1. 注目記事
  2. ギア評価

新生『オノフ黒シリーズ』登場!やさしさと飛びでゴルファーをサポート

ギア評価 グローブライド 大矢晃弘
『オノフ黒』

グローブライドは、上質な大人のゴルフを提案する「オノフ」ブランドより『オノフ黒シリーズ』をフルモデルチェンジで発売した。

「黒史上最大のやさしさと飛び」をテーマに開発された、新生『黒シリーズ』のドライバー、アイアンをYou Tubeで人気の坂本龍楠プロと、アマチュアゴルファー代表のGEW大矢が試打。

坂本龍楠プロ
1981年生まれ。神奈川県出身。オーストラリアへ留学してゴルフを学び、2011年「日本プロゴルフ協会」ティーチングプロ合格。自身が運営する新宿御苑ゴルフスタジオでは身体に負荷のかからないスイング理論が好評を博し、公式YouTubeのチャンネル登録数は9万5000人を超える。著書には「逆説のゴルフ」などがある。

新生『オノフ黒シリーズ』登場!やさしさと飛びでゴルファーをサポート

坂本プロの解説

大矢:グローブライドから発売された『オノフ黒シリーズ』ですが、今年既に李知姫プロが1勝、浅地洋佑プロが2勝とトーナメントでも結果を出しています。龍楠プロは『オノフ黒』というとどのようなイメージでしょうか?

坂本:今までの『オノフ黒』のドライバーは、小ぶりでディープフェースで、しっかり叩いていけるというイメージですね。

オノフ黒

大矢:なるほど。今回の『オノフ黒』は「黒史上最大のやさしさと飛び」がテーマになっていて、フェースもシャローで、見た目からしてこれまでとは変わっています。

坂本:確かにそうですね。

 

大矢:早速、龍楠プロにも試打してもらって、スカイトラックも使いながら検証していきたいと思います。

オノフ黒ドライバーの評価は?

オノフ黒 構えたとき

大矢:まず『ドライバー黒』から伺いたいと思います。

坂本:そうですね。先ほども言ったように、小ぶりの印象が『黒』にはあったのですが、新しい黒は構えてみると丸みがあってバックフェースもシャロー気味に後方に伸びていて大きくなっているので、易しく感じますし、非常に構えやすいですね。

アドレスした時に見えるクラウンの印象からして、今流行りの撓む感じでボワンとした打感を予想して打ったのですが、実際は意外とシャキッと打てた感じで、新鮮な驚きでしたね。音も思ったほど激しくないですね。

 

大矢:実は龍楠プロが感じた構造がヘッドに隠されていまして、まずはクラウンとソールに見える溝が「パワートレンチ」というグローブライドがずっと訴求しているテクノロジーなんです。これが撓みのエネルギーを増幅させる性能があるんですね。

坂本:なるほど。

オノフ黒 内部構造

大矢:ここに内部構造が見られるヘッドサンプルがあります。龍楠プロが感じた打感のポイントは、「パワートレンチ」の溝から延長した「パワーサークルリブ」にあるんです。

ボディが撓み過ぎてしまうことで、どうしてもエネルギーロスが起きるんですが、このフェース周りにグルッと配置された全周リブによって、ボディ剛性が高まり、パワーをロスすることなく、よりフェースの撓み力が増すことで飛距離性能がアップするということなんです。

坂本:なるほど。つまり効率良くエネルギーをボールに伝えられるということですね。ボディーが撓み過ぎずシャキッとした打感で飛んでいたのはそれが理由なんですね。それとシャフトなんですが、癖がなくてしっかり叩いていけるという感じでしたね。

オノフ黒 ドライバー試打データ
オノフ黒 ドライバー試打データ

大矢:グローブライド独自のカスタムクラブ用の「ラボスペックシャフト」が標準装備されているんです。通常カスタム専用の高性能シャフトが最初から装備されているのは、お得感がありますよね。

オノフ黒フォージドアイアン

オノフ黒 アイアン試打

大矢:続いて、『フォージドアイアン黒』を試打してもらいましたがいかがでしたでしょうか?

坂本:アイアンは、中空構造のわりにはスッキリした顔で、上級者向けというか操作性があるように見えるのですが、よく見るとグースもあり、つかまりやすそうな工夫が施されていますね。

 

大矢:『オノフ黒』というと憧れのクラブですが、どうしても『赤』に比べて上級者向けで、扱うのが難しいという印象だったのですが、打つと意外とつかまりました。

坂本:そうですね。易しくて、球も上がりやすいので、大矢さんのようなアマチュアゴルファーでも自分に合うシャフトを選べば充分打てるやさしさを備えたヘッド性能があると思います。

オノフ黒アイアン試打データ
オノフ黒 アイアン試打データ

新生『オノフ黒』は こんなゴルファーに最適

オノフ黒 ドライバー&アイアン

大矢:最後に今回の『オノフ黒』ですが、どんなゴルファーに向いていると思いますか?

坂本:ドライバーもアイアンも癖のないクラブですね。癖のあるクラブですと、その分スイングにも補填した動作が入ってしまいます。 ですので、今回の『オノフ黒』はしっかりと基本からスイングを覚えて、着実に上達したいという方には最適ですね。

ドライバーは構えやすく易しいので、手の意識などを考えず、すんなりと振っていけます。アイアンはつかまりもいいので、スライサーの方にも向いていると思いますね。

試打クラブ
ライバー:10.5度、ラボスペックシャフト(S)
アイアン:7番、モーダススリー 105(S)

価格
ドライバー:7万円
アイアン(5本セット #6~PW):11万円(カーボン)、9万5000円(スチール)

グローブライド
TEL:0120-506-204
https://onoff.globeride.co.jp


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

『オノフ黒』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

大矢晃弘

大矢晃弘

1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。
中央大学卒業後、携帯電話販売員の傍ら俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の新人記者。
ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。
自分が発信する記事で、ゴルフの楽しさをより多くの方に知ってもらい、皆がゴルフを気軽に始められるようにしたい。ひいては、ゴルフ業界をもっと活性化させたい。その想いで今日も走ります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 『TOUR B JGR』ドライバー&アイアンをプロが試打!軽く振っても飛距離が出る!

  • 新生『オノフ黒シリーズ』登場!やさしさと飛びでゴルファーをサポート

  • 古江彩佳「ブリヂストンの魅力はドライバー」 宮里藍を目指して世界へ

  • リョーマの新ドライバー『MAXIMAⅡ』を試打! 木村拓哉がイメージキャラに

関連記事

  • ONOFF 2017 Webカタログ

  • 片山晋呉「絶対に使った方がいい」 2017年オノフ 黒シリーズ誕生

  • 「クラブオノフ」発足で新顧客層獲得のグローブライドが恒例のペアマッチを開催

  • オノフ×パトリックのコラボ第二弾

  • グローブライド『ONOFF』 JGF2016

  • ONOFF golf matters 2016 – オノフWebカタログ