1. 注目記事
  2. ギア評価

優れた方向性と飛距離性能『JADE ADLLER 460-RX』ドライバーを検証する

ギア評価 吉村真

アドラージャパンの『JADE ADLLER 460-RX』が工房で「飛ぶドライバーヘッド」と密かに噂されている。

カスタム系ヘッドでは最大級の重心深度と慣性モーメントを誇っており、さらに、フェース裏面をCNC加工で編肉フェースに仕上げ、ギリギリの反発係数で、高初速が実現できるヘッドだ。

これまで、ロフト角は9.5度と10.5度がラインアップしたが、低スピンモデルのため、このたび「10.5HL(ハイローンチ/仮称)」を投入する。その実力をギアの賢者ソクラテス永井延宏プロに検証してもらった。

アドラージャパン JADE ADLLER 460-RX

高慣性モーメントによる方向性の良さと、「ディープグラビティデザイン」とフェース裏面をCNC加工で編肉フェースに仕上げている反発係数ギリギリの高いヘッド。それに加えて、深重心も特長となっている。

果たしてその実力は?

優れた方向性と飛距離性能『JADE ADLLER 460-RX』ドライバー

解説:高い慣性モーメント、深重心で低スピン・高弾道で飛ぶ

JADE ADLLER 460-RX 構えた角度から

永井:構えた感じは大型ヘッドらしい安心感、そしてハイロフトモデルということで、ボールも十分に上がりそうに見えます。

直線的なデザインが特徴のソール形状は後方に重量が施されており、ヘッドが直線的に動いて方向性が良い弾道がイメージできます。

JADE ADLLER 460-RX試打

永井:まず、対象となるヘッドスピードが40のゴルファーに向けた高ロフトモデルですので、1発目は軽めに打ってみました。振った感じよりは220ヤードと飛距離は出ているイメージです。

大型ヘッドの特長である高い慣性モーメント、それによって高いレベルの方向性が性能として表れていますので、その性能を信じて、少しギアを上げて打ってみましょう。

2発目試打データ
2発目試打データ

永井:打ち出し角も19.4度で、高弾道になりました。その高弾道の分だけスピン量は抑えられて、1915.1rpmと2000rpm以下になってきたので、高弾道低スピンの弾道、飛距離も227ヤードと伸びてきました。

3発目試打データ

永井:これまでより少し速いヘッドスピード40くらいで打ってみました。少し打ち出しが右に出ましたが、距離的にも238.4ヤード、打ち出し角も18.0度、スピン量は2165.1rpmと、低スピン高弾道で飛距離がでました。

総合的なヘッドの印象は向いた方向にボールが飛び出すイメージが強く、カスタム系ヘッドで最大級の慣性モーメントが寄与していると思います。また、打ち出し角の高さは、これも最大級の重心深度の性能が弾道に表れていて、総合的には非常にポテンシャルの高いヘッドだと思います。

捉まえなくても捉まるヘッドトゥ・ヒールのミスにも強い

永井プロの解説:捉まえなくても捉まるヘッドトゥ・ヒールのミスにも強い

永井:編肉フェースのため、フェースセンターの弾き感の良さ、それに加えてボールの食いつきも長く、上級者も好む打感です。

さらに、編肉フェースとバルジ効果でトゥ・ヒール側のミスヒットにも強い。高MOIと合わせてダブルの効果ですね。米国の大型ヘッドのイメージがありながら、国産ブランドのクラブのようなテイストでボールの捉まりも抜群。テストしてみて、捉まりの良さを感じました。

なので、体を使って振り遅れるくらいのイメージでクラブを振っても捉まると思います。無理にボールを捉まえなくても、大丈夫。

また、バルジの効果が発揮され、高MOIでフェースが前に出てくれるヘッドなので、ストレートな弾道になりやすいドライバーです。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 地クラブの神髄 – 中条『KP-01』

  • パターのトレンドが変わる時代の スーパーストロークの存在意義

  • フライハイトから 『THE-G フォージドアイアン ミッドサイズ』を発表

  • 『ソラトビ』と飛び系ヘッド三浦技研『EI-801』の相性は?

関連記事

  • 7代目は何が新しいのか?『スピーダーエボリューション7』を徹底検証

  • ATTAS史上初の「叩ける」中元調子12代目『DAAAS』を徹底検証

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?