1. 注目記事
  2. ギア評価

女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

ギア評価 浅水敦
女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

葛飾区で自社生産を行うシャフトメーカーがシンカグラファイト。

産声を上げたのが2014年と比較的新しい会社だが、2017年の「ゴルフ5レディス」で優勝したO・サタヤ、2018年の「アクサレディス」で勝利したフェービー・ヤオ愛用のシャフトとして一躍名声を得た。高弾性繊維を大胆に使った『LOOP(ループ)』シリーズがそれ。

これまでLPGAツアー2勝、レジェンズツアー4勝を誇る。

モノつくりの背景にも目を見張るものがある。この道40年にわたり、様々な名作シャフトを生み出してきた熟練の職人技があるのをご存じだろうか。メイドインジャパンにこだわった設計→巻き→研磨→仕上げの製造工程によって、1本1本のシャフトに魂が注ぎ込まれている。

そのLOOPの最新ドライバーシャフト『バブルウエイトSE』(6万4000円)、『プロトタイプLT』(同)の2機種をギアに精通するソクラテス永井延宏プロに検証してもらう。

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

『バブルウエイトSE』の第一印象は?

女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

LPGAツアー4勝を獲得した『プロトタイプBW(バブルウエイト)』の後継機種ですが、どのようにブラッシュアップされたのか?

まず、目を引くのがカラーリング。鮮やかなスカイブルーをベースにスピードとハジキを感じさせるデザインを採用。手元から中間部分にかけてLOOPの象徴ともいえる水玉模様があしらわれています。

手に持った印象は、ストレート層のシャープな挙動を感じ、ミッド部分のシッカリさがありますね。そこは、カウンターウエイトになっている部分とリンクするのかな。身体の力を伝えていくと、スムースな軽い振り心地でヘッドのポテンシャルを引き出してくれそう。

試打クラブは硬度S(58g、46.8インチ)にヘッドはJGE『KZ‐5』(ロフト角:10度)を装着。早速打ってみましょう。

強烈なしなり戻り、インパクト効率も良い

女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

インパクト時の強烈なしなり戻り、スピードが印象的です。

厚いインパクトも特筆すべき点で、最近流行の大型ヘッド、即ち慣性モーメントの大きいタイプに負けない、シャフトが持つコシの強さが出てきます。第一印象通り、手元部分のしっかりさから、全体のスピード感をムチのように連鎖していくので、タイミングも取りやすい。

シャフト挙動をコントロールできれば、ツアーで戦う女子プロのように、セパレートされたコースでも、フェアウェイをキープすることができるでしょう。

換言すれば、自分のドライビングテクニックを引き出してくれるということ。

女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

トラックマンのデータをみてもそのことは明らかです。ミート率1.50でインパクト効率も良いですし、HS43でキャリー231.6Y、トータル265.7Yを記録。ボールスピン量も1790rpmで、棒球が一発目から打てました。

個人的にはもう少し叩いていけそうな感じがするので、自分の能力を余すことなく、いい方向に導いてくれるシャフトだと思います。

『プロタイプLT』の第一印象は?

女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

続いて『プロトタイプLT』。手元側のカラーリングはゴールド。先端にかけてブラックのグラデーションが特長的です。ループの象徴である水玉模様も健在で、全体的に高級感を醸し出しています。

試打クラブはSX(60g、44.4インチ)でヘッドはPING『G410 LST』(9度)を装着。

構えた印象は、グラデーション効果による視覚効果により実際の長さよりも短く感じるので、振り抜きやすさが際立っています。ワッグルすると、積層の厚さがあり、シャフト全体の剛性の高さ、しっかりさが伝わってきます。

また、シャフト径もやや太く感じますので、叩いていけそう。私のHS(43~44)でギリギリ打てそうです。

叩いて飛ばすハードヒッターに!

女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

先ほど打った『バブルウエイトSE』とは全く性質の違うタイプですね。

シャフトの強さを非常に感じます。全体的なしなりスピードというよりも、いかに叩いていけるかが問われる。ねじれが少ないので、手元からヘッドまでのレスポンスがダイレクトに伝わります。

女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

先端部分が特にしっかりしていて、エネルギー効率の良さと左へのミスを防いでくれるでしょう。叩いて飛ばすというゴルファーの本能を引き出すタイプのシャフトでハードヒッターにおすすめ。

『バブルウエイトSE』と『プロトタイプLT』はどんなゴルファーにおすすめ?

女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

今回、2タイプのシャフトを実際に打ちましたが、その性格は対照的。

『バブルウエイトSE』は、ひとくちでいうとスピード感のあるシャフト。スイング中のリストコックやテコの動きを、シャフトの力で増幅してくれる。試打クラブは46.5インチでしたが、長めで組むとさらに飛距離を出しやすくなる。

レジェンズツアーでやや体力の落ちてきた技術のあるプロが愛用する理由も納得。シャフトで大きなスピード&パワーを得ているのが分かりました。スライスで悩むアマチュアにもお勧め。

一方、『プロトタイプLT』は、アイアンでスチールシャフトを愛用している方に推奨。グラデーション効果により、実際の長さよりも短く感じるので、スチールシャフトアイアンの長さと振り心地がマッチしてくる。

シャフト挙動は全体で球にぶつかっていく印象で、先端部分もかなりしっかりめ。非常に再現性の高いしなり戻りで、インパクト効率も高く、左にもいきづらい特性。HSの速いゴルファーやスイングが一定しない、方向性に悩んでいる方にミート。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「クリーブランド RTX ZIPCOREウエッジ」を新投入

  • 「HONMA APPAREL 2020 FW」を発売

  • TRシリーズが遂にフルラインアップで登場

  • 飛びに方向性をプラスした「インプレスUD+2」2021モデル

関連記事

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?

  • 新生DIRETTO Opus2を打ってみた!

  • グラファイトの新ブランド『G』を試打 HS別に徹底検証

  • 期間限定デザインでさらに機能性を追求した「カデログリップ」 坂本プロが徹底検証