1. 注目記事
  2. ギア評価

新ブランド『MAJESTY W-MOMENT』パターを永井プロが徹底検証

ギア評価 大矢晃弘
新ブランド『MAJESTY W-MOMENT』パターを永井プロが徹底検証

マジェスティ ゴルフは10月、新ブランド『MAJESTY W-MOMENT』シリーズを投入した。「W」は「勝利」の意味で、スコアの決め手となるアプローチとパッティングを極め、ゴルファーに勝利の瞬間をもたらすという想いを込めている。

そこで同シリーズのパターをギアの賢者ソクラテス永井こと永井延宏プロが試打。「スコアメイクの鍵を握るのはショートゲームとパッティングと言っても過言ではない」と語るだけに、ソクラテス永井の目にはどう映るのか? その性能を徹底解説する。

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

動画で解説

永井プロが『MAJESTY W-MOMENT』パターを徹底検証

 新ブランド『MAJESTY W-MOMENT』パターを永井プロが徹底検証

ヘッド形状は3種類ですが、いずれも慣性モーメントが6000g・cm2を超えています。この数字は通常、ネオマレットなど大きいサイズのヘッドに多いのですが、いずれもシャープな形状でそれを実現している点が大きな特徴です。

3種類を椅子の上に並べてフェースがどれだけ上を向くか、重心特性を見てみました。

 新ブランド『MAJESTY W-MOMENT』パターを永井プロが徹底検証

「ブレード」は一番トゥが下がるので最もシャープな印象を受けます。

「マレット」は一番フェースが上を向きますが、完全なフェースバランスではなく若干トゥが下がるので、ヘッドを低く引きやすい印象があります。そして「ミッド」はちょうど良いボリューム感があることと、バックフェースとバックソールの継ぎ目にスリットを入れることで構えた時のスクエア感や打感にも寄与しそうです。

シャープ形状と構えやすさでロングパットを攻略する「ブレード」

 新ブランド『MAJESTY W-MOMENT』パターを永井プロが徹底検証

構えてみると角がクリアな感じに仕上がっているので、非常にシャープで直線的なイメージでカップに合わせられます。ネックはスタンダードなクランクネックですが、意外とネックからフェースセンターまで距離があるので、ストロークする上で引っかけにくい効果がありそうです。

実際に試打しましたが、トゥヒールのウエイトが効いており、ヘッドの直進性とボールを押してくれるようなエネルギー感があります。転がりも良いですのでミドルやロングパットに威力を発揮しそうです。

フェースセンターを感じやすいネック搭載の「ミッド」

 新ブランド『MAJESTY W-MOMENT』パターを永井プロが徹底検証

ネックがスラント型になっていますが、若干ヒール側に入っていますので、構えた時にシャフト軸の延長線がフェースセンターに近い所に入る工夫がされています。構造的につかまりの良いパターだということが見て取れます。

試打してみると、予想通りボールのつかまりが良いです。ヘッドの重心を感じながら振り子のようなイメージでパッティングする方には最適だと思いました。

エネルギー感と直進性でショートパットを攻略する「マレット」

 新ブランド『MAJESTY W-MOMENT』パターを永井プロが徹底検証

ブレードやミッドと比べて明らかなヘッドのボリューム感がありますが、ソールを半円状にくり抜きフィンのような形状にしているのは現代的なデザインだと言えます。特徴的なのは最近トレンドのネック形状で、フェース面との繋がりを感じやすい点です。

試打したところ、3種類の中で最もインパクトのエネルギー感、球足の速さと直進性を感じました。トゥヒールのタングステンウエイトが3種類の中で最もフェース寄りに入っていることが転がりの良さに関係していると思います。特にショートパットが苦手な方には、小さい動きで直進的なタッチで入れられるのでお勧めです。

『MAJESTY W-MOMENT』パターまとめ

 新ブランド『MAJESTY W-MOMENT』パターを永井プロが徹底検証

アマチュアゴルファーのパッティングのミスで一番多いのはテイクバックを低く引けず、ヘッドを上に持ち上げてしまうことです。それによって打点ブレやロフトを正しく使えないというエラーが起こります。

その点、このパターは3種類とも重心距離があるため、ヘッドを低く引く感覚が出しやすいです。また慣性モーメントがあることでスイートエリアが広く、フェースのミーリングによって打点ブレへの寛容性も感じます。また、手先で操作しがちなアマチュアゴルファーに合うように、グリップに角をつけて手元の中で面を感じやすいスクエア感を出

作性の良さも感じる太さに仕上げています。アマチュアゴルファーに何が起きており、どんなメリットが受けられるのかをしっかり研究して作られているパターだと思います。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

新ブランド『MAJESTY W-MOMENT』パターを永井プロが徹底検証

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

大矢晃弘

大矢晃弘

1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。
中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。
ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。
自分が発信する記事で、ゴルフの楽しさをより多くの方に知ってもらい、皆がゴルフを気軽に始められるようにしたい。ひいては、ゴルフ業界をもっと活性化させたい。その想いで今日も走ります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 自腹を切ってSDGs ゴルフ界団結の狼煙をあげる

  • 手の平サイズのコンパクト&軽量レーザー距離計、CaddyTalk minimi LT

  • 世界中でロングランの『GC2』を進化させた後継機種「GCQuad」

  • グリーン周りを攻略! キャスコ『ドルフィンピッチ&ランウェッジ』を徹底試打

関連記事

  • 13代目ATTASは「KING」驚異的なしなり戻り“3倍返し”を体感せよ!

  • グリーン周りを攻略! キャスコ『ドルフィンピッチ&ランウェッジ』を徹底試打

  • 理想のゴルフスイングとアドレスが習得できる 『スイングアライン』を検証

  • テーラーメイド「MG3」ウエッジを永井プロが検証

  • スライス防止なるか?MYSTERY『CF-455TOUR』×軽量シャフト『FM-191LT』

  • 新感覚パター練習器具『フォーカススティック』を関浩太郎が徹底解説