1. 注目記事
  2. ギア評価

グラファイトデザイン『TOUR AD XC』のプロの評価は?低弾道フェード&ランで飛ばす!

ギア評価 大矢晃弘
グラファイトデザイン TOUR AD XC  試打

今回はグラファイトデザイン『TOUR AD XC』シャフトをYouTubeで人気の坂本龍楠プロと、アマチュアゴルファー代表のGEW大矢が試打。その性能を紐解く。

坂本龍楠プロ
1981年生まれ。神奈川県出身。オーストラリアへ留学してゴルフを学び、2011年「日本プロゴルフ協会」ティーチングプロ合格。自身が運営する新宿御苑ゴルフスタジオでは身体に負荷のかからないスイング理論が好評を博し、公式YouTubeのチャンネル登録数は9万5000人を超える。著書には「逆説のゴルフ」などがある。

グラファイトデザイン『TOUR AD XC』は低弾道フェード&ランで飛ばす!

坂本龍楠プロの解説『TOUR AD XC』の評価は?

グラファイトデザイン TOUR AD XC  試打

坂本:グラファイトデザインから発売された『TOUR AD XC』を試打してみましたが、先端がしっかりしていて手元が動いてくれるシャフトだと感じます。先端がしっかりしていることによってバックスイング時に、トップの位置でヘッドに無駄なブレが生じませんので、ダウンスイングでシャフトの撓りがしっかりグリップを押してくれて、非常に振り抜きやすいです。

手元が撓るシャフトというのは昔のスチールシャフトと同じですので、『TOUR AD XC』を使うことによって、ドライバーとアイアンのスイングが同じようになりやすいので、繋がりを作る上でも理想的だと思います。

グラファイトデザイン TOUR AD XC  試打データ

軽く振ってみましたが、トータル飛距離は250ヤードと、楽に飛距離も出ています。何球か打ってみましたが、先端の剛性がしっかりしているため打出し角が13度~14度と低めの弾道になりますので、球が上がり過ぎてランが出ないというゴルファーにも最適だと思います。

また、ハードヒッターの方は球をしっかりと抑えて打ちたいと思いますので、手元がほど良く緩くてタイミングが取りやすく振り抜きやすい『TOUR AD XC』は打ちやすいと感じます。

スカイトラックの弾道データを見るとフェードの弾道になっていますので、しっかりと上から叩いていけるシャフトに仕上がっていると言えます。

『TOUR AD XC』 こんなゴルファーを救う

グラファイトデザイン TOUR AD XC

坂本:それでは『TOUR AD XC』がアマチュアゴルファーのスイングをどのように助けてくれるのか検証していきましょう。

大矢:よろしくお願いします。

坂本:大矢さん(GEW)はスイングの悩みはありますか?

大矢:長年のスライスで飛距離ロスをしやすく、右へのミスでスコアを崩すことが多いです。

坂本:アマチュアゴルファーに多い悩みと言えますが、打ってみてどうですか?

大矢:結構しっかりしていますね。ただ、右に出てしまいました。

坂本:大矢さんのスイングは、手首でヘッドの動きをいじってしまっているんですね。どうしてもヘッドが動いてくれるとか、走ってくれるという言葉がありますので、皆さんヘッドを動かすということに意識を集中してしまいがちなのですが、ヘッドがあまり運動し過ぎると打撃のロスや方向のブレに繋がりやすくなり、ロフト角を活かせません。

本来シャフトの役割というのは手に感覚を伝えたり、どちらかというと手元が動くようにしてくれる役割が強いと思うんですね。

ゴルフスイングはヘッドが動いていくというよりは、自分の手が動いていくことにより、重量も手伝ってヘッドも自然に動いてボールへの打撃を完了するという形が理想です。先端の剛性が高く手元の撓りを感じやすい『TOUR AD XC』のシャフト特性は、まさしく理想のスイングに導いてくれるものです。

ですので、まずは手首の動きで先端を動かすという意識を消して、太ももを使って下半身を回して打ってみましょう。

グラファイトデザイン TOUR AD XC  大矢試打

大矢:厚い当たりが出ました!

坂本:そうですね。シャフトの特性に委ねたスイングをしたことでトップも安定して、力みも消えていましたね。

試打シャフト:TOUR AD XC-5(フレックスR1)

グラファイトデザイン
TEL:0494-62-1170
http://tourad.gd-inc.co.jp


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

グラファイトデザイン TOUR AD XC  試打

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

大矢晃弘

大矢晃弘

1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。
中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。
ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。
自分が発信する記事で、ゴルフの楽しさをより多くの方に知ってもらい、皆がゴルフを気軽に始められるようにしたい。ひいては、ゴルフ業界をもっと活性化させたい。その想いで今日も走ります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • ピンフラッグが測りやすい簡単操作の高低差対応モデル『COOLSHOT 40i GII』

  • ブランド誕生10周年記念モデル『N.S.PRO MODUS³ TOUR115 10th Anniversary Limited』

  • デザイン性に優れたコンパクトなレーザー距離計『ボイスキャディCL2』

  • 迷わないクラブ選択がゴルフを変える レーザー距離計『Xtreye(エクストレイ)』

関連記事

  • ATTAS史上初の「叩ける」中元調子12代目『DAAAS』を徹底検証

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?

  • 新生DIRETTO Opus2を打ってみた!