないこともありますが、このモデルは重量があるので打ち出しで球に重さがあり、しっかりカップまで届いてくれます。

マジェスティゴルフ KSパター KS-172PW CAPTOデータ
KS-172PW CAPTOデータ

芝目に負けない重い転がり『KS-173M』

マジェスティゴルフ KSパター KS-173M

このモデルで注目してほしいのが打ち出しで(+)3度と他の2機種よりも低くなりました。その結果、打ち出しのボールの強さが増し、芝目にも負けない重いボールが打てるので重いグリーンでショートしがちな人におススメです。

マジェスティゴルフ KSパター 神谷プロ試打

また、ヘッド重量が409gと重くサイズも大きいので慣性モーメントが大きい。

トウヒットにおけるエネルギーロスは(-)1.7%(インパクトポジションの項目)と極端に少ない。ミスヒットでもしっかりとボールが転がってくれますね。

マジェスティゴルフ KSパター KS-173M CAPTOデータ
KS-173M CAPTOデータ

KSシリーズの製品概要

マジェスティゴルフ KSパター

〇ロフト角:4度(キャッシュイン型は2度)
〇ライ角:71度〈68~74度(1度ピッチ)〉
〇長さ:34インチ〈32~37インチ(0.25インチピッチ)〉
〇価格:4万4000円+税
※〈〉内はオーダー範囲

商品のお問い合わせ:マジェスティ ゴルフ
TEL:03-6275-6308
http://www.majesty-golf.com


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

マジェスティゴルフ KSパター 神谷プロ試打

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 関西主力専門店・工房がパーフェクトプロを推奨するワケ

  • マジェスティゴルフ『KSウエッジ ゼロバンス GN』は驚きのスピン性能

  • イオンスポーツ『TOUR WEDGE』スピン性能を備えたやさしく打てるウエッジを徹底検証 

  • 本格的なグリーンを導入した「早稲田ゴルフスクール&レンジ」に迫る

関連記事

  • マジェスティゴルフ『KSウエッジ ゼロバンス GN』は驚きのスピン性能

  • マジェスティゴルフ2019新製品発表会ライブ配信

  • マルマン『SHUTTLE GOLD』をテスト!7番で190ヤード驚愕の飛び

  • ゴルファーの高齢化は最大の商機 マルマン松下専務の『マジェスティ』戦略

  • マルマン社名変更で「マジェスティゴルフ」誕生