1. 注目記事
  2. ギア評価

ウエイト交換で飛びとつかまり具合が変わる『ソナテック TDⅡ』を試打

ギア評価 吉村真
ウエイト交換で飛びとつかまり具合が変わる『ソナテック TDⅡ』を試打

アドラージャパンから4月に発売される『ソナテック TDⅡドライバー』。

ボディに6-4チタン、フェースには飛距離性能の高い高純度のSP700を採用。弾道調整機能スリーブを採用し、ソールにはトゥとバックフェースの頂点の間に可変式ウエイトを装着。ヘッドの重量は188~198gまで調整可能で、クラブ長も幅広く対応し、ボールのつかまりも調整できるヘッドだ。

今回は『TDⅡ ドライバー』を、ギアの賢者・ソクラテス永井延宏プロが徹底検証する。

動画で解説

ソクラテス永井延宏プロの試打インプレッション

ソクラテス永井延宏プロの試打インプレッション

『TDⅡ ドライバー』のソールにウエイトビスがありますが、これが1.5g~9g(6種類)まで変更可能です。

そのウエイトの変更により重心角が変わります。そしてシャフト軸からのウエイトの位置までの距離は変わりませんが、トゥ側に過重が増えていくことにより、重さ自体は軸から離れていきます。

結果、ヘッドの返り具合や、振り心地が調整できます。それによってHSに合わせたベストな長さ、重量を見つけることができるヘッドです。

SP700の弾き感は秀逸一発の飛び性能は高い

SP700の弾き感は秀逸一発の飛び性能は高い

まず、標準となる4.5gのウエイト装着で試打してみました。フェースの弾き感はSP700を採用しているということもあり、一発の飛び性能は高いですね。

4.5g試打データ
4.5g試打データ

次に、9gのウエイトを装着してヘッド重量を198gにしてみました。ワッグルするとヘッドの重量感、クラブ全体の重量感を感じやすくなりましたね。クラブウエイトでは2ポイントほど上がりました。

実際に試打してみると、ウエイトを変えたことで私にとっては最適重量となり、飛距離も275Y行きました。

シャフトの挙動も大きくなり、ヘッド重量によるインパクトのエネルギー効率も高まり、インパクトの厚みと強さで飛距離増加に繋がりました。そして、4.5gの時と同じですが、SP700の弾き感に重さが載って、ボール初速も増加した結果となりました。ウエイトを使った適正フィッティングに幅があるヘッドだと思います。

9g試打データ
9g試打データ

低スピンヘッドで強弾道軽量ならボールのつかまり向上

最後に、ウエイトを1.5gに変更してみます。これだけヘッドが軽いと、長尺仕様やシャフトが柔らかく軽い組み合わせが実際には想定されます。

打ってみると、ヘッドが軽いため、合わせたスイングになってしまいました。シャフト軸から遠い場所(ウエイト装着部)が軽くなったことで、シャフト軸を中心にヘッドの返り方、ボールのつかまり感は向上したように思われます。

1,5g試打データ
1,5g試打データ

一番軽い重量にすると、ヘッドも素直にインパクトでスクエアに戻ってきます。ボールをつかまえて飛ばすという意味では、ウエイト重量は軽めを選択してもらいたいですね。

『ソナテック TDⅡ』はどんなドライバーか

『ソナテック TDⅡ』はどんなドライバーか

『ソナテック TDⅡ』のボディのイメージは、現代的な飛距離性能を感じました。フェースは反発性能の高いSP700を採用した心地よい打球音、そしてソールのフェース側にスリットがデザインされており、ヘッド全体が撓んで飛距離に変換するヘッドだと思います。

そして最大の特徴はヘッド重量を幅広く調整できるウエイトです。ウエイトを変えることでヘッドの挙動が分かりやすく変わります。

ヘッド重量が重くなれば、スイング中に遠心力でクラブに引っ張られ、それをゴルファーが引き付けることによって飛距離に繋がるエネルギーを生み出します。

一方で、ヘッドが軽量になればつかまりの良さが際立ち、操作性の向上に繋がると思います。

ヘッドの重量、操作性、そしてシャフトの長さ、重量、フレックスなどを合わせることで、無限大の組み合わせが可能。万能なヘッドといえるでしょう。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるギア情報の注目記事を受け取ろう

ウエイト交換で飛びとつかまり具合が変わる『ソナテック TDⅡ』を試打

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるギア情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • TK2『TYPE-SⅡ』~「包み込む」「つかまる」「逃がす」「操作性」 ゴルファーの微妙な要望に応える~

  • 藤本技工『FG-101CB FORGED』~ゴルファーが大満足の軟鉄鍛造アイアン 打感、形状、弾道のバランスは秀逸~

  • 3D金属プリンターでパターを作る現場を突撃取材

  • Garⅿin シリーズ最軽量のGPSゴルフナビ腕時計型『Approach S12 』、ハンディ型『Approach G12 』を発売

関連記事

  • エッジワークス、フェアウェイ専用シャフト2タイプ、硬度10種類を一挙投入

  • やさしさと高弾道にこだわったMYSTERY『C-HT520』フルチタンフェアウェイウッド

  • 三菱ケミカル『TENSEI プロ ホワイト 1Kシリーズ』高初速と飛距離をもたらすシャフト

  • 飛びで評判の新『TOUR B JGR ボール』初速・打ち出し角・スピン量の3要素がマッチ!

  • 驚異のしなりで飛距離アップ『AutoFlex』シャフトを永井プロが徹底検証

  • 人生最高飛距離をもたらす『MAJESTY Royale』ドライバーを試打してみた