1. 注目記事
  2. ギア評価

半端ないヤツ!キャロウェイ『EPIC FORGED STAR』アイアンを試打検証

ギア評価 片山三将
こんな顔してお前何!? 「半端ないヤツ」 キャロウェイ EPIC FORGED STAR IRON

キャロウェイから発売された『エピック フォージド スター』アイアン

上田桃子プロと河本結プロが「モーレツ初速モーレツ飛距離」のキャッチコピーでPRしている新たな飛び系アイアンを、試打経験が豊富なギアの賢者ギアの賢者・ソクラテス永井プロに検証してもらった。

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

『エピック フォージド スター』アイアンはどんなクラブか

こんな顔してお前何!? 「半端ないヤツ」 キャロウェイ EPIC FORGED STAR IRON

ソクラテス永井プロ(以下、ソクラテス):モーレツですか? でも、このクラブの性能を上手く表現する言葉だと思いますね。すでにテストしてみましたが、構えた時の顔はプロモデルと遜色ないスッキリとした印象ですが、打ってみるとインパクトの仕事感というかボールを押す感じ、これはもう「モーレツ」に仕事をしてくれるガッツリ系アイアンです。

ロフトは7番で26度とストロングですが、それよりも特徴的なのがインパクトの厚さ。見た目はブレードアイアンなのに、なんでこんなに厚く当たるのか。このふっくらしたヘッドの中に何が詰まっているのか、すごく興味が湧きますね。

『エピック フォージド スター』アイアン フェース

片山:このヘッドは4種類の素材を使っています。PW以上の番手(#5~PW)は、フェースがステンレスの360フェースカップ構造、そしてボディは軟鉄鍛造。

また、ヘッド内部のソール側に低重心化を図るためにタングステンが入っているのですが、今回はそのタングステンをウレタンで包み込んで金属同士の摩擦を抑制しています。それによって、打球音や打感を良くしたとのことですが、打ってみて何か感じる部分はありましたか。

ソクラテス:金属的な感覚はないですね。それよりもインパクトの厚さがすごいですし、フォージドというだけあって本格的な手応えを感じます。あとはインパクトで重いタングステンがガーンと強く押し出す感じも出ていました。

永井プロが試打!自然とヘッドの入射角がシャローになりミート率も高い

片山:実際トラックマンによるテストで詳しく紐解いてみたいのですが、数値を見てどうですか。

ソクラテス:7番アイアン(シャフト:NSプロ950GH neo、S)でのデータですが、ボールへの当たりが強くインパクト効率がいい。ミート率が1.45出ています。アイアンでこの数値は中々出ません。これはよくありがちな薄肉フェースによる高い反発力がもたらす結果ということではなく、ヘッド構造自体が厚いインパクトを作った結果です。

そして、深い重心も感じます。それはヘッドの入射角にもよく出ていて、データでも「(-)1.2度」と少しダウンブローには入っているものの、私の場合はマイクラブだと(-)3度くらいなのでかなりシャローに入っています。自分で打ち方を変えたのではなく、深い重心のヘッドなので最後にグッとボールを押した時にヘッドの入りが緩やかになる。そこがデータからもよく見て取れるわけです。

それに加えて飛距離性能。キャリーがほぼ180ヤードでトータル192.5ヤード。スピンは「4379rpm」と少し少な目ですが、打ち出し角は「16.4度」とグリーンでちゃんと止まるだけの高さも出ている。7番アイアンらしい弾道といえるでしょう。

ダウンブローがレベルブローに?

こんな顔してお前何!? 「半端ないヤツ」 キャロウェイ EPIC FORGED STAR IRON

ソクラテス:片山さんにも7番アイアンを打ってもらいましたが、どうでしたか。

片山:まず、飛距離はキャリーが163.2ヤードでトータルが171.7ヤードなのでマイクラブよりも1番手から1.5番手くらい飛んでいます。

ソクラテス:モーレツな飛距離といったことでしょうが、ヘッドの入射角を見ると「(-)0.6度」とほぼレベル。芝の上から打つとターフが取れないようなシャローなイメージになりますが、打ち方を変えましたか?

片山:いや、普段通りです。

ソクラテス:いつもはどんなヘッドの入り方?

片山:かなりダウンブローです。上から打ち過ぎてボールが引っ掛かったり、逆にカット打ちになってボールがつかまらないで吹け上がるのが悩みだったのですが、それが自然とレベルに打てていることに驚いています。

ソクラテス:ヘッドの挙動がスイングをシャローにするという好例にもなりますが、スピンも「5570rpm」、打ち出し角も「19.3度」と7番アイアンなりの数値。それでいて、飛距離が伸びていることが高く評価できます。ヘッドがモーレツに仕事することが、片山さんの数値からも読み取れます。

『エピック フォージド スター』アイアンはどんなゴルファーにおススメか

『エピック フォージド スター』アイアンはどんなゴルファーにおススメか

ソクラテス:見た目はすごくアスリート好みなのですが、ヘッドの中身はやさしいというか、モーレツに飛距離性能が詰まっているので、この機能性はかなり幅広いゴルファーが恩恵を得られそうです。

そういった意味でシャフトのラインアップも低ヘッドスピード領域のゴルファーでも十分使いこなせるタイプを用意しているので、アベレージからシニア・レディスまで幅広い層が対象になってくるでしょう。

試打する時の目安は、シャフトの選択。ヘッドがすごく仕事してくれるのでシャフトが動き過ぎるとスイングにムラが出てしまう。だから、飛距離性能を確認しつつも、自分でアイアンらしいラインがしっかりと出るシャフトを選ぶべきです。

いずれにしろ、アベレージ向けのアイアンはボテッとした形状が多くバッグに入れてもスッキリしないものですが、その辺りはさすがキャロウェイ。お洒落でスマートに作ってくるところが、マニアの琴線を揺さぶりそうですね。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

こんな顔してお前何!? 「半端ないヤツ」 キャロウェイ EPIC FORGED STAR IRON

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 驚異のミート率『マジェスティ ロイヤル』ドライバー HS40のゴルファーに最適

  • ゼクシオ「成人式」を迎えて世界観を一新 「X」登場

  • クリーブランド『RTX4 ウエッジ』ソール選びがスコアのカギを握る?

  • 半端ないヤツ!キャロウェイ『EPIC FORGED STAR』アイアンを試打検証

関連記事

  • キャロウェイアパレル、役員選任のお知らせ

  • 初速バーン!!飛距離ドーン!! 飛びの『E・R・C』がグラフェンでパワーアップ

  • 「ちょうどいい飛び系」は本当か?APEXアイアン新旧モデルをトラックマンで打ち比べ

  • キャロウェイアパレル初! ゴルフ専用キャロウェイトレーナー(コンプレッションウエア)を発売

  • スパコンもってます!エピックフラッシュのAI活用術

  • 完成まで34年?『エピックフラッシュ』はさらなるボール初速を求めて生まれた