• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • エッジワークス『EG520-MK』『EG519-ML』シャフト投入!インパクトで「叩ける・押せる」

    浅水敦
    1971年東京(板橋区)生まれ、埼玉育ち。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開発営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)...
    SNSでシェアする
    今年5月、群雄割拠のシャフト市場にエッジワークスが新規参入。 「叩いても曲がらない」という同社の意欲作『EG520-MK』、『EG519-ML』の2本(各1本5万5000円)をギアに精通するソクラテス永井延宏プロが検証する。
    永井延宏プロ
    永井延宏プロ
    1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

    『EG520-MK』の第一印象

    エッジワークス『EG520-MK』『EG519-ML』シャフト投入!インパクトで「叩ける・押せる」 50g台の『EG520-MK』は、RからXまでの5フレックス展開。シャフト特性としては、マイルドな挙動で高弾道をイメージしており、安心して叩いていけるモデル。 全フレックスにおいて、挙動としなりの統一感を図っているのが特長的で、コスメはマットブラックで落ち着いた雰囲気を醸し出しています。オレンジとグレーであしらった『EDGE』ロゴのグラデーション効果により長さを感じさせない工夫が施されています。 試打クラブを持った印象は非常にしっかり感があって、いかにも叩いていけそう。これから全フレックスを打っていきます。

    『EG520-MK』を試打!思い切って叩けるシャフト

    エッジワークス『EG520-MK』『EG519-ML』シャフト投入!インパクトで「叩ける・押せる」 まずは硬度Sから。なるほど。ひとくちでいうと、シャフト挙動は穏やかですね。切り返してから身体のスピードに素直についてきてくれて、インパクトゾーンでは先端がグーンっと球を押し込んでいく。 ボールに圧力をかけて、エネルギー効率の良い「厚いインパクト」をシャフトが再現してくれると率直に感じました。『EG520-MK』の目指しているところがつかめたところで、他のフレックスを打ってみたいと思います。 硬度が変わっても重量帯はさほど変わりませんが、シャフト自体の意志がハッキリしていますね。手元部分が身体としっかり同調しながら力を溜めていき、インパクトでシャフトがしっかりエネルギーを放出する。 シャフトの設計図というか意図を感じますし、そのことを念頭に様々なフレックスを打ってみましたが、その挙動はすべて共通するものがありました。 「オブラートに包む」という表現がありますが、硬さが増していくと、しっかりさを徐々に包み込んでいくようなイメージでSXやXでもシャフト自体が仕事をしてくれます。 そういった意味でこの辺りがスタンダードなのかぁと感じたのが、硬度SR。 自分のスイングのリズムやスピード、シャフトの挙動がマッチングしました。SRで組み上げたときのスペックは、258CPM(46.5インチ)ですから、市場でいう「ややしっかりめのSR」 に位置します。 トラックマンのデータでもHS42で最も良い結果が得られましたので、アマチュアの方はまずSRを入り口にするといいでしょう。とにかくシャフト全体のエネルギー感、インパクト時の球の押しの強さがよく出ています。

    『EG519-ML』の第一印象

    エッジワークス『EG520-MK』『EG519-ML』シャフト投入!インパクトで「叩ける・押せる」 続いて『EG519-ML』に移ります。こちらは先ほどの『EG520-MK』と同様50g台の重量帯ですが、やや軽めの設定。 中先調子でやや先が動くシャフトという触れ込みですが、デメリットである球のつかまり過ぎや左へのミスというのを、ゴルファーが恐怖感を持たないで使える、中先調子でも安心して叩いていける、というのをコンセプトにしています。 やや手元側の剛性や重心位置もコントロールしているそうなので、早速検証していきましょう。

    『EG519-ML』はしなり系だけど叩ける!

    エッジワークス『EG520-MK』『EG519-ML』シャフト投入!インパクトで「叩ける・押せる」 RからXで全5種類を打ってみましたが、明らかに『EG520-MK』とは特性が違いますね。『EG519-ML』は中先調子ということで、しなり戻りの挙動がハッキリ感じられるモデル。 重量帯も50g前半(R)からとやや軽めの設定ですから、振りやすさに重点を置いているのが理解できます。 しなり戻り量は大きいと感じる一方、そのスピードは穏やかに戻ってくる感覚ですので、タイミングがとりやすい。左を心配せずに叩けるのはそのあたりが理由かな。短い時間でしなり戻りが速いと急激にヘッドが返ってしまいますが、『519』ではそのような動きは見られませんでした。 続いてトラックマンのデータを見ていきます。「振りやすさ」の部分でいうと私の場合、硬度Sがいい数値が出ました。 通常、硬度SからRへ柔らかいシャフトを打つと、シャフト挙動に合わせて身体のスピードが落ちるというのが定説ですが、『EG519-ML』はまったく落ちません。 どういうことか? 身体の動きをシャフトのしなりによってスピードに変えている証で、レスポンスが良く、シャフトがスピードを作ってくれる。近年の大型ヘッドとの相性も良いと思います。

    『EG520-MK』と『EG519-ML』はどんなシャフトか

    エッジワークス『EG520-MK』『EG519-ML』シャフト投入!インパクトで「叩ける・押せる」 思い切って叩ける『EG520-MK』、しなり系だけど叩ける『EG519-ML』の打ち比べをしましたが、対象者ははっきり分かれます。 『520』は中調子が分かりやすく、「振る」というアクションに対するシャフト挙動に全く違和感がありません。硬度が柔らかくても硬くてもとにかく同じところに戻ってくる 。つまり、ミート率が上がりやすいということ。中調子だと一番負荷がかかった時に当たり負けや、押し感が足りないという声を聞きますが、『520』はRからXまで一切当たり負けしません。 一方の『519』は中先調子なんだけど、グーっと粘って押し感が強いので、スイングタイプ的には全方位型といえます。 先が走り過ぎることがないのが最大特長で中先だと球が引っかかってしまって使えない、というひとでも使えるでしょう。両タイプともインパクトで球を押すイメージがあり、『519』は爆発的、『520』は意図したところに運んでくれるというと分かりやすい。
    この著者の記事
    HSが上がる、地面反力が使える『ペインター』シューズ、神谷幸宏が「スイングカタリスト」で徹底検証
    2024年06月14日
    この著者の記事
    VitastileGolfが導入を決めたボールマーキング不要の高精度シミュレーター『EYE XO2』 を徹底検証
    2024年06月13日
    この著者の記事
    動きに合わせて色の変化をするトランスフォームバイザーが登場
    2024年06月13日
    この著者の記事
    ヘッドスピードが上がる話題の軽量シャフト、FSP『MX-V BRN』を永井延宏プロが打ってみると
    2024年06月11日
    この著者の記事
    テーラーメイド セレクトフィットストア プラス限定商品が発売
    2024年06月09日
    → もっと見る