• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 福山ゴルフ『F1-SKYWARD α』61ミリのディープフェースが放つ低スピン・強弾道ドライバー

    浅水敦
    1971年東京(板橋区)生まれ、埼玉育ち。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開発営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)...
    SNSでシェアする
    福山ゴルフの開発理念は、「正しいクラブを使えば、スイングも良くなる。スイングが良くなればスコアがまとまりゴルフが楽しくなる」をコンセプトに置いている。 その同社が放つ「F1-SKYWARD α(エフワン スカイワード アルファ)」ドライバーの実力は? 試打経験豊富なギアの賢者・ソクラテス永井プロがGCクワッドを用いて検証する。アシスタントはGEW浅水敦が務めた。
    永井延宏プロ
    永井延宏プロ
    1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

    ギアの賢者永井延宏プロの試打評価

    福山ゴルフ  F1-SKYWARD α(エフワン スカイワード アルファ)  試打検証 浅水:永井さん、今回は福山ゴルフ『F1-スカイワードα』ドライバーを検証してもらいます。455㎤のディープフェースが特徴でして、 永井:確かにここまでディープなモデルは他に類をみません。FSPと共同開発した50g台のシャフト「スカイワードINP-LAY(インプレイ)」(硬度S)を手にしていますが、しっかり感が手に伝わってきます。 福山ゴルフ  F1-SKYWARD α(エフワン スカイワード アルファ)  試打検証 浅水:試打クラブはロフト角10度、長さは46インチです。 永井:実際に構えてみると、ヘッド後方の形状が浅重心の洋ナシ型といわれるシェイプ。クラブ総重量は軽量タイプに属しますので、多くのゴルファーにとって振りやすそうです。では早速打ってみます!

    低スピン&強弾道でラン平均40Y

    福山ゴルフ  F1-SKYWARD α(エフワン スカイワード アルファ)  試打検証 永井:明らかにライナー系の低スピン弾道で、ボールが落下してからかなりランが出ていますよ。 浅水:GCクワッドの計測結果を見てみましょう。 永井:ベストショットはボール初速61.2、打出角15度、ボールスピン量2124.5rpm、キャリー233.3Y、トータル273.4Y。ランが40Y以上出ています。 浅水:5球打った平均値でもランが40Y以上と突出していますね。 永井:ボールスピン量の平均値も2167.0rpmと明らかに低スピン。その飛び姿は最高到達点から先のボールの勢い、落ち際の突っ込み方が特筆されます。 浅水:球の弾きはどうですか。 永井:ヘッド体積460㎤のディープフェースを例えるなら、「大きな太鼓」ですね。非常に心地良い打感です。フェースの広さをスイートエリアの大きさに繋げている印象で、方向性についてもギア効果による補正力が強い。また、ヘッド側面に流体力学を応用したデザインが施すなど、個性のあるヘッドのメリットが凝縮されています。

    ヘッド構造から低スピン弾道を紐解く

    福山ゴルフ  F1-SKYWARD α(エフワン スカイワード アルファ)  試打検証 浅水:ランが良く出るとのことですが、ヘッド構造からみる特性はどのような部分でしょうか? ヘッドを割ったモノがこちらです。 永井:フムフム、フェース高を測ってみるとなんと61ミリ! 最近のドライバーのフェース高の平均は56mm前後ですからかなりディープ。 浅水:弾きが強いということでしたが、フェース肉厚はどうですか。 福山ゴルフ  F1-SKYWARD α(エフワン スカイワード アルファ)  試打検証 永井:想像していたよりも厚いですが、ヘッド体積455㎤、高さ61ミリのディープフェースなので、必然的に反発力は大きくなります。 浅水:なるほど。 永井:実際に打つとよく分かりますが、構造上はフェースが「大きな太鼓」の役割を果たしているので、反発の強さを感じます。通常、フェースを厚くすると反発力は落ちるというのが定説ですが、『F1-スカイワードα』は、「大きな太鼓」なのでフェース肉厚を厚くしても良く弾く。何度もいうようですが、「大きな太鼓」を持っているという特徴が、内部構造を含めて特筆される部分です。 浅水:ヘッドの重心は? 永井:重心位置をフェースの肉厚寄り、つまり前方へ持ってきているので浅重心です。ヘッド後方の見た目も浅く、洋ナシ形状も浅重心へ繋げています。実際にクラブを指の上に乗せて、ヘッドがどのくらい傾くか試してみましょう。スクエアですので、フェース寄りに重心があります。

    専用開発シャフトとのマッチングは?

    福山ゴルフ  F1-SKYWARD α(エフワン スカイワード アルファ)  試打検証 浅水:専用開発された50g台の『インプレイ』は、バット側から620ミリにかけて補強材が入っています。 永井:確かに手元側はしっかりめ。ミッドから先端にかけて戻ってくる印象で、ムチのように強烈に走るというよりも、ダウンスイングからインパクトにかけて全体的に戻ってくる。とても安心感があります。 浅水:ディープフェースですが、インパクトロフトの平均値は16.5度を確保しています。 永井:重心角の浅いヘッドをシャフト性能により、球のつかまりやインパクトロフトに繋げているのが分かります。ロフト角も9、10、11度の3タイプ、シャフトバリエーションもR、R2、SR、Sの4タイプありますので、その中から組み合わせてもらうと、ヘッドの持つポテンシャルをより活かせるでしょう。 浅水:性能特徴をひとくちでいうと、 永井:ライナー性の強弾道のひとことに尽きます。弾きの良い太鼓型のディープフェースから打ち出されたボールは、最高到達点からグッと前に伸びて、地面に落下してランが出る。飛距離追求型のドライバーです。 福山ゴルフ  F1-SKYWARD α(エフワン スカイワード アルファ)  試打検証 浅水:どのようなスイングのゴルファーにミートしそうですか? 永井:シャフト重量も硬度Sで50g台ですし、長さもやや長め(46インチ)ですから、スイング軌道もフラットに振りやすい。一般的に球のつかまりが悪い人は、アウトサイドインで縦振りスイングの傾向が強く出てきますが、『F1-スカイワードα』なら補正してくれるので、スイング特性に関わらず単純に飛ばしたい、飛距離が欲しいという方に推奨。球のつかまりはロフト角とシャフトでフィッティングすれば、最大飛距離が得られるでしょう。 浅水:打球音も爽快でしたね 永井:心地良い金属音です。「大きな太鼓」が奏でるサウンドを実際のコースで味わってみてください。市場にある大型ヘッドとは一線を画し飛距離性能は非常に高い。
    この著者の記事
    熱中症からゴルファーを守る! WBGT環境測定値をクラウドで一元管理 『SisMil(シスミル)』
    2024年05月19日
    この著者の記事
    PGMがティーマークの呼称を カラーネーミングに統一
    2024年04月28日
    この著者の記事
    『ステップゴルフプラス町屋駅前店』 グランドオープン
    2024年04月27日
    この著者の記事
    もうセルフスタンドバッグはいらない!? 『スマートフォーク』でPLAYFAST
    2024年04月21日
    この著者の記事
    キーワードは「ジャストトルク」クレイジー初のワンフレックスシリーズを打ってみた
    2024年04月17日
    → もっと見る