1. 注目記事
  2. ギア評価

スライス防止になるか?ワオ『RV555 Type-S』ドライバー×Arch『CA-01』シャフト

ギア評価 ギア動画 浅水敦
スライス防止になるか?ワオ『RV555 Type-S』ドライバー×Arch『CA-01』シャフト

パーツメーカーが推奨するスライス撲滅黄金スペックを坂本龍楠プロがテスト。

スライスの原因となるスイング要素を、1.身体の突っ込み、2.身体の起き上がり、3.手打ちの3つに分類。坂本龍楠プロが3つのスイングタイプで試打をして、スライス撲滅黄金スペックを徹底的に検証した。

今回はワオより、新ヘッド『RV555 Type-S』にArch『CA-01』(硬度24)を装着した黄金セッティングが到着。結果は?

坂本龍楠プロ
1981年生まれ。神奈川県出身。オーストラリアへ留学してゴルフを学び、2011年「日本プロゴルフ協会」ティーチングプロ合格。自身が運営する新宿御苑ゴルフスタジオでは身体に負荷のかからないスイング理論が好評を博し、公式YouTubeのチャンネル登録数は9万5000人を超える。著書には「逆説のゴルフ」などがある。

シャープな形状で構えやすい 右を消して打てる、計算されたヘッド

【突っ込み型】
ハイバック形状効果により、ダグフックや低弾道スライスが出にくい。

【起き上がり型】
ヘッドのトゥ側が浮いている印象なので、球がつかまる印象。手元が浮かずにスイングできるので、プッシュスライスを軽減してくれる。

【手打ち型】
フェースの開閉時にヘッドが返ってこない、という現象が見られず、スムーズにスイングが可能。ヘッドの重心効果で、手打ちでも真っすぐ出てから左へ切れるつかまったボールが打てる。

【総評】
ヘッド体積は460㎤ですが、シャープに見えるので、非常に構えやすい。スライスの一因として、インパクト時にフェースが開いてしまうことが挙げられますが、今回のセッティングは、ヘッドをしっかり動かしていける印象。実際に打ってみても、右を消して狙えるのでとても安心感があります。HS37〜40m/s前後のスライサーへ推奨。

■試打スペック
ロフト角:10.5度/バランス:C9・5/シャフト:Arch CA-01/硬度:24/長さ:46/総重量:303g


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

スライス防止になるか?ワオ『RV555 Type-S』ドライバー×Arch『CA-01』シャフト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京(板橋区)生まれ、埼玉育ち。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開発営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。GEW本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴25年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。現職。

この人が書いた記事  記事一覧

  • “THE FUTURE IS MINE -未来を手に入れろ。” 第5回スピーダーチャレンジ エントリー開始!

  • タイガー・ウッズが 自宅で愛用する 高性能ゴルフシミュレーター 『フルスイング』日本上陸

  • ヤマハ厳選クラブセットのサブスクレンタル実施中

  • プロとアマをアプリでマッチング「ゴルフル」の勝算

関連記事

  • 3段ソールでアマチュアのミスを防ぐ ムジーク『フィフティーズ』ウエッジ

  • パトリック・リードが共同開発 グラインドワークス『PR-202』『MB-101A』

  • 夏のラフから「77」でグリーンを狙う? キャスコ『UFO Speed』を坂本龍楠が徹底試打!

  • 最新GPSウォッチ3機種を山本茉央&くわっきーがコースで比較してみた

  • フェース以外カーボン! ブリヂストン『B3』ドライバーを試打

  • 熟練ゴルファーに飛距離を与える『XP-03』 ゴルファーの技を引き出す軟鉄鍛造『KP-105』