1. 注目記事
  2. ギア評価

第4世代の集大成『ディアマナZF』さらに高次元の飛んで曲がらないを追求したシャフト

ギア評価 三菱ケミカル 吉村真
第4世代の集大成、さらに高次元の 「飛んで曲がらない」を追求した 『ディアマナZF』 三菱ケミカル DIAMANA ZF

9月5日、三菱ケミカルから発売された『ディアマナZF』シリーズ。第4世代ディアマナの集大成であり、さらに高次元の「飛んで曲がらない」を追求したシャフトだ。

王道アスリートモデルとして、海外メジャーを初めとする最高峰の舞台で実績を積み重ねてきたディアマナの中で、『ディアマナZF』シリーズは、弾道のばらつきを抑制する強さに、インパクトに向けて力強く加速するしなやかさを加えることにより、すべてのスイングパワーをボールスピードに効率良く変換。スピン量を抑えた直進性の高い弾道で、さらに高次元の「飛んで曲がらない」を追求している。

さらに、シリーズ初となる40g台スペックをラインアップ。より幅広いゴルファー層に、最新のディアマナの飛びを提供する。今回はギアの賢者であるソクラテス永井延宏プロに、60g台のS、50g台のS、そして40g台のR2を試打してもらい、その実力を検証した。

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

さらに高次元の飛んで曲がらないを追求した『ディアマナZF』

ギアの賢者 ソクラテス永井の試打評価

第4世代の集大成、さらに高次元の 「飛んで曲がらない」を追求した 『ディアマナZF』 三菱ケミカル DIAMANA ZF

「ディアマナ」といえば、ツアープロ、特に米PGAツアーでも使用率が高いブランドですが、今回の『ディアマZF』は40g台で「R2」をラインアップし、一方で同じ40g台で「X」もあります。最重量級では80g台で「TX」まで用意しています。幅広いゴルファーに対応する意図が表れていますね。

全体的な印象は?

三菱ケミカルらしい素材使いが特長で、『MR70』という素材を使っています。

シャフトの強靱さが大きな「ディアマナ」の特長だと思うのですが、その中にもスピード感、シャフトがゴルファーを助けてくれる挙動も感じ取れます。幅広いゴルファーが恩恵を受けることができるシャフトですね。

しなり戻りのスピード感に当たり負けない厚いインパクト

第4世代の集大成、さらに高次元の 「飛んで曲がらない」を追求した 『ディアマナZF』 三菱ケミカル DIAMANA ZF

先ほどお話しした「ディアマナ」らしいシャフトの強靱さ、剛性感の強さはもちろんですが、ミッドの部分からぐい~っと撓り戻るスピード感が高い弾き感として表れています。

さらに先端部にボロン繊維を複合成型して先端剛性を高めていて、撓り戻りにスピード感がありながら、当たり負けせずエネルギーロスが少なく、厚いインパクトを実現できます。

ゴルファーにとっては、無理に押し込む必要がないため、やさしく飛ばせるシャフトですね。

ディアマナらしい強靱さにスピード感、弾きの強さ

ディアマナZF 60s 永井プロトラックマン試打データ
ディアマナZF 60S 永井プロトラックマン試打データ

最初に60g台のSを打ってもらいました。

スピン量2600位で、キャリーが230ヤード、トータル256ヤード。打ち出し角が約14度。ミート率は1・47でした。打ち出しの高さは十分、キャリーもしっかり出ているのにランも稼げています。

いい弾道です。様々なタイプのヘッドと合うバランスの良さを感じます。

フィーリングは?

ディアマナらしい強靱さに加え、中間部からの撓り戻りのスピード感、ボールの弾きの強さは、驚くほどのポテンシャルを持っていると思います。

50g台でも低スピンと弾く強さは高いレベルを維持

ディアマナZF 50S 永井プロトラックマン試打データ
ディアマナZF 50S 永井プロトラックマン試打データ

次に50g台のSフレックスです。

打ち出し角は15度程度で、60g台のフレックスSよりアップしました。重量が軽くなってシャフトの挙動が大きくなったのが理由だと思います。

ただ、挙動が大きくなるとインパクトロフトが多くなりがちですが、スピン量は少し減っている。ここが『ディアマナZF』の凄いところで、飛距離に繋がる低スピン性能は維持している。

先端の強さが、軽くなってシャフト全体が振りやすくなったことに対して負けていない。シャフト全体でボールを弾く強さは、高いレベルで維持していますね。

40g台のR2でも軽さでの当たり負けはない!

ディアマナZF 40R2 永井プロトラックマン試打データ
ディアマナZF 40R2 永井プロトラックマン試打データ

最後に40g台のR2を打ってもらいました。

軽くなったとはいえ、素材使いによる強靱さがあり、トルクが多いとかシャフト全体でのもたつきは感じません。クラブメーカーの標準シャフトだと、インパクトでの当たり負け、エネルギーロスを感じることがあります。

ただ、『ディアマナZF』の40g台なら、軽くても当たり負けやエネルギーロスを感じません。その意味でデータでのミート率は1.46と高いレベルです。それが飛びに繋がっていると思われます。

スペックは全体で20種類。選ぶ基準は?

標準よりやや体力のある方で60g台のSを。クラブメーカーの標準シャフトをお使いの方で50g台の半フレックス下くらいを。40R2はシニアや女性が視野に入ってくると思います。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

第4世代の集大成、さらに高次元の 「飛んで曲がらない」を追求した 『ディアマナZF』 三菱ケミカル DIAMANA ZF

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 6代目『スピーダーエボリューション Ⅵ』安定したインパクトと飛距離を生むシャフト

  • 第4世代の集大成『ディアマナZF』さらに高次元の飛んで曲がらないを追求したシャフト

  • 最長飛距離でギネス認定!『The Roots Jin』ドライバーを徹底解説

  • 老舗軟鉄鍛造アイアン『TAKUMI JAPAN』初心者から上級者まで選べる3タイプを永井プロが試打!

関連記事

  • ツアーサポートの舞台裏「操作性、当たり負け抑制、 撓り戻りの速度増が鍵」

  • あなたの飛距離が生まれ変わる。 TENSEI CK Pro Orange シリーズ上陸

  • 三菱ケミカル 2019 Webカタログ

  • 米PGAで人気の『TENSEI』がついに日本上陸!永井プロ試打レビュー

  • 幅広いゴルファーに対応!「ディアマナDF」を永井プロが試打!その評価は?

  • 飛距離200ヤードでも使える! アスリートだけのためじゃない「ディアマナDF」