1. 注目記事
  2. ギア評価

パーシモン・メタル世代に!MIRAI『KEYEK(キーク)』大型ヘッド・浅重心ドライバーを試打

ギア評価 浅水敦
パーシモン・メタル世代に!MIRAI『KEYEK(キーク)』大型ヘッド・浅重心ドライバーを試打

愛媛のパーツメーカー・MKトレーディングからMIRAI『KEYEK(キーク)』ドライバーがこのほど投入された。

そのコンセプトは製品名にある通り、飛距離追求の鍵「KEY」となり、狙いを定める目「EYE」となること―。

市場に溢れる高慣性モーメントヘッドとは、一線を画する「浅重心設計」を施した『キーク』をYouTubeで人気の坂本龍楠プロが試打。その性能を紐解いていく。アシスタントはGEW浅水が務めた。

坂本龍楠プロ
1981年生まれ。神奈川県出身。オーストラリアへ留学してゴルフを学び、2011年「日本プロゴルフ協会」ティーチングプロ合格。自身が運営する新宿御苑ゴルフスタジオでは身体に負荷のかからないスイング理論が好評を博し、公式YouTubeのチャンネル登録数は9万5000人を超える。著書には「逆説のゴルフ」などがある。

大型ヘッド・浅重心ドライバーMIRAI『KEYEK(キーク)』を試打

坂本龍楠プロがMIRAI『KEYEK(キーク)』を解説

 MKトレーディング MIRAI『KEYEK(キーク)』 試打

G:龍楠プロはパーツブランドというと、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

坂本:そうですね。ゴルフクラブはヘッドとシャフト、グリップが組み立てられた状態で販売されるのが一般的ですが、ヘッド単体のパーツはリアルロフト、重心角などの数値が正確。また、特長のはっきりしたモデルが多く、より自分に合った仕様にカスタマイズ出来るメリットがあります。

G:なるほど。そういう意味では、今回のMIRAI『キーク』もかなり尖がっているといえそう。ズバリ、浅重心設計が施されています。

 MKトレーディング MIRAI『KEYEK(キーク)』 構えた様子

坂本:それは興味津々。実際に構えてみると、確かにヘッドの投影面積がベタっと後方へ広がっていないから、460㎤なのに小振りに見えますね。

G:ヘッドカラーのホワイトは本来、膨張色だから大きく感じるはずですが‥‥

坂本:そこなんですよ。でも、不思議と大きさを感じないから、視覚的に振り抜きが良さそうなイメージがあって、スイング軌道の残像も刷り込まれる。

G:リアルロフトは10度です。

坂本:ほぼ表示通りでフェースのバルジはやや多め。ヘッド自体は球がつかまりにくい印象を受けるので、しっかり叩いていっていいのかなぁ。では、早速打ってみましょう。

 MKトレーディング MIRAI『KEYEK(キーク)』 試打

G:独特なインパクト音ですね。

坂本:はい。強烈に甲高いので、気持ちよく爽快に振り抜けました。この部分はフェース寄りのスリット効果でしょう。でもインパクトの感触は一度吸い付いてから弾いていく印象。球の打出角は14度でライナー性の強弾道が得られました。低スピンも特筆すべき点ですね。

 MKトレーディング MIRAI『KEYEK(キーク)』試打データ

G:確かに2256rpmで低スピン。今回、シャフトはUSTマミヤ「ATTAS11」(5S、45.5インチ)を装着していますが、スカイトラックの計測値はHS43.2m/sで初速は62.7m/s。つまり、ミート率は1.45の計算だからインパクト効率はよさそう。

坂本:とにかく初速感がありますよ。かなりゆっくり振っていますが、ヘッド重量が軽く、速く振れちゃうので、自分が打った印象よりも初速が出ています。自分でスイングスピードを上げて振っていける人は、最大飛距離を得られやすいと思います。

G:『キーク』のヘッドは、可変式(ALL・FIT製スリーブ)を採用、ヒールとトゥ側へウエイトを配置(標準時1g×2、4gと8gが付属)していますが、最軽量時のヘッド重量は182g。カチャカチャなのにヘッド重量を抑えているので、長尺化など対象者も幅広いといえそう。また、つかまりを重視した設計ですが、このあたりは?

坂本:大き目のFPを採用していますが、へッドターンはナチュラルに感じました。なので、対象者はヘッドをしっかり振っていきたい、強く叩きたいゴルァーがズバリ、ミート。普段、ボールが上がり過ぎて、飛距離をロスしている人にも推奨したい。

『キーク』はどんなドライバーか

 MKトレーディング MIRAI『KEYEK(キーク)』 総括

G:総括すると?

坂本:浅重心のメリットは、スピン量の少ない強い球が打てること、これに尽きます。インパクトの瞬間、ヘッドはボールにぶつかった衝撃により上を向こうとしますが、この角度が大きいほどボールとの摩擦が増え、スピン量が増えます。

G:つまり、『キーク』はヘッド寄りに重心(浅重心)があるから、

坂本:上を向こうとする動きを抑えることができるので、スピン量の少ない強いボールが打ちやすくなるのです。

MKトレーディング MIRAI『KEYEK』スペック
・ヘッド素材:6‐4チタン
・ヘッド重量:182g *最軽量時
・ロフト:10度 *可変スリーブ±1.5度
・ウエイト:1g×2個(標準時)、4g/8g付属
・ヘッドカバー別売

MKトレーディング
TEL:089-970-1823
miraigolf-mk.com


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

パーシモン・メタル世代に!MIRAI『KEYEK(キーク)』大型ヘッド・浅重心ドライバーを試打

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • パーシモン・メタル世代に!MIRAI『KEYEK(キーク)』大型ヘッド・浅重心ドライバーを試打

  • (株)ファイン酒井CEOインタビュー:スマートスピーカーで切り開くシュミレーションゴルフの未来

  • 楽天 反町執行役員インタビュー:予約から総合サービスへ 楽天GORAの市場存在術

  • Arch『KaMs16509』、『KaMs16609P』シャフトをプロが試打検証!フィニッシュまで振り切れる!

関連記事

  • グラファイトデザイン『TOUR AD XC』のプロの評価は?低弾道フェード&ランで飛ばす!

  • Golf Prideの豊富なラインアップでゴルファー別の悩みを解決する

  • Arch『KaMs16509』、『KaMs16609P』シャフトをプロが試打検証!フィニッシュまで振り切れる!

  • タイトリスト『Tシリーズ』アイアン試打!ミスがミスにならないは本当か?

  • 『TOUR B JGR』ドライバー&アイアンをプロが試打!軽く振っても飛距離が出る!

  • 打感打音がちょうど良い『TP-Xnitrogen』ドライバーを試打!飛距離性能もアップ