• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 本間ゴルフ『ツアーワールド GS』ドライバー試打!+10yを超える驚き

    浅水敦
    1971年東京(板橋区)生まれ、埼玉育ち。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開発営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)...
    SNSでシェアする
    2021年1月29日発売される本間ゴルフの新ドライバー『ツアーワールド GS』を、ギアに精通し試打経験が豊富なソクラテス永井延宏プロが試打評価してもらった。 さらに本間ゴルフの人気ボール『D1』と、新ボール『スピードモンスター』との相性についても検証を行う。
    永井延宏プロ
    永井延宏プロ
    1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

    永井プロ『ツアーワールド GS』ドライバーの評価は

    本間ゴルフ TOUR WORLD GS ドライバー HONMA『ツアーワールドGSドライバー』を打ってみました。 このドライバーは、谷原秀人プロが手にしてすぐに実践投入したというもの。谷原プロは特にシーズン後半すごく好調でしたが、それが納得できる製品に仕上がっていると感じました。 スイングしていて、ヘッドが動いていく方向とかフェースの向きがすごく分かりやすい。 本間ゴルフ TOUR WORLD GS ドライバー よって、ラインを出すイメージがすごく湧くドライバーです。通常、ラインが出るドライバーというのは、自分が叩く方向がマックスに行けないという状況になるのですが、『ツアーワールドGS』は、打ってみると強い球でバーンと飛んで行って、本当にワオ!といった感じ。 谷原プロがワオ!と言ったかどうか分かりませんが、そういった驚きが使っている理由の一つになっているのかもしれません。 今回はロフト角10.5度のドライバーをテストしたのですが、構えた時にリアルロフトに少し余裕があったので、ボールが上がったりスピンが入り過ぎて、ワオと驚く飛距離まで行かないかなと思いました。 本間ゴルフ TOUR WORLD GS ドライバー でも、全然そんなことはありません。スピンも適正に入り弾道も理想的でキャリーも出る。トータルディスタンスもよく出ました。 そういった意味で、この下に11.5度というロフトも用意されているので、ロフト角を上手くマッチングさせることで多くのアマチュアゴルファーが、谷原プロが感じたワオを体感できるのではないしょうか。 シャフトも「スピードチューン」の48gでアマチュアにとってはドンピシャな重さだと思います。 本間ゴルフ TOUR WORLD GS ドライバー 今回私がテストしたのは51gのSフレックスでしたが、50g前後のシャフトとしてはしっかり感がありました。一般的に50g前後のシャフトだと少し動きが多いので叩いていくイメージは出ないのですが、「スピードチューン」は叩くぞという本能を引き出してくれるモデル。 ヘッドも上は9.5度からあるということなので、こちらはハードヒッターまで使用範囲が広がるのではないでしょうか。 世界のドライバーシーンを見ると、プロが使うものをロフトやシャフトを調整してアマチュアが使用するという流れができています。そういった中で今回の『ツアーワールドGSドライバー』はラインが出るので、アイアンが得意な人にはマッチすると思いますし、方向性に難がある人がテストするといい結果が出るでしょう。 それでいてワオという驚きがあり、クラブトータルとしてのスピードアップが反映されています。

    D1ボールとの相性は?

    本間ゴルフ D1ボール あとは、ボールとの相性ですね。人気の『D1ボール』はカバーが硬いタイプなのでパーンと初速感がありますが、このスピード感との相性も良さそうです。 また、新投入される『スピードモンスター』というボールは、コアの硬さで飛ばすというコンセプトで、コアをつぶして飛ばせるヘッドスピードのある人が対象になるでしょう。 実際に『スピードモンスター』のボールでテストしましたが、インパクト効率が1.52を獲得、『D1』ボールとの比較でもキャリー、トータディスタンスともに『スピードモンスター』の方が出ていました。 これはボールのコアのつぶれとヘッド性能がマッチした結果だと思います。 アベレージからヘッドスピードの速いハードヒッター、そして上級者からツアープロまでボールとのマッチングを楽しむことができるというのも、『ツアーワールドGSドライバー』の魅力でしょう。そして、『ツアーワールドGS』のヘッドの性能が活きるところにもつながると思います。
    この著者の記事
    HSが上がる、地面反力が使える『ペインター』シューズ、神谷幸宏が「スイングカタリスト」で徹底検証
    2024年06月14日
    この著者の記事
    VitastileGolfが導入を決めたボールマーキング不要の高精度シミュレーター『EYE XO2』 を徹底検証
    2024年06月13日
    この著者の記事
    動きに合わせて色の変化をするトランスフォームバイザーが登場
    2024年06月13日
    この著者の記事
    ヘッドスピードが上がる話題の軽量シャフト、FSP『MX-V BRN』を永井延宏プロが打ってみると
    2024年06月11日
    この著者の記事
    テーラーメイド セレクトフィットストア プラス限定商品が発売
    2024年06月09日
    → もっと見る
    タグ
    本間ゴルフ