1. 注目記事
  2. ギア評価

それぞれの違いは?『EPIC SPEED・MAX・MAX LS』ドライバーシリーズ

ギア評価 片山三将
キャロウェイ EPIC ドライバーシリーズ

キャロウェイから『EPIC SPEED』、『EPIC MAX』、『EPIC MAX LS』の3機種が発売されました。

『EPIC』といえば、「ジェイルブレイクテクノロジー」で、前回は二本の柱がフェース裏側に入っていましたが、今回は「JAIL BREAK AIスピードフレーム」という縦横のフレームがフェース裏側に入っている新テクノロジーを搭載、様々なメディアでもすでに紹介されています。

この「JAIL BREAK AIスピードフレーム」が何よりの特徴となりますが、それにAIの技術も注ぎ込まれ、ボールの初速アップが最大の使用メリットになります。

どんなゴルファーに合うのか、早速3機種をテストしてみました。

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

動画で解説

初速感と操作性を兼ね備えた『EPIC SPEED』

EPIC SPEED

まずは、『EPIC SPEED』からですが、構えた感じはヘッドを縦と横に4分割した際のバランスがきれいに整っているので、ソールした時にターゲットにスッと向いてくれる安心感があります。

ネックに調整機構がついているタイプはヘッドの座りが悪いなどといわれますが、ソールした時の座りの良さ、そしてボディとフェースが一致する感じが、キャロウェイの特徴としてしっかり出ています。やや小ぶりでシャローフェースな感じもしますね。

実際に打ってみると、ビュッとボールが出る、初速の速さをすごく感じます。「JAIL BREAK AIスピードフレーム」の効果を実感しました。

ヘッドは少し小ぶりに感じますが、シャフトの動く方向にヘッドが付いてきてくれる印象があり、フェースの向いた方向にボールが飛び出します。弾道を作るイメージが十分に湧きますね。

EPIC SPEEDデータ

スピードと弾道操作性というのは諸刃の剣みたいなところがありますが、『EPIC SPEED』はスピードが出ながら弾道も上手くコントロールできる。

直線的なラインでプレーするというイメージも湧いてきますので、そういった意味では狭いコースでも安心して打っていけそうですね。戦略的なゴルフができるドライバーです。

初速感と大きな慣性モーメントでやさしく飛ばせる『EPIC MAX』

EPIC MAX

続いて、『EPIC MAX』ですが、このモデルは構えてみると投影面積の大きさ、サイズ感がすごく出てきます。

また、シャロー形状でボールの上がりやすさ、スイートエリアも大きく安心感もあります。明らかにシャープな『EPIC SPEED』とは違うヘッド形状ですね。

そして、ソールの作り込みとしてはウェイト移動式の弾道調整機能も搭載しています。いろんなタイプのゴルファーがやさしく使えそうな印象ですが、初速性能も含めてどうなのか、これからテストしたみたいと思います。

実打してみました。ヘッドには40g台のシャフトが装着されていたので、自分ではアベレージの感覚で振りました。その結果、ヘッドスピードは自分のマックスではありませんでしたが、それでもボール初速は65と速さは出ています。「JAIL BREAK AIスピードフレーム」の性能がここでもしっかりと出ているという印象を持ちました。

そして、つかまりもいい。シャフトの戻りとヘッドの重心特性のマッチングがすごくいいので、楽にボールが上がってつかまる特徴もあります。

EPIC MAXデータ

あとは、いわゆる大型ヘッドの慣性モーメントの大きさが『EPIC MAX』はよく出ていますね。

『EPIC SPEED』は、ゲンコツでゴツンとぶつけていくような速さがあったのですが、このモデルとは明らかに違う慣性モーメントの大きさが『EPIC MAX』にはあります。

低スピン性能は市場でも群を抜く『EPIC MAX LS』

EPIC MAX LS

最後に『EPIC MAX LS』ですが、『EPIC MAX』を打った後だったのでそのままロースピン性能に行くのかなぁと思いましたが、ちょっと形状が違いますね。『EPIC MAX LS』の方が少ししまった感じになっています。

フェースの高さもディープフェースというほど高くはないのですが、『EPIC MAX』に比べると厚みもありますので、ちょっと叩いていくというか、歯を食いしばるような感じが出てくると思います。『EPIC MAX』とは別モデル感があるので、その辺りを確かめることも踏まえて打ちます。

振り心地は大型ヘッドの安心感、そして慣性モーメントの大きさも感じるモデルですが、特筆されるのが低スピン感。

他メーカーも含めて、この慣性モーメントの領域でここまで低スピン性能が出るモデルは他にはないないでしょう。この低スピン性能をプラスに転化できる人にとってはとてもいいパフォーマンスが望めると思います。フェースの初速性能も前の2機種同様、しっかり出てます。

EPIC MAX LSデータ

一方、初速性能に低スピンがプラスされたことで前に飛びながら少し落ちる感覚もあるので、そこがデメリットになるゴルファーはいることも理解しておくべきでしょう。

『EPIC』はどんなドライバーか

それぞれの違いは?『EPIC SPEED・MAX・MAX LS』ドライバーシリーズ

『EPIC』の新しいモデルを3本打ってみましたが、特徴はフェース裏側に施された「JAIL BREAK AIスピードフレーム」に尽きると思います。ヘッドの内側に隠されたテクノロジーなので外観的には分からないのですが、本当にボール初速はしっかりと出ていました。

そして、もう一つ付け加えるなら、同じ『EPIC』シリーズでありながら3機種のターゲットゴルファーは、明確に違う。ここはとても評価できることでしょう。

『EPIC SPEED』ならツアープロや上級者などしっかりとクラブが振れるゴルファーをターゲットにしていますし、『EPIC MAX』は幅広いエンジョイゴルファーを対象者に据えています。そして、その中での『EPIC MAX LS』の位置づけは、低スピン系。その性能に恩恵を受けるゴルファー向けで、完成度の高さが際立ちます。

自分にどのモデルが合っているのか、それを探すことが大切。そのスピード感、初速性能は間違いありませんから、それを自分の味方にできるようにすればいいと思います。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

キャロウェイ EPIC ドライバーシリーズ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • それぞれの違いは?『EPIC SPEED・MAX・MAX LS』ドライバーシリーズ

  • 「ダンロップ ゴルフ・スタートアップ・プログラム」新16期生を募集

  • キャロウェイゴルフ キム・ハヌル プロと総合用具契約

  • 大阪に新しく、「ダンロップゴルフスクール ヤトゴルフ泉大津ヨドコウ校」を開校!

関連記事

  • 9色から選べる『カデロ2×2ペンタゴンデュオスペシャルUT』を永井プロが徹底解説

  • 藤倉の米国逆輸入モデル『ベンタスブラック』試打レビュー!

  • 新『オノフレディ』を4大ショップのカリスマ女性店員が試打&解説

  • シャフトで弾道は変わるのか? 『N.S.PRO Regio Formula MB+』をアマチュアにフィッティング

  • 日本シャフトの『N.S.PRO Regio Formula MB+』を永井延宏プロが試打&解説

  • 永井プロによるテーラーメイド『SIM2』ドライバー3種徹底解説