1. 注目記事
  2. ギア評価

つかまる、やさしい『NEW egg 5500 ドライバー』全てのゴルファーを笑顔にする

ギア評価 浅水敦
とにかく「つかまる」、「やさしい」 すべてのゴルファーを笑顔にする 『NEW egg ゴーゴードライバー』

今モデルで12年目に突入する『NEW egg』だが、初代モデルは2007年8月に登場。アイアンから派生し、その後シリーズ化した経緯があり、2015年には高反発の「金エッグ」を産み落としてもいる。そして、2017年モデルのアイアンでは、ただ飛ぶだけではなく高さで球を止め、形状も完成度を増していった。

今回は適合モデル『NEW egg 5500(ゴーゴー)ドライバー』『NEW egg 5500 ドライバー impact』の2モデルを、試打経験が豊富なギアの賢者ソクラテス永井延宏プロが、トラックマンを用いて検証する。

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

つかまる、やさしい『NEW egg 5500ドライバー』全てのゴルファーを笑顔にする

NEW egg 5500ドライバーを永井プロが解説

NEW egg 5500ドライバーを永井プロが解説

永井:『NEW egg 5500 ドライバー(標準仕様 45.25インチ)』通称:ゴーゴードライバーの最大特徴は37度を誇る重心角。つまり、ボールのつかまりがいいといいうことなんです。

プロギアによると、2016年以降に発売された各社のドライバーの重心角を計測したら、その平均は23度だったとか。37度の重心角は業界最大値だそう。

永井:クラブを指の上に乗せた時にフェースの傾く角度ですが、これがどういう影響をもたらすのか? 私がレッスン時、まず最初に見るのがトップのフェース向きなんですね。そもそもゴルフクラブというのは、自然な状態ではトゥが下がるように設計されています。

と、いいますと?

永井:現代のドライバーは、460㎤の大型ヘッドが主流で、トップの位置でフェースがやや下向きになる傾向があります。これはスイング理論でいうと「フェースが開いた状態」で、クラブ自体がそうなりたがっている。決してゴルファーのせいではありません。

『NEW egg 5500 ドライバー』の場合は?

永井:37度の大重心角により、自然にフェースが上を向きます。一般的なドライバーですと、自分でフェースを上に向ける努力をしないといけません。

スイング理論でいう「右手首の絞り」だったり、左手甲を折った「フラットリスト」でスクエアに戻してきますが、『NEW egg 5500 ドライバー』では、そういった難しい動きをしなくても自然に球がつかまる、という説明が分かりやすいでしょう。

球がつかまる仕組みとは?

球がつかまる仕組みとは?

永井:その大きい重心角はどのように確保されているのか? ヘッド後方の最も深い部分に内部ウェイトを配置し、さらにFPを抑え重心を最大限に深くすることで、重心角を大きくしています。

慣性モーメントが大きいのも特徴です。

永井:ソールに刻まれている5500は大慣性モーメットを表わしていてインパクトでヘッドがボールにスクエアに向う正面衝突の形を生み、ミスにとても強いと言えます。

そして、プロギアらしいのが、ソール面を細かく溝で折りこんでいる点。余剰重量を生み出し、後方部のウエイトと相まって上下、左右の周辺重量配分を可能にしている。「やさしいクラブ」と言葉にするのは簡単ですが、非常に手の込んだ設計や工夫が施されているのです。

NEW egg 5500 ドライバー impactはどんなドライバーか

とにかく「つかまる」、「やさしい」 すべてのゴルファーを笑顔にする 『NEW egg ゴーゴードライバー』

永井:短尺の『NEW egg 5500 ドライバー impact(44.25インチ)』もよく考えて作られています。単に1インチ短くしただけではなく、ヘッド質量も重く変えている。

1インチ短いことでミート率をさらに引き上げ、重いヘッドがインパクトの効率を高めています。ドライバーが苦手な人の多くは振り切れず、当てに行くスイングになりやすいですが、クラブが短いことで安心感もあり、しっかりと振り切れるようになるので飛距離や方向性がよくなります。

NEW egg 5500をトラックマンで検証

PRGR NEW egg 5500 ドライバー 永井プロトラックマン試打データ
PRGR NEW egg 5500 ドライバー 永井プロトラックマン試打データ

永井:次にトラックマンの計測数値を見ていきましょう。まずは『NEW egg 5500 ドライバー』(M43、10・5度)から。

設計通り、球のつかまりの良さ、深重心が良く出ていて、高打出し(15.9度)&低スピン(2090回転)弾道。小FPで、深重心的な性能が出ていると感じました。「大重心角」と「高慣性モーメント」によって、好結果として数値に表れています。

『impact』(M43、10.5度)は?

PRGR NEW egg 5500 ドライバー impact 永井プロトラックマン試打データ
PRGR NEW egg 5500 ドライバー impact 永井プロトラックマン試打データ

永井:長さが1インチ短い分、HSが41.8→39.2へダウン、しかし、ミート率は1.44→1.47へアップ。振りやすさが確実に増しています。

『impact』の方が5gほど総重量は重くなりますが、重さだけで決めつけない方が良いでしょう。ゴルフを楽しむには飛ばしも大事ですが、何よりもフェアウェイをキープすること。 「曲がらない」という安心感と、短尺で叩ける「低スピン弾道」は、インパクトで手を使うゴルファーの武器になります。

対象ゴルファーは?

NEW eggの対象者は?

永井:これまで『egg』を手にしたことで、ゴルフが楽しくなった、ゴルフライフが延命したという人は多いと思うんですよね。でも、今回のエッグはシニア限定のクラブではないんですね。

『NEW egg』を若年層にも手に取ってもらい、「年齢」「性別」「既成概念」にとらわれない飛び、やさしさを求めるゴルファーに是非使ってもらいたい。

永井さんがコースに持っていくならどっちのドライバー?

永井:楽に飛ばせて、方向性のいい45.25インチの『NEW egg 5500 ドライバー』ですね。朝イチからまったく不安なく打っていける安心感があるから、笑顔も増えそう。「やさしいクラブ」なのに、難しい説明をたくさんしましたが、最後はスマイルで締めたいと思います(笑)。

NEW egg 5500シリーズ スペック

  • ロフト:10.5、11.5
  • シャフト:M-43(S)、M-40(SR)、M-37(R)、M-35(R2)、M-30(L)
  • 価格:1本7万5000円+税

同時発売のNEW egg アイアンも永井プロが検証する


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

とにかく「つかまる」、「やさしい」 すべてのゴルファーを笑顔にする 『NEW egg ゴーゴードライバー』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 本間ゴルフ菱沼副社長インタビュー:カジュアルゴルファーに向けた「XP-1」の狙いとは?

  • タイガー・ウッズ愛用の『ベゼル』から通勤にも使えるバックパックなど続々

  • 大型ヘッドとの相性抜群 『アッタス11(ジャック)』高弾道&低スピンシャフト

  • MYSTERYの新アイアン『720フォージド』『PCVフォージド』を永井プロが徹底検証

関連記事

  • 非常識のデパートPRGR『egg』 短尺が合うゴルファーを動画で解説

  • PRGR、役員選任のお知らせ

  • 小型ファン付きウエア『AIR COMPO』は涼しい?スイングの邪魔にならない?検証します

  • ギリギリ第3弾、プロギア新RSドライバーはなぜ飛んで曲がらないのか?

  • 「新RSで269ヤード」 プロギア山本副社長の飛ばし命

  • 「ギリギリ、全開。」新たな高初速へ プロギアが新RSシリーズを7月13日に発売