1. 注目記事
  2. ギア評価

テーパーレス形状のWINN『DRI-TAC LT』は 軽量クラブのグリップ交換に最適!

ギア評価 ギア動画 吉村真

スポーツティエムシーが展開するグリップ「WINN」。独特のソフトなフィーリングで、日本だけでなく世界中で愛されているグリップ。

今年の春に発売されたのが、『DRI-TAC LT』。「WINN」初のテーパーレス形状で、利き手部分がテーパーレス形状で太いサイズ感ながら、「WINN」独自のテクノロジーで軽量化を実現している。

今回はアイアンに装着して、ゴルフマジック代表の鹿又芳典氏が検証した。

鹿又芳典氏
1968年東京都生まれ。ゴルフショップマジック代表。メディアに引っ張りダコで、“ゴルフギアのご意見番”として活躍中。

『DRI-TAC LT』の製品特徴

以下が製品特徴となる。

■両手とも最適な力でバランスよくグリップできるテーパーレス形状
■“winn Light テクノロジー” で40g 台の軽量
■素材「DRY-ETX」が高い密着性と高い衝撃吸収性
■日本限定カラー/ 重量の更なる軽量化/ バックライン有り

『DRI-TAC LT』を動画で解説

動画

鹿又芳典氏の一押しポイント

すごく特徴的なグリップで、「これがイイ!」というゴルファーには最高のグリップだと思います。ここ数年、グリップが大きく多様化している時代になっています。太さ、素材、重さ、柔らかさなどですが、この『DRI-TAC LT』は独特のフィーリングの素材、柔らかさでありながら、太さを選んでいくことができる。その点は大きなメリットがありますね。

そして『DRI-TAC LT』の特徴であるグリップ重量が軽いということは大きい利点だと思います。昨今のプロパー商品は軽量化のトレンドもあってクラブ自体が軽量で、それに装着されているグリップも軽い。リグリップする際に同等の重量のグリップを装着するという意味では、市販のクラブに重量を合わせた上で太いグリップを入れることができます。

打ったフィーリングは非常に柔らかい。それを長所と捉えるゴルファー、握る力が強すぎるから握らないイメージを持ちたいゴルファーにとって『DRI-TAC LT』は最適なグリップになるかもしれませんね。

商品概要【DRI-TAC LT】

スタンダードサイズ(ブラック/レッド)=重量:41・5±2g、バックライン:有
ミッドサイズ(ブラック/シルバー、ブラック/イエロー)=重量:41・5±2g、バックライン:有
オーバーサイズ(ブラック/ブルー)=重量:48・0±2g、バックライン:有
店頭参考売価:2640円

お問い合わせ

スポーツティエムシー 
TEL 03-3769-5021


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • インパクトゾーンを長くキープ、高い方向安定性のオートフレックスシャフト

  • ドラコン2連覇・押尾紗樹が教える飛ばしの3つのポイント

  • 人気トレーニング機器「オレンジウィップ」のウエッジとパターを試打!

  • 米国発のミルドヘッド『MOD-1』上陸どんなラフからでも力強いショットが打てる

関連記事

  • インパクトゾーンを長くキープ、高い方向安定性のオートフレックスシャフト

  • エッジワークスの60g台、40g台をアマチュアゴルファーが試打

  • ドラコン2連覇・押尾紗樹が教える飛ばしの3つのポイント

  • エッジワークス第3弾!インパクトで 「さらに叩ける」「心地良い振り心地」 60g台3タイプ、40g台2タイプを一挙投入

  • 人気トレーニング機器「オレンジウィップ」のウエッジとパターを試打!

  • 米国発のミルドヘッド『MOD-1』上陸どんなラフからでも力強いショットが打てる