1. 注目記事
  2. ギア評価

大型ヘッドとの相性抜群 『アッタス11(ジャック)』高弾道&低スピンシャフト

ギア評価 浅水敦

ATTASシャフトの11代目は『ジャック』。貴族の衣装を身に纏った男性が描かれているトランプカード「ジャック」から命名され、「高弾道をジャックする」という意味が込められている。

その『ATTAS11』(4万円)の実力は? ギアに精通し試打経験豊富なソクラテス永井延宏プロがトラックマンを用いて検証する。

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

大型ヘッドとの相性抜群 11代目『アッタス ジャック』は 高弾道&低スピンシャフト

ギアの賢者永井延宏プロの試打評価

 11代目『アッタス ジャック』

『ATTAS 11』の最大特徴は、球の上がりやすさ。シャフト先端部へ東レの最新素材「M40X」を採用して、トルクを抑えようという意図が伝わってきます。

ただ、チップ側を抑えて、打出角を上げようとすると、インパクト時にヘッドが左を向いてしまうきらいがありますが「ATTAS 11」は果たして? 「6S」から打っていきます。

ATTAS11(アッタスジャック)試打

一発目からナイスショット。シャフト挙動は手元からなめらかにしなり、確かにインパクトゾーンに入ってから“グッ”とヘッドが上へ向くので、打出角を作ってくれる印象があります。

今、時代は大型ヘッドが主流ですが、ヘッドそのものが持つ重心の深さ、つまり倒れようとしている力を抑え、シャフトに圧力をかけながらインパクトする現代のスイングにミート。

先日開催された「センチュリー21レディストーナメント」で稲見萌寧選手が初優勝し、ドライバーへ『ATTAS 11』(5X)を装着していましたが、まさに460㎤でスイングを覚えた黄金世代にハマるシャフトといえるのではないでしょうか。

トラックマンの数値で検証していく

ATTAS11(アッタスジャック)6S トラックマン試打データ
ATTAS11(アッタスジャック)6S トラックマン試打データ

そのことはデータをみても明らか。ミート率は1.48でインパクト効率が非常に高い。これは自分でヘッドをコントロールして厚いインパクトが出来ている証なんです。

リンクする形でスピン量は2200回転に抑えられ、風に強くランが出る、というシャフト特性が伺えます。自分の中ではかなり抑えて打ったつもりですが、打出角15度を確保した結果、キャリー229.1Y、総飛距離256.8Yを記録。先述したとおり、近代的な大型ヘッドとの相性の良さが見えてきます。

『5S』はさらに好結果に

ATTAS11(アッタスジャック)5S トラックマン試打データ
ATTAS11(アッタスジャック)5S トラックマン試打データ

『5S』はさらに結果が良かったですね。軽量の分、HSが0.9上がってスマッシュファクターも1.49を弾き出しました。『6S』と同じスイングで打ちましたが、ボールスピン量は1850回転とさらに低スピン化。なのに打出角は13度を確保しており、これが動きの少ないシャフトだったら11度前後の数値になっていると思われます。

特にHSが落ちてきたゴルファーは、ボールスピン量が減少する傾向が見られますが、『ATTAS 11』は低スピン系シャフトですので、打出角を上げないと飛距離を稼げません。そういった意味で、ボリューム的には「5S」になりそうですが、40g台(R、S、X)もラインアップされているので、多くのゴルファーが恩恵を授かれるでしょう。

40g台を長尺で組めば、打出角が上がり、さらに低スピン・高弾道を期待できると思います。コスメについてもオレンジとブラックのグラデーションが入っているので、視覚的に短く見える効果もあります。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 本間ゴルフ菱沼副社長インタビュー:カジュアルゴルファーに向けた「XP-1」の狙いとは?

  • タイガー・ウッズ愛用の『ベゼル』から通勤にも使えるバックパックなど続々

  • 大型ヘッドとの相性抜群 『アッタス11(ジャック)』高弾道&低スピンシャフト

  • MYSTERYの新アイアン『720フォージド』『PCVフォージド』を永井プロが徹底検証

関連記事

  • 驚異のミート率『マジェスティ ロイヤル』ドライバー HS40のゴルファーに最適

  • MYSTERYの新アイアン『720フォージド』『PCVフォージド』を永井プロが徹底検証

  • 初速がとにかく速い!メタルファクトリー『A9 SKY』 ルール上限ギリギリドライバー

  • 6代目『スピーダーエボリューション Ⅵ』安定したインパクトと飛距離を生むシャフト

  • つかまる、やさしい『NEW egg 5500 ドライバー』全てのゴルファーを笑顔にする

  • 第4世代の集大成『ディアマナZF』さらに高次元の飛んで曲がらないを追求したシャフト