1. 注目記事
  2. ギア評価

叩けるシャフト『ディアマナ D-LIMITED』 手元の粘りで安定したスイングに導く

ギア評価 大矢晃弘
叩けるシャフト『ディアマナ D-LIMITED』 手元の粘りで安定したスイングに導く

三菱ケミカルからプレミアムシャフト『Diamana(ディアマナ)D-LIMITED』が3月6日に新登場した。2017~19年開催の海外男子メジャー12大会において6勝をあげるなど、世界の名だたるプレーヤーが使用するグローバルモデルだ。

今回はこの『ディアマナ D-LIMITED』をYouTubeで人気の坂本龍楠プロが試打。アシスタントはGEWの大矢晃弘が務めた。

坂本龍楠プロ
1981年生まれ。神奈川県出身。オーストラリアへ留学してゴルフを学び、2011年「日本プロゴルフ協会」ティーチングプロ合格。自身が運営する新宿御苑ゴルフスタジオでは身体に負荷のかからないスイング理論が好評を博し、公式YouTubeのチャンネル登録数は9万5000人を超える。著書には「逆説のゴルフ」などがある。

叩けるシャフト『ディアマナ D-LIMITED』 手元の粘りで安定したスイングに導く

坂本龍楠プロの試打インプレッション

叩けるシャフト『ディアマナ D-LIMITED』 手元の粘りで安定したスイングに導く

坂本:三菱ケミカルから発売される『Diamana D-LIMITED』ですが、海外男子メジャー優勝の常連とも言えるプロも使用しているということで性能の高いシャフトだと予想できます。

まずデザインですが、グレーがかったブラックを基調としており、高級感がありシンプルなデザインだと思います。構えてみると、ブラックを基調としている影響かもしれませんが、不思議とヘッドまでの距離が短く感じて安心感があります。

叩けるシャフト『ディアマナ D-LIMITED』 手元の粘りで安定したスイングに導く

実際に打ちましたが、非常に振りやすいですね。シャフト全体的にはしっかりしている印象ですが、極端な重さを感じることなく、スムーズにスイングできます。

軽く打ったのですが、距離はトータル269ヤードと実際に距離も出ていますし、打ち出し角が14度、スピン量も2375回転、弾道も低いフェードで理想的な数値です。

『ディアマナ D-LIMITED』はこんなゴルファーにおススメ

叩けるシャフト『ディアマナ D-LIMITED』 手元の粘りで安定したスイングに導く

大矢:今回のシャフトですが打っていただいてどのような特長を感じましたでしょうか?

坂本:率直に言ってすごく振り抜きが良かったです。スペック上は手元調子だと思うですが、手元の粘り感が『Diamana D-LIMITED』の特長だと思うんですね。

大矢:手元側に採用している「DIALEAD」という三菱ケミカルのピッチ系炭素繊維が、その効果を発揮していると思います。

叩けるシャフト『ディアマナ D-LIMITED』 手元の粘りで安定したスイングに導く

坂本:手元調子のシャフトというのは上級者が使うというイメージで、初心者やあまり飛ばない方などは敬遠がちになってしまう傾向があります。

なぜかというと、昔から力のある方はスチールシャフトを使う。スチールシャフトと言えば手元調子というイメージがあり、球が上がらない方や、力のない方は先調子を使うというイメージが根付いてしまっているからなんですね。

大矢:確かに先調子のシャフトは易しいイメージがあります。

坂本:ですが一方で先調子のシャフトは先端が動く分、自分でシャフトを撓らせようとし過ぎることで、手先の動きが強くなってしまうことがあります。そうなるとシャフトの効能ではなく、かえって自分で球を上げようという動きが入ってしまいます。

大矢:ついやってしまいますね。

叩けるシャフト『ディアマナ D-LIMITED』 手元の粘りで安定したスイングに導く

坂本:その点『Diamana D-LIMITED』は手元が適度に動いてくれますので、体でタイミングをつかんでスイングできますし、前腕や手首の動きの少ない安定したスイングにも繋がると思います。

大矢:上級者以外も使えそうですね。

坂本:スペックも50G台からありますので、自分に合ったスペックを選べば使えると思います。

もちろん上級者や、スチールシャフトの振り感に慣れていてしっかり叩いていけるような方も違和感なく使えます。色々なゴルファーに試してほしいですね。

試打シャフト:『Diamana D-LIMITED』50(SR)


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

叩けるシャフト『ディアマナ D-LIMITED』 手元の粘りで安定したスイングに導く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

大矢晃弘

大矢晃弘

1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。
中央大学卒業後、携帯電話販売員の傍ら俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の新人記者。
ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。
自分が発信する記事で、ゴルフの楽しさをより多くの方に知ってもらい、皆がゴルフを気軽に始められるようにしたい。ひいては、ゴルフ業界をもっと活性化させたい。その想いで今日も走ります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 槇岡プロが徹底解説 『TOUR B X』と『TOUR B XS』はココがスゴイ!

  • 叩けるシャフト『ディアマナ D-LIMITED』 手元の粘りで安定したスイングに導く

  • 新ブランド「WEATHER FREE」気象・天候などの7つのストレスからゴルファーを解放!

  • 坂本プロ徹底解説!N.S.PRO『950GH neo』は『950GH』とココが違う!

関連記事

  • 第4世代の集大成『ディアマナZF』さらに高次元の飛んで曲がらないを追求したシャフト

  • ツアーサポートの舞台裏「操作性、当たり負け抑制、 撓り戻りの速度増が鍵」

  • あなたの飛距離が生まれ変わる。 TENSEI CK Pro Orange シリーズ上陸

  • 三菱ケミカル 2019 Webカタログ

  • 米PGAで人気の『TENSEI』がついに日本上陸!永井プロ試打レビュー

  • 幅広いゴルファーに対応!「ディアマナDF」を永井プロが試打!その評価は?