1. 注目記事
  2. ギア評価

あらゆるゴルファーを助ける『Diamana TB』ミスヒットに強いシャフト

ギア評価 大矢晃弘
あらゆるゴルファーを助ける『Diamana TB』ミスヒットに強いシャフト

三菱ケミカルから『Diamana TB』が発売されました。『TB』は「TRUE BLUE=本当の青」の略。

今回の特長は素材ですね。新開発の「#371レジン」、高性能炭素繊維「MR70」、そしてボロンと3つの素材で作りこまれたシャフトです。

構造的にも工夫されており、マンドレル(芯金)を従来モデルの2倍以上、カーボンシートを様々な形状に切り出して最適な位置に配置するパターンに3倍以上の種類のカーボンシートを用いることで、より精密にスペック展開を構築しています。

バット径や重量を最適化することで、各スペックの使用感が揃って比較試打も・フィッティングも正確にでき、クラフトにも好都合。早速、試打検証してみたいと思います。

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

Diamana TBを徹底検証!

あらゆるゴルファーを助ける『Diamana TB』ミスヒットに強いシャフト

まずは60g台のSを打ってみます。色味ですが、鮮やかな青と手元側の白いグラデーションが特徴的です。シャフトの剛性分布を見ると、中間部から手元にかけて非常に滑らかな癖のない作りになっていることが分かります。その辺りは青マナを継承する分かりやすいシャフトだと言えます。

打ってみましたが、キャリーも出てトータル270ヤードを超えてきました。振り心地としては、剛性分布の特徴がよく出ており、手元から中間・先端までのしなり戻りを感じるシャフト挙動ですね。

あらゆるゴルファーを助ける『Diamana TB』ミスヒットに強いシャフト

従来はディアマナというと、強靭でヘッドスピードがある方向けのハードなシャフトというイメージでしたが、今回は非常にスピード感を感じます。スペックや重量帯が豊富に用意されているので、多くの方がこのスピードを感じることができるのではないでしょうか。

それと不思議なのは、これだけスピード感があるのに、あまり暴れる感じがないという点。

その辺りはやはり、ボロン繊維を使うことでしっかり感を出しているため実現できている部分だと思います。逆に言うと、粘り感や重量感があるボロン繊維を使いながらもこれだけスピード感のあるシャフトに仕上がっているというのは三菱ケミカルの素材や技術力がよく表れていることの裏返しだと思います。

手にした瞬間は非常にしっかり感を感じましたが、振るとアグレッシブなスピードを感じました。

続いて50g台も試打

あらゆるゴルファーを助ける『Diamana TB』ミスヒットに強いシャフト

続いて50g台のSを打ってみたいと思います。60g台に比べて多少軽くなり、スピード感が出た印象ですが、やはり今回の特徴である手元のフィーリングが確かにあまり変わらないですね。

シャフトというのは繊維の層が変わってきますので、当然重く硬いフレックスのシャフトの方が太くなり、軽く柔らかいフレックスのシャフトの方が積層が少ないため細身になるという傾向があるのですが、今回のシャフトは手元側の太さをあまり変えずにスペックの作り分けができています。

その効果なのか、スペックごとのシャフトのフィーリングやイメージの違いがほぼない印象です。

データからDiamana TBを見る

あらゆるゴルファーを助ける『Diamana TB』ミスヒットに強いシャフト

50g、60gとも打ち出しが高いので、シャフトのしなり戻りの大きさがあげられると思います。

しなり戻りが大きいということはヘッドのブレが起きやすいのですが、サイドスピンが少なく、球がねじれずに真っすぐ飛んでいるので、やはり先端の強さも含め、オフセンターヒット時の曲がりやエネルギーロスにも十分働きかけてくれて、効率の良い平均的な飛距離をもたらすシャフトだと言えます。

もちろん、非常にスピード感があるので、ここ一発のバカ飛びも期待できると思います。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

あらゆるゴルファーを助ける『Diamana TB』ミスヒットに強いシャフト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

大矢晃弘

大矢晃弘

1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。
中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。
ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。
自分が発信する記事で、ゴルフの楽しさをより多くの方に知ってもらい、皆がゴルフを気軽に始められるようにしたい。ひいては、ゴルフ業界をもっと活性化させたい。その想いで今日も走ります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 収益ゼロでも信じて頑張る 元GDO社員が練習場版食べログのゴルフメドレー開設

  • ラウンド後のボディケアに 『シリアス 近赤外線温熱LED』を試してみた

  • 社内の雑談から生れたドゥクラッセのゴルフウエア

  • 『VATIC』ドライバー試打 ヘッド一つで理想の弾道を出せるのか? 徹底解説

関連記事

  • エッジワークス『EG520-MK』『EG519-ML』シャフト投入!インパクトで「叩ける・押せる」

  • 最速粘り系シャフトArch 『CA-01』『CA-01P』を徹底検証

  • ラウンド後のボディケアに 『シリアス 近赤外線温熱LED』を試してみた

  • 『VATIC』ドライバー試打 ヘッド一つで理想の弾道を出せるのか? 徹底解説

  • ツアー系モデル『TOUR B X』シリーズ|ボールをつかんで前にねじれず飛ぶ!

  • Golf Pride『プロ・オンリー コード』形状、肌触り、剛性感を兼ね備えた新基準