1. 注目記事
  2. ギア評価

槇岡プロが徹底解説 『TOUR B X』と『TOUR B XS』はココがスゴイ!

ギア評価 大矢晃弘
BS
槇岡充浩プロが徹底解説 『TOUR B X』と『TOUR B XS』はココがスゴイ!

ブリヂストンスポーツから新ボール『TOUR B X』と『TOUR B XS』が発売された。

前作の『XS』はタイガー・ウッズの「マスターズ」復活優勝を支えたほか、『X』はマット・クーチャー、ブライソン・デシャンボー、レキシー・トンプソンなど名だたるプレーヤーが使用しているのは周知のこと。もちろん彼らは既に新ボールにスイッチして早速好結果を出している。

満を持して発売された新『X』・『XS』の進化はいかに? ジュニアゴルファー育成や、シニアツアーのラウンド解説に定評のある槇岡充浩プロにその性能を解説してもらった。

槇岡充浩プロ
ジュニアゴルファーの育成に尽力する傍ら、シニアツアーのラウンドレポーターも務め、そのコメント力には定評がある。2018年よりPGAの副会長も務め、ゴルフ界活性化のため日夜奔走している。

各時代の先陣を切るブリヂストンスポーツのボール

各時代の先陣を切るブリヂストンスポーツのボール

槇岡:ブリヂストンスポーツは歴史的にボール変遷の先陣を切ったメーカーだと思っています。スモールボールからラージボール、そしてラージボールの中でもツーピースと、その時代時代で素晴らしいボールを出しており、先進的なメーカーだと感じています。

今回は、タイガー・ウッズも使用する話題のボールということで、またしてもボールの流れが変わるかもしれませんので楽しみです!早速試打してみましょう。

シチュエーション別で『X』と『XS』を徹底検証!

ドライバー

シチュエーション別で『X』と『XS』を徹底検証!

槇岡:『X』と『XS』をそれぞれ打ってみましたが、やはり打感と球筋が違いますね。両方ともヒールヒット気味だったのですが、『XS』は柔らかい打感で、球筋が高くゆっくり出ていく感じです。

一方、『X』は直進性があって、強いアゲインストにも関わらず『XS』に比べて前に飛んでいく感じがあります。実際に15ヤード弱前に飛んでいますね。

『X』試打データ
『XS』試打データ

アイアン(グリーンまで155ヤード付近)

シチュエーション別で『X』と『XS』を徹底検証!

槇岡:『X』と『XS』両方ともグリーンオンしました。やはり『XS』は球持ちが良いですので当たっている時間が長く感じます。

それでいて『X』も『XS』も弾きがちょうど良い感じです。

『X』試打データ
『XS』試打データ

リアクティブウレタンカバーアプローチのミスが激減

アプローチ(グリーンまで20ヤード付近)

シチュエーション別で『X』と『XS』を徹底検証!

槇岡:グリーンまで20ヤード弱の地点に来ていますが、反発を抑える「リアクティブウレタンカバー」の性能を感じることができますね。この距離のアプローチでアマチュアに多いのがグリーンをオーバーしてしまうということです。原因は打ち急ぎにあると思うんですね。

短い距離なのでバックスイングを小さく上げようとしますので、そのせいで速く振ってバチンと強く入ってしまう、いわゆる打ち急ぎによるミスです。

一方、2つのボールは20ヤード弱のアプローチでも、カバーの性能で振っても飛ばないという安心感がありますので、打ち急ぎのミスを減らせると思いますね。

他のボールとの違いで感じたのはファーストバウンドですね。両方ともファーストバウンドで球の勢いが吸収されますので、よりデッドにピンを狙えます。その中でも『X』は『XS』と比べて若干ですが前に出る感覚がありますので、好みで選べると思いますね。

パター

シチュエーション別で『X』と『XS』を徹底検証!

槇岡:パッティングでも『X』と『XS』を打ちましたが、共通しているのはしっかり転がってくれる点です。

例えば順目の下りパットの場合、あえて芯を外して転がりの速さを調整しつつ、ライン取りを工夫して打つ必要があるのですが、しっかりした転がりを確保できる分、真っすぐ打ち出せるので複雑な作業がなくなります。

特に『X』は『XS』に比べてしっかり前に転がってくれますので、ショートパットが苦手な人に最適です。ショートパットが苦手な人の特徴はラインの読みがうまくいかず、打ち切れずにショートしてしまうことからきています。

『X』はより直線的なラインで打つことができるため、ラインを薄めにとって、カップの内側で勝負することができるでしょう。

一方で『XS』はより細かいフィーリングや技を出しやすいので、元々しっかりパットを打てる方にはおススメですね。

『TOUR B X/XS』はこんなゴルファーに最適

『TOUR B X/XS』はこんなゴルファーに最適

槇岡:実際に試打して感じたことは、ハードヒッターからレディスゴルファーまで対応できるボールだということ。

ドライバーは両方とも芯で打てたわけではないのですが、落ち際が真っすぐでミスヒットに強い。特に『X』の方は吹き上がりが抑えられて前に飛んでいます。

パッティングに関しても直線的にシンプルな攻め方ができますので、まずは『X』を基本線としてレディスゴルファーやシニアゴルファーを始めとした大多数のアマチュアゴルファーにおススメ。

一方『XS』はタイガー・ウッズが愛用しているということもあり、やはり細かい技が出しやすいですね。

ただ上級者は難しい状況からでも技を使ってリスク覚悟のアプローチを打とうとするので、時には大きなミスに繋がってしまいます。

その点『XS』はワンパターンの振り方で緩い球を打つことができますし、球離れがゆっくりしていて、スピードが変わらずに飛んでくれますので、上級者特有のミスも防げるでしょう。

新しい『X』、『XS』はしっかり振った時とゆったり振った時の感性の違いを体感させてくれます。ここ何年かではなかった新しい感触のボールですね。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

槇岡充浩プロが徹底解説 『TOUR B X』と『TOUR B XS』はココがスゴイ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

大矢晃弘

大矢晃弘

1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。
中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。
ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。
自分が発信する記事で、ゴルフの楽しさをより多くの方に知ってもらい、皆がゴルフを気軽に始められるようにしたい。ひいては、ゴルフ業界をもっと活性化させたい。その想いで今日も走ります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • ピンフラッグが測りやすい簡単操作の高低差対応モデル『COOLSHOT 40i GII』

  • ブランド誕生10周年記念モデル『N.S.PRO MODUS³ TOUR115 10th Anniversary Limited』

  • デザイン性に優れたコンパクトなレーザー距離計『ボイスキャディCL2』

  • 迷わないクラブ選択がゴルフを変える レーザー距離計『Xtreye(エクストレイ)』

関連記事

  • ブレない、上がる、楽に飛ばせる高機能アイアン『TOUR B JGR アイアン』

  • 高グリップ性能でワイドモデルのスパイクレスシューズ『ゼロ・スパイク バイター ワイド』

  • 驚異の軽さ『190g』。疲れを感じさせない高グリップスパイクレスシューズ新登場

  • ブリヂストンスポーツ、役員選任のお知らせ

  • 『TOUR B JGR』ドライバー&アイアンをプロが試打!軽く振っても飛距離が出る!

  • ミスもカバーする『TOUR B XW-1/XW-2』ウエッジ スコア直結40yをスピンで止める!