• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 人生最高飛距離をもたらす『MAJESTY Royale』ドライバーを試打してみた

    大矢晃弘
    1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。 中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。 ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。 自分が発信する記...
    SNSでシェアする
    マジェスティ ゴルフより発売された新しい『マジェスティ ロイヤル』を永井プロに試打してもらった。
    永井延宏プロ
    永井延宏プロ
    1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

    人生最高飛距離をもたらす『MAJESTY Royale』ドライバー

    永井プロの解説

    人生最高飛距離をもたらす『MAJESTY Royale』ドライバーを試打してみた 今年創業50周年を迎えるマジェスティ ゴルフより、新しい『マジェスティ ロイヤル』が発売になりました。マジェスティは一貫してモノ作りがしっかりしていて、今回も深い紺色で丁寧に塗装されているのが分かります。 まずフェイス裏面の作り方ですが、水面に水滴を落とした時の波形のイメージからヒントを得てデザインされており、それがエネルギー効率を良くしているということがイメージできます。 ヘッドの形状は従来のマジェスティらしく品があり、スクエア感がはっきり出ていて、ロフト自体もリアルロフト通りの見え方に仕上がっています。 また今回は何と言っても「攻めのマジェスティ」ということで、「TOUR S」というシャフトをラインアップ。確かにしっかり感のあるシャフトだというのが第一印象です。 「人生最高飛距離」を目指して攻めていくという意図がはっきり見えるクラブだと思います。早速試打してみましょう。

    ギアの賢者・ソクラテス永井試打インプレッション

    ギアの賢者・ソクラテス永井試打インプレッション まずはヘッド9.5度、シャフトは「TOUR S」のスペックを打ってみました。 「TOUR S」のシャフトですが、手元の剛性感があり、しっかり目のシャフトだという印象です。全体的な挙動としては動いてくれる感じがありますが、ボロンファイバーらしい穏やかなフィーリングが伝わってくるので、自分から積極的にシャフトに働きかけていくことができます。 フェイス面は当たった瞬間に水面が弾けるような感覚があり、オフセンター時も同じような挙動があるため、非常にスイートエリアが広いという印象です。 試打データ データからも分かるように、低スピンながら、インパクトの瞬間にシャフトがしっかり入ってきてくれてインパクトロフトが確保できるので、高打ち出し低スピンの弾道でまさに「人生最高飛距離」のコンセプトが形になっていると感じました。

    続いて10.5度も試打

    試打シャフト 試打シャフト(上:R、下:TOUR-S)
    続いて10.5度、シャフトはRを打ってみました。こちらのシャフトは「TOUR S」とは違って、全体的に動いてくれて鞭のような感じがあります。 テークバックの時点からしなりを感じることができるので、切り返しのタイミングが取りやすいです。 ヘッドは9.5度に比べて1度ロフトがつきましたが、左を向き過ぎるということもなくスクエア感をうまく作れていて、ターゲットに向けやすいと思います。この辺りは機能だけでなく、構えた時のゴルファーの心地良さも考えて作られている点でしょう。 試打データ データとして驚いたのは、あまり体を使わずシャフトのしなりに合わせて打ったわりには初速が出ている点。その辺りはやはりヘッドのパフォーマンスの良さを表していると言えます。

    新『マジェスティ ロイヤル』はどんなクラブ?

    新『マジェスティ ロイヤル』はどんなクラブ? 新しい『マジェスティ ロイヤル』を打ってみましたが、印象に残るのは高初速、高打ち出し、低スピンという点です。理由としては「3Dウェイブフェイス」、カーボンクラウン、チタンフレームがしっかりとペアリングできているからだと思います。 そして前からのことですが、グリップ一つとっても、その質感の良さや、グリップエンドのエンブレムなど、全てにおいてマジェスティらしいモノ作りの良さが際立っています。 「TOUR S」が登場したことで新しい切り口で、新たなゾーンに訴えられるクラブに仕上がっていると思います。「人生最高飛距離」。私もまだまだチャンスがあるんだということを体感できましたね。
    この著者の記事
    スイングを変えず、ヘッドを変えず シャフトで飛距離が変わる 『VULCANUS』
    2024年04月18日
    この著者の記事
    インパクトエネルギーを最大化! 永井流『ダイヤインパクトバッグ』活用法を山本茉央が試してみた
    2024年04月15日
    この著者の記事
    マレットパターの完成形 スコッティ・キャメロンから最新モデル登場
    2024年04月14日
    この著者の記事
    超精密軽量シャフト『VANQUISH』シリーズに 30g台が登場
    2024年04月14日
    この著者の記事
    ショットからパターまで! 『ダイヤアームキーパー三角』の永井流活用法を山本茉央が試してみた
    2024年04月12日
    → もっと見る