1. 注目記事
  2. ギア評価

マジェスティゴルフ『KSウエッジ ゼロバンス GN』は驚きのスピン性能

ギア評価 片山三将
マジェスティ ゴルフ maruman KS WEDGE ZERO BOUNCE GN(ゼロバウンス) 試打

マジェスティゴルフから『KS WEDGE ZEROBOUNCE GN(KSウエッジゼロバンスGN)』が発売されている。

同製品は、名匠・杉山健三氏が生んだやさしいグースネックウエッジ。自然にハンドファーストに構えられるオリジナルグースネック、ボールへのコンタクトがいいゼロバンス(バンス角:0度)など独自性ある機能性を搭載、やさしくオートマチックに寄せられるという謳い文句を持つ。

そこで今回、その実力をゴルフ5プレステージ新宿店のウエッジフィッター、隠岐和也氏に弾道計測器「GC2」を使って試してもらった。

隠岐和也
2010年の入社時よりクラフトマンを7年経験。2016年10月にゴルフ5プレステージ日本橋店の立ち上げに参加。2019年3月よりゴルフ5プレステージ新宿店勤務。ゴルファーに寄り添った接客と確かなフィッティングの技術で日々最適な1本を提案している。

マジェスティゴルフ『KSウエッジ ゼロバンス GN』は驚きのスピン性能

セットのウエッジからスムースに移行できる形状

マジェスティ ゴルフ  maruman KS WEDGE ZERO BOUNCE GN(ゼロバウンス) 試打

56度からテストしました。まず、構えた印象はほど良いグースが入っているので自然にハンドファーストになりやすい。実際に打ってみると、インパクトで突っかかりがなく抜けがいいですね。

続いて58度ですが、こちらもグースネックで構えやすくボールも上がりやすいですね。

マジェスティゴルフ KSウエッジ ZERO BOUNCE(ゼロバンス)GN 試打

そして、気になるデータですが、まず56度は60ヤードのショットを想定して打ちましたが、注目すべきポイントはバックスピン量。60ヤードで8500rpm入っている。しっかりとグリーンで止まるボールが打てています。

また、58度で50ヤードを狙ったショットも8000rpm近くのスピン量があります。マジェスティゴルフのCNCミーリングは定評がありますが、その効果がハッキリとスピン量に表れています。

マジェスティゴルフ KSウエッジ ZERO BOUNCE(ゼロバンス)GN

このウエッジで特筆されるのが、アイアンセットのウエッジを使用している人へ強くおススメできるということ。形状的にもスムースに移行できますし、何よりもセットに組み込まれたウエッジと比べればスピン性能が高い。

隠岐氏のショットデータ
隠岐氏のショットデータ(56度が60ヤード、58度が50ヤードを想定)

払い打ち+ディスタンス系ボールでもスピンがかかる!

マジェスティゴルフ KSウエッジ ZERO BOUNCE(ゼロバンス)GN 試打

構えやすくスピン性能も高い。そして、適度なグースネックなのでアイアンセットに組み込みやすいという点が、隠岐氏のテストで分かった。そこで同製品の対象者代表として、筆者GEW片山三将もテストしてみた。

片山:実際に打ってみましたが、56度、58度ともにゼロバンスの効果なのか、ボールへのコンタクトの良さを感じました。

マジェスティゴルフ KSウエッジ ZERO BOUNCE(ゼロバンス)GN

隠岐:ちょっと驚いているのが、スピン量ですね。片山さんは打ち込むタイプではなく、払って打つタイプ。しかも今回試打したボールはディスタンス系です。

その両面から見ると、本来はスピンがあまり入らないはずですが、データを見ると80ヤード(56度のショット)で5715rpm、60ヤード(58度のショット)で6030rpmとともにしっかりとスピンが効いています。普段のスイングとボールを変えることなく、十分にスピンが入ることが分かりました。

GEW片山三将のショットデータ
GEW片山三将のショットデータ(56度が80ヤード、58度が60ヤードを想定)

こういった点を踏まえて『KSウエッジ』を総括すると、払い打ちのゴルファーにおススメですね。

そして、先述したように「セットのウエッジではスピンが掛からず物足りなさを感じている」、「飛距離の出るディスタンス系ボールを使っているのでアプローチのスピンは諦めている」、こんなゴルファーが『KSウエッジ』を使えば、簡単にスピンを増やすことができるでしょう。

『KSウエッジ ZERO BOUNCE(ゼロバンス)GN』スペック

マジェスティゴルフ KSウエッジ ZERO BOUNCE(ゼロバンス)GN 試打

  • ロフト角:48/52/56/58/60度
  • バンス角:0度
  • ライ角:2度
  • 長さ:35インチ
  • 装着シャフト:N.S.PRO950GH、Dynamic Gold
  • 総重量:473g
  • ヘッド:ニッケルクロムモリブデン鋼
  • 価格:2万円+税

商品のお問い合わせ:マジェスティ ゴルフ
TEL:03-6275-6308
https://www.majesty-golf.com


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

マジェスティ ゴルフ maruman KS WEDGE ZERO BOUNCE GN(ゼロバウンス) 試打

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 驚異のミート率『マジェスティ ロイヤル』ドライバー HS40のゴルファーに最適

  • ゼクシオ「成人式」を迎えて世界観を一新 「X」登場

  • クリーブランド『RTX4 ウエッジ』ソール選びがスコアのカギを握る?

  • 半端ないヤツ!キャロウェイ『EPIC FORGED STAR』アイアンを試打検証

関連記事

  • マジェスティゴルフ『KSパター』重ヘッドのロフト4度で球が上がる

  • マジェスティゴルフ2019新製品発表会ライブ配信

  • マルマン『SHUTTLE GOLD』をテスト!7番で190ヤード驚愕の飛び

  • ゴルファーの高齢化は最大の商機 マルマン松下専務の『マジェスティ』戦略

  • マルマン社名変更で「マジェスティゴルフ」誕生