1. クラブ

スライス防止になるか?アキラプロダクツ『ADR』×『TOUR AD』

クラブ ギア評価 ギア動画 片山三将
スライス防止になるか?アキラプロダクツ『ADR』×『TOUR AD』

パーツメーカーが推奨するスライス撲滅黄金スペックを坂本龍楠プロがテスト。

スライスの原因となるスイング要素を、1.身体の突っ込み、2.身体の起き上がり、3.手打ちの3つに分類。坂本龍楠プロが3つのスイングタイプで試打をして、スライス撲滅黄金スペックを徹底的に検証した。

今回はアキラプロダクツ『ADR』と『TOUR AD』をテストする。

坂本龍楠プロ
1981年生まれ。神奈川県出身。オーストラリアへ留学してゴルフを学び、2011年「日本プロゴルフ協会」ティーチングプロ合格。自身が運営する新宿御苑ゴルフスタジオでは身体に負荷のかからないスイング理論が好評を博し、公式YouTubeのチャンネル登録数は9万5000人を超える。著書には「逆説のゴルフ」などがある。

つかまるヘッドと自然なしなり戻りのシャフト 『ADR』はスライス撲滅の要素満載

『ADR』は、ヘッドが必要以上に大きく感じないので、操作しやすく、つかまりがいいですね。また、シャフトは自然なしなりがありマイルドなので振った時の違和感がなく、タイミングよく振ることができます。

ダウンスイングで突っ込んでしまうとフェースが開いてスライスになりやすいのですが、『ADR』は突っ込んでもヘッドが操作しやすくフェースが返ってきやすいのでスライスになり難い。

また、起き上がりによりシャフトが寝てしまうことで起きるスライスに対して、『ADR』は切り返しでシャフトがしっかりしなってクラブを押してくれるので、起き上がる前にインパクトを迎えることができます。

さらに、手打ちでフェースを開いてボールを擦ってしまう人でも、コンパクトなヘッドとシャフトの自然なしなりが入るので、ヘッドを操作しやすく真っすぐなボールが打ちやすいですね。

コンパクトでつかまるヘッドと自然なしなりのシャフトの相乗効果でスライスを撲滅する要素が満載です。

■試打スペック
ロフト角:10.5度/ヘッド体積:460/ヘッド重量:195g/ライ角:60度/シャフト:R(238cpm)/スイングバランスD0/クラブ長:45.50インチ/クラブ総重量:292g


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

スライス防止になるか?アキラプロダクツ『ADR』×『TOUR AD』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ソフトな打感と卓越した飛距離性能を兼ね備えた『TOUR SOFT』が誕生

  • USPGAツアープロが多用するパット練習マット『Well ストローク』

  • 革新的な練習ができるパットマット『Well Putt マット』が新登場

  • RZNボールの進化版『RZN PRO』登場

関連記事

  • 46インチ規制をクリアした最高級品『マジェスティ プレステジオ12』

  • 3段ソールでアマチュアのミスを防ぐ ムジーク『フィフティーズ』ウエッジ

  • パトリック・リードが共同開発 グラインドワークス『PR-202』『MB-101A』

  • 夏のラフから「77」でグリーンを狙う? キャスコ『UFO Speed』を坂本龍楠が徹底試打!

  • 一世を風靡したキャッシュインに、現代的な性能と美しさをプラスした『TOULON SMALL BATCHパター』が発売

  • プロギアから中上級者向けの新『RS JUST』シリーズが発売