1. 注目記事
  2. ギア評価

フィンガーで握るゴルファーへ『ラダー』グリップは飛距離アップも期待できる!

ギア評価 浅水敦
フィンガーで握るゴルファーへ『ラダー』グリップは飛距離アップも期待できる!

平常心を保つ―。

ゴルファーにとってこれほど大きな壁はないのではないだろうか。これから紹介するLADAR(ラダー)グリップは「握る」に無心でいられるシンプルなデザインを採用。その性能を裏付ける機能が、背面部に施された「はしご型」の溝である。

多くのアマチュアゴルファーはスイング中「抜ける」ことへの恐怖心から、知らず知らずのうちにグリップを強く握ってしまう。そこでラダーグリップは視覚的にも「抜けにくい」と感じさせるデザインにすることで、やさしくソフトに握ることを促しているのだ。

その性能は果たして? 人気YouTuber坂本龍楠プロに早速検証してもらおう。

坂本龍楠プロ
1981年生まれ。神奈川県出身。オーストラリアへ留学してゴルフを学び、2011年「日本プロゴルフ協会」ティーチングプロ合格。自身が運営する新宿御苑ゴルフスタジオでは身体に負荷のかからないスイング理論が好評を博し、公式YouTubeのチャンネル登録数は9万5000人を超える。著書には「逆説のゴルフ」などがある。

ラダーグリップの第一印象

フィンガーで握るゴルファーへ『ラダー』グリップは飛距離アップも期待できる!

「LADAR」のロゴが、バックライン側にあるのでプレーヤーの視界を妨げません。シンプルに構える、という意図を感じ、エラストマー素材の吸い付く感じが手に伝わってきます。

背面の溝が「はしご型」になっているのが特徴的ですが、指が引っ掛かかるので、力まずにスイングできそう。フィンガーで握るタイプのゴルファーに合いそうです。

ドライバーから試打

フィンガーで握るゴルファーへ『ラダー』グリップは飛距離アップも期待できる!

まずはドライバーから。テーラーメイドの同じヘッド、シャフトが装着された2本のドライバーを標準装着グリップとラダー(スタンダードバックライン有)の順で実際に打ち比べてみます。

フィンガーで握るゴルファーへ『ラダー』グリップは飛距離アップも期待できる!

標準装着モデルは、ラバータイプ(バックライン無)。いつも通りといったところですね。

フィンガーで握るゴルファーへ『ラダー』グリップは飛距離アップも期待できる!

ラダーグリップ装着モデルはやや飛距離が伸びています。

はしご型形状により、バックラインがさらに強調されて、確かに指がひっかかるんですね。力まずに体の回転で一気にフィニッシュまで振り切れるから、ヘッドスピードが上がったのでしょう。

実はアマチュアゴルファーの大半は、グリップをしっかり握れていません。そういう意味で、ラダーは飛距離増が期待できるグリップといえるかもしれません。

アイアンでの評価は?

LADAR GRIP スタンダードバックライン有(#7アイアン)

フィンガーで握るゴルファーへ『ラダー』グリップは飛距離アップも期待できる!

口径60と58を7番アイアンでテストしてみました。

バックライン有ですが、普段私が使用しているコード入りタイプのものよりも、しっかりと指にコンタクトしているので、クラブの重さを感じながらスイングできました。

フィーリングはM58が肉厚の分、柔らかく感じますので、力みがちの人にお薦めです。

一方、硬めが好みの方はM60が合うでしょう。両モデルともスイング中のタイミングが取りやすい。

LADAR GRIP ライト バックライン有(#7アイアン)

フィンガーで握るゴルファーへ『ラダー』グリップは飛距離アップも期待できる!

カーボンシャフト装着のアイアン用、42gの軽量タイプが『ライト』。

60及び58の2タイプを打ちましたが、スタンダードモデルよりも明らかにヘッドを感じることができます。

シャフトが硬く感じる人にミートするグリップといえ、シャフトのしなりを自然に使えるようになるので、必然的にスイングも良くなるでしょう。また、フェース向きも感じやすくなるので、方向性もアップする。

6本セットを緊急発売!さらにお得なキャンペーンを6月末まで実施中

6本セットを緊急発売!さらにお得なキャンペーンを6月末まで実施中

「ラダーグリップ」は、スタンダードモデル(47g)、軽量のライト(42g)をラインアップ。両モデルともM60・M58があり、内径の識別がエンドキャップのデザインでできるのもうれしい。バックライン有・無はもちろん、カラーはブラック・ブルー・レッドの3色展開となる。

同社では、昨今のコロナ禍でグリップ交換需要が高まっているのを受けて、各色それぞれ6本をワンパッケージ化。緊急発売へ踏み切った。製造元の担当者によると、

「パッケージを簡素なものにし、袋詰めのコストも削減して販売価格へ反映させました。少しでも利益確保に役立てて頂ければと思っています」

価格は9000円(6本入り)。通常価格は1本1800円だから5本の値段で6本購入できる計算だ。

「さらに6月末までさらにお得なキャンペーンを実施中です。コロナ禍で苦戦しているショップ様の一助になればと、弊社の利益を度外視したキャンペーンを企画しました。性能には絶対の自信がありますから、一度使って頂ければリピートオーダーでいずれ利益を確保できる。そのためにも今は精一杯、ショップ様をバックアップしたいと思っております。キャンペーンの詳細は弊社代理店まで是非お問い合わせください」

と話している。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

フィンガーで握るゴルファーへ『ラダー』グリップは飛距離アップも期待できる!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「HONMA APPAREL 2020 FW」を発売

  • TRシリーズが遂にフルラインアップで登場

  • 飛びに方向性をプラスした「インプレスUD+2」2021モデル

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

関連記事

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?

  • 新生DIRETTO Opus2を打ってみた!

  • グラファイトの新ブランド『G』を試打 HS別に徹底検証