1. 注目記事
  2. ギア評価

すし石垣が『ファイゴルフ』で巣ごもりプロに? 自宅でシミュレーションゴルフを試してみた

ギア評価 大矢晃弘
ファイゴルフ、すし石垣

「ゴルフに行きたくてしょうがない!」

そんなフラストレーションいっぱいのゴルファーに紹介したいのが、ヤベツジャパンから発売中の『ファイゴルフ』(2万4814円)だ。はたしてどんなアイテムなのか? すし石垣プロが挑戦してみた。

自宅でシミュレーションゴルフが楽しめる

ファイゴルフ、楽しい

『ファイゴルフ』は練習器具のグリップエンドに小型センサーを差し込み、それをスマートフォンアプリと接続するだけで楽しめるアイテムだ。

スマートフォン画面をテレビに映せば、ちょっとしたシミュレーションゴルフに早変わり。自宅にいながらゴルフバーさながらの臨場感を味わえる。

すし石垣が『ファイゴルフ』に初挑戦

ファイゴルフ、すし石垣

早速すし石垣プロが『ファイゴルフ』でラウンドに挑戦。小型センサーはスマートフォンとBluetooth接続されているので、実際にスイングするとセンサーが反応して画面の中のボールが打てるしくみになっている。

センサーのボタンを1回押して、左右にねじると打ち出し方向を調整できる。さすがツアープロとあって、ティーショットのセットアップは入念だ。

小型センサーは本物のクラブにも装着可能なので、実践に近い状態でプレーすることも可能。

ファイゴルフ、すし石垣

実際のスイングスピードや振り幅によって球筋や飛距離が変わるのでなかなかリアル。すし石垣プロも「何だか本物っぽい距離が出ますねこれ!」と楽しそう。

ファイゴルフ、すし石垣

徐々に慣れてきたところで2ホール目は思い切りスイングするも、力んだのかまさかのOB! それでも「これトーナメントもあるしみんなでプレーしたら楽しそうですね」とご満悦。

ネットワークモードを使えば離れていてもオンラインで友人とプレーできる。

練習場モードではスイング解析も

ファイゴルフ、すし石垣

「感覚派なので解析は不要です!」と言いつつも、今度はすし石垣プロが『ファイゴルフ』の練習場モードを体験。

スイング解析では、スイング軌道やヘッドスピードはもちろん、スイングテンポ、クラブパス、フェースアングル、アタックアングルなども出るのでなかなかリアル。

さすがすし石垣プロのスイング軌道は綺麗なオンプレーンを描いている。

『ファイゴルフ』は運動不足解消になる?

『ファイゴルフ』のラウンドと練習場を体験したすし石垣プロ。

「300球くらい打ったらダイエット効果があるんじゃないですか(笑)」とコメント。自宅にいながらシミュレーションゴルフも練習もできて、さらに運動不足も解消になる?

巣ごもりゴルファーは試してみては?


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

ファイゴルフ、すし石垣

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

大矢晃弘

大矢晃弘

1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。
中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。
ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。
自分が発信する記事で、ゴルフの楽しさをより多くの方に知ってもらい、皆がゴルフを気軽に始められるようにしたい。ひいては、ゴルフ業界をもっと活性化させたい。その想いで今日も走ります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 自腹を切ってSDGs ゴルフ界団結の狼煙をあげる

  • 手の平サイズのコンパクト&軽量レーザー距離計、CaddyTalk minimi LT

  • 世界中でロングランの『GC2』を進化させた後継機種「GCQuad」

  • グリーン周りを攻略! キャスコ『ドルフィンピッチ&ランウェッジ』を徹底試打

関連記事

  • 13代目ATTASは「KING」驚異的なしなり戻り“3倍返し”を体感せよ!

  • グリーン周りを攻略! キャスコ『ドルフィンピッチ&ランウェッジ』を徹底試打

  • 理想のゴルフスイングとアドレスが習得できる 『スイングアライン』を検証

  • テーラーメイド「MG3」ウエッジを永井プロが検証

  • スライス防止なるか?MYSTERY『CF-455TOUR』×軽量シャフト『FM-191LT』

  • 新感覚パター練習器具『フォーカススティック』を関浩太郎が徹底解説