1. 注目記事
  2. ギア評価

グラファイトの新ブランド『G』を試打 HS別に徹底検証

ギア評価 大矢晃弘
グラファイトデザイン G

グラファイトデザインといえばツアーでの使用率が高い『TOUR AD』シリーズに定評がある。長年プロやアスリートゴルファーを支えてきた、紛れもないトップブランドだ。

そんな同社が満を持して投入したのが、新ブランド『G』。『TOUR AD』のターゲットとは一線を画す、幅広いアマチュアゴルファーに訴求していくという。

そこで、数々のゴルファーのスイングを熟知し、YouTubeでも人気のティーチングプロ坂本龍楠がヘッドスピード別に『G』を試打、その製品特徴を徹底解説する。

坂本龍楠プロ
1981年生まれ。神奈川県出身。オーストラリアへ留学してゴルフを学び、2011年「日本プロゴルフ協会」ティーチングプロ合格。自身が運営する新宿御苑ゴルフスタジオでは身体に負荷のかからないスイング理論が好評を博し、公式YouTubeのチャンネル登録数は9万5000人を超える。著書には「逆説のゴルフ」などがある。

ヘッドスピード別に『G』を試打&解説

幅広いアマチュアゴルファー向けのシャフトということなので、ヘッドスピード別に『G』を検証していきたいと思います。

HS44~46m/s

グラファイトデザイン G

まずはいつもの自分のスイングスピードで打ってみました。しっかり振り抜いてもつかまり過ぎて左に行くこともなく、フェードボールになりました。スピン量も2234回転と理想的な数値。飛距離も277.2ヤードとしっかり飛んでいると思います。

HS40~43m/s

グラファイトデザイン G

次にヘッドスピードを少し抑えてHS40~43m/sくらいのイメージで打ったところ、今度はつかまったきれいなドローボールになりました。

HS37~39m/s

グラファイトデザイン G

現場レベルで言うとこのくらいのヘッドスピードがアマチュアゴルファーのリアルな平均スピードだと思います。こちらも同じく理想的なドローボールになりました。打ち出しが若干低く出たので飛距離が出ていないように見えますが、スピン量も2421回転ときれいな数字です。

5項目で『G』を徹底解説

グラファイトデザイン G

以上の試打結果から、重量感、撓り感、球の高さ、球筋、スピン量の5項目に絞って解説していきたいと思います。

まず、重量感と撓り感について解説します。第一印象として『G』は『TOUR AD』に比べて、持った瞬間に軽さと軟らかさを感じます。

しかし、振ると『TOUR AD』を踏襲したしっかり感が伝わってくる不思議な感覚のシャフトです。おそらく、手元側の剛性が高いので、振っている時に重量感が出るように設計しているのでしょう。気持ちよく振り抜くことができます。

次に球の高さと球筋についてですが、先調子のシャフトは一般的に打ち出しが高くなる傾向にあるのですが、『G』は手元側をしっかりさせることで相対的に先が撓るように設計しているため、単純に高さを出すための先調子とは違うと思います。その分シャフト全体のバランスが良く、結果を見ると中弾道の強い球が出ています。

グラファイトデザイン G

バランスの良さは球筋にも出ており、先調子ではありますが、しっかり振っていっても左に飛びすぎることなく安心できます。一方、一般的なアマチュアゴルファーのヘッドスピードで打つと、しっかりつかまったボールになってくれます。

手元側の剛性の高さと先端の撓りが程良くバランスを取って弾道をコントロールしてくれているのだと感じます。先端の撓りでドスライスを軽減するシャフトというよりも、ある程度体を回してしっかり振り抜いていくことで良さが発揮されるシャフトだと思います。

そしてスピン量ですが、先調子のシャフトは一般的に打ち出しが高くなりスピン量も多くなってしまうのですが、『G』の場合2000~2500回転と理想的な数値になっています。

アマチュアはどうしても球を擦って打ってしまい、スピン量が多くなる傾向にあるので、このスピン性能はアマチュアのスイングをカバーしてくれますし、安定して飛距離を稼げると言えるでしょう。

『G』はこんなゴルファーに向いている

グラファイトデザイン G

『G』は持った瞬間の軽さと同時に、振ると『TOUR AD』で培ったグラファイトデザインらしいしっかり感や適度な撓りもあるシャフトです。

40g台と50g台がありますが、フレックスはRでも十分にしっかり感を感じるので、安易にSにしない方がいいでしょう。男子プロへの憧れと所有感で『TOUR AD』を持っていたけど、最近振るのがきつくなってきたというゴルファーには最適だと思います。

現在のトレンドである軽硬シャフトで振り抜きの良さがありますので、現代の大型軽量ヘッドとのマッチング面や、アイアンスチールシャフトからの繋がりの良さの面でも最適なシャフトと言えるでしょう。

動画で徹底解説

会社名:
グラファイトデザイン
お問い合わせ:
TEL:0494-62-1170
http://tourad.gd-inc.co.jp


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

グラファイトデザイン G

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

大矢晃弘

大矢晃弘

1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。
中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。
ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。
自分が発信する記事で、ゴルフの楽しさをより多くの方に知ってもらい、皆がゴルフを気軽に始められるようにしたい。ひいては、ゴルフ業界をもっと活性化させたい。その想いで今日も走ります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • ガラスコーティング剤『ハドラスを追え!』 二木ゴルフ密着ドキュメンタリー

  • 部門別 売れ筋ランキング(2020年8月)

  • ピンフラッグが測りやすい簡単操作の高低差対応モデル『COOLSHOT 40i GII』

  • ブランド誕生10周年記念モデル『N.S.PRO MODUS³ TOUR115 10th Anniversary Limited』

関連記事

  • 7代目は何が新しいのか?『スピーダーエボリューション7』を徹底検証

  • ATTAS史上初の「叩ける」中元調子12代目『DAAAS』を徹底検証

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?