• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 新感覚パター練習器具『フォーカススティック』を関浩太郎が徹底解説

    大矢晃弘
    1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。 中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。 ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。 自分が発信する記...
    SNSでシェアする
    レーヴから『FOCUS STICK(フォーカススティック)』というパターの練習器具が登場しました。ヘッドが円柱状になっている珍しい構造ですが、パター上達に繋がりそうです。

    動画で解説

    関浩太郎が『フォーカススティック』を徹底解説

    新感覚パター練習器具『フォーカススティック』を関浩太郎が徹底解説 パッティングで重要なのは「方向性」と「距離感」の2つで、そのために非常に大切なのはパターの芯に当てることです。例えばパターのグリップをつまんで宙にぶら下げるようにして持ちます。 この状態でフェースのトゥ側にボールを当てるとフェース面は開くのでボールは右に転がりますし、ヒール側に当てるとフェース面は閉じるのでボールは左に転がります。ところが、芯にボールが当たればヘッドは動きませんので真っすぐ転がります。このことからも芯に当たれば方向性が安定することが分かると思います。 芯に当てることは距離感、換言すればタッチや強弱にも関係します。芯に当てられないと同じ距離を打っているはずなのに毎回距離が変わってしまい、パッティングの距離感がなかなか養われません。また、例えばキャディさんが「1カップフックです」と言った場合でも、弱く打てば3カップ曲がるし、強く打てば半カップ曲がるわけなので、強弱によってラインは何通りもできてしまいます。いかにタッチ、強弱が重要かが分かるでしょう。 新感覚パター練習器具『フォーカススティック』を関浩太郎が徹底解説 とは言え、通常のパターのフェース面は平らですので、多少芯を外しても外したことが分かりにくいです。 その点、『フォーカススティック』はヘッドが円柱状になっているので、真ん中に当たらないと真っすぐ転がってくれません。この練習器具でパター練習をし続けることで、次第に芯に当てることができるようになり、方向性と距離感が共に上がっていくのです。

    正しい構え&良い転がりを手に入れられる

    新感覚パター練習器具『フォーカススティック』を関浩太郎が徹底解説 『フォーカススティック』の円柱構造は方向性と距離感を養うために必要な「正しく構える」ことにも寄与しそうです。 正しい構えとはボールを目の真下に置くことです。こうすることでヘッドをストレートに動かすことができるのです。ただボールとの距離が遠かったりハンドダウンに構えていると極端なインサイドイン軌道になってしまいますし、近すぎたりハンドアップになっていると極端なアウトトゥアウトになってしまいます。 また、ハンドレイトに構えてしまうとインパクト時にフェースの下部に当たってボールが跳ねるスキップという状態になってしまいます。ハンドファーストに構えてもロフトが立ちすぎてボールを押す形になるので、やはり同様の症状が起きてしまうのです。当然スキップしてしまうと転がりが安定しないので距離感が合いません。 アドレス時にボールを真上から見ることができていれば、『フォーカススティック』の円だけが見えますが、これができていないと円柱の前後左右の側面が見えるはずです。つまり間違った構えをしているということがすぐに判別できるのです。 パッティングは当たった瞬間のロフトが4度前後になることで一番良い転がりになると言われています。円柱の前後左右の側面が見えないようにインパクトすることで、適正ロフトでのインパクトを養う練習にもなります。転がりが良くなれば距離感が合いミドルパットがどんどん入るようになるのです。

    高級パターに負けない打感と振り心地

    新感覚パター練習器具『フォーカススティック』を関浩太郎が徹底解説 実際に『フォーカススティック』を使って練習してみましたが、練習器具だからと言って打感や振り心地は妥協されていません。 打感は高級パターのように強弱のトーンが感じ取りやすいです。また円柱の重さも一般的なパターヘッドと同じになっているので振り心地も変わらず、ストロークしやすいですね。 それに円の表面に十字をつけて芯の位置を分かりやすくする工夫が見られます。シャフトはブルーカモ色の34インチと、ピンクカモ色の33インチの2種類あります。人によって構えた時の前傾の深さは様々なので、長さの違う2種類があることはありがたいですね。いずれにしても目の真下にボールが来るように構えられる方を選んでもらえればいいと思います。 『フォーカススティック』は非常に即効性のあるパター練習器具だと思いますね。
    この著者の記事
    スイングを変えず、ヘッドを変えず シャフトで飛距離が変わる 『VULCANUS』
    2024年04月18日
    この著者の記事
    インパクトエネルギーを最大化! 永井流『ダイヤインパクトバッグ』活用法を山本茉央が試してみた
    2024年04月15日
    この著者の記事
    マレットパターの完成形 スコッティ・キャメロンから最新モデル登場
    2024年04月14日
    この著者の記事
    超精密軽量シャフト『VANQUISH』シリーズに 30g台が登場
    2024年04月14日
    この著者の記事
    ショットからパターまで! 『ダイヤアームキーパー三角』の永井流活用法を山本茉央が試してみた
    2024年04月12日
    → もっと見る