1. 注目記事
  2. ギア評価

カッコいいゴルフしませんか『ルーツ ラプター』アイアンを試打検証

ギア評価 吉村真
カッコいいゴルフしませんか『ルーツ ラプター』ドライバーを試打検証

独自の物作りで飛距離のアドバンテージを追及するルーツゴルフ。4月に新たなブランド『ルーツ ラプター』が誕生した。

上達志向が強く、ゴルフにも鋭い感性を持つゴルファーに向けたシリーズ。ルーツゴルフの飛距離性能はそのままに、スタイリッシュなゴルフをするために、不要なものを削ぎ落としたブランドだ。

今回は4月発売のアイアンを徹底的に検証した。

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

ソクラテス永井延宏プロの試打インプレッション

『ラプターアイアン』#8

まず、カッコいい第一印象です。「ルーツゴルフ」と言えば、エンジョイゴルファー向けの印象ですが、『ラプターアイアン』はシャープで競技志向の強いゴルファー向けの印象です。

バックフェースのアンダーカット構造と、USPGAツアーのプロが使う中空アイアンのバックフェース側に蓋が無いイメージで、アイアンらしい構造です。

心地よい打感、そして室内で試打しても感じるアーメットフェースの初速感、ピュッと飛んでいく。#8(ロフト角30度)で、しっかり高さも出てキャリーも170ヤード、トータル180ヤード。マスターズに出る選手になったような、気持ちの良い飛距離性能です。

『ラプターアイアン』#8

『ラプターアイアン』#6

ロフト角は23度ですが、顔は6番アイアン。オフセットもあり、難しい印象はありません。

実際に打ってみると、6番とは思えない飛距離。キャリーで196ヤードです。弾道高さも十分で、ストレートな弾道。その意味で、操作性と寛容性も同居しています。特にアンダーカット構造が寄与してますね。このクラブ長(381インチ)で100ヤードを打っていけることは大きな魅力だと思います。

『ラプターアイアン』#6

『ラプターアイアン』#10

#10はPWの位置づけで、ロフト角は39度。形状的には#10まで統一感があります。

ヘッドサイズもアイアンの流れのサイズですね。ショートアイアンですが、ゆっくり振って距離が出るイメージ。それはコースでも重要で、ゆっくり振って飛距離が出る安心感があるというのは、操作性も高いと思います。

試打すると、飛距離トータル153ヤード。飛びますね。通常のアイアンなら#8アイアンの飛距離ですが、8番を打つ時のスピード感、エネルギー感とは違う。長さを含め、PWを振っているフィーリングと操作性があります。

それでこの飛距離は『ラプターアイアン』の良さではないでしょうか。

『ラプターアイアン』#10

『ラプターアイアン』#11

#11になると形状が変わりましたね。トゥ側の丸みが強く、ウエッジの形状に近づきました。

ネック部の繋がりも懐からフェース面を広く見せる形状です。つかまり過ぎを意識しているのか、オフセットがありますがフェースとの繋がり部をフラットに削っています。細かいモノづくりをしていますね。

試打ではキャリーで120ヤード以上、スピン性能も高く通常のグリーンなら止まります。自分の場合、51~52度で100ヤードの力感で打って120ヤードですから、ピンを狙える飛距離性能です。

『ラプターアイアン』#11

『ルーツ ラプター』アイアン総評

カッコいいゴルフしませんか『ルーツ ラプター』アイアンを試打検証

飛距離性能はルーツゴルフらしさですね。それに加え、バックフェースのアンダーカット構造の機能が明確に弾道に表れます。

ショートアイアンはトゥ側にタングステンが埋め込んであり、つかまり過ぎを抑制しています。特に#11ではフェースの向き、ラインを出しやすいヘッド挙動を感じます。ゴルファーの求めている機能を作りこんでいるクラブです。

シャフトも高品質な素材を使用しており、手元が穏やかでタイミングが取りやすくレスポンスが良いですね。ミドルアイアンでは強靭な繊維の撓り戻りが特徴です。

想定される使用者層は、操作性、縦横の飛距離に精度を求めるゴルファーに最適だと思います。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

カッコいいゴルフしませんか『ルーツ ラプター』ドライバーを試打検証

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ムジークからウレタン5層構造のボール 『2HEAVEN UX5』登場

  • KBSがアイアン用グラファイト『KBS MAX グラファイト』を先行発売

  • アーティザンアイアンが9月28日に1stエディションから発売

  • ドラコン世界大会にデシャンボー出場決定

関連記事

  • キャスコの新アカパタ『Red9/9 White back』で30球勝負! カップイン率UPは本当か?

  • スライス防止になるか?メタルファクトリー『A9 SKY FW(3W)』×『MURAKUMO HAYATE FW』

  • 中古クラブをシェア&売買できる『ラビシェア』を体験してみた

  • ムジーク『DD2HEAVEN』は打点ズレに強いのか? 永井延宏プロが徹底検証

  • スライス防止になるか?ワオ『RV555 Type-S』ドライバー×Arch『CA-01』シャフト

  • 半端ない低スピン、JIGEN『eRookⅡ』ヘッドのブレも抑制して直進性向上