1. クラブ

グリーン周りを攻略! キャスコ『ドルフィンピッチ&ランウェッジ』を徹底試打

クラブ ギア評価 ギア動画 大矢晃弘
キャスコ ドルフィンピッチ&ランウェッジ DPW-119

キャスコは『ドルフィンウェッジ』シリーズから『ドルフィンピッチ&ランウェッジ DPW-119』を発売した。

ランニングアプローチが打ちやすい『ドルフィンランニングウェッジ DRW-119』(ロフト角:39度)と、球を上げやすい『ドルフィンフライングウェッジ DFW-119』(ロフト角:55度)を発売しているが、今作はロフト角を48度に設定し、ピッチ&ランが打ちやすいように設計されたクラブだ。

そこで新宿御苑ゴルフスタジオ主催の坂本龍楠プロがアマチュアゴルファーと一緒に『ドルフィンピッチ&ランウェッジ』を試打。その特徴を解説する。

坂本龍楠プロ
1981年生まれ。神奈川県出身。オーストラリアへ留学してゴルフを学び、2011年「日本プロゴルフ協会」ティーチングプロ合格。自身が運営する新宿御苑ゴルフスタジオでは身体に負荷のかからないスイング理論が好評を博し、公式YouTubeのチャンネル登録数は12万人を超える。著書には「逆説のゴルフ」などがある。

坂本龍楠が『ドルフィンピッチ&ランウェッジ』を動画解説

坂本 アプローチショットはピンに寄ることも重要ですが、まずは確実にグリーンに乗ることが重要だと私は考えます。特に100切りを目指しているゴルファーはグリーン周りでのトップやザックリをなくし、グリーンに乗る確率を上げる必要があります。そこに『ドルフィンピッチ&ランウェッジ』がどう寄与するのか、アマチュアゴルファーと共に検証したいと思います。

手首の動きを抑制し安定した転がりになるウエッジ

キャスコ ドルフィンピッチ&ランウェッジ DPW-119

坂本 アプローチショットはどうしても球を上げたくなるので、大半の方が手首を動かして打っています。手首の運動量が多くなることで、付随してバックスイングの振り幅が大きくなってしまうのでトップしてグリーンをオーバーしてしまったり、逆にインパクトで緩んでザックリしてしまったりというミスが起こります。

その点『ドルフィンピッチ&ランウェッジ』はグリップが太く作られており、なおかつ重量があるので、勝手に手首の運動量が減るような作用があります。それによって手首の角度がズレずにロフト角が一定して当たるので、体の回転で打つことができ安定して球が転がるようになります。

キャスコ ドルフィンピッチ&ランウェッジ DPW-119

それと『ドルフィンウェッジ』に共通のソールのフィンが効いているので、まずアドレス時の座りが良いですし、多少手前から芝にこすったとしてもソールが滑ってくれるので突っかかりを抑えてくれます。

パターのような単純な動きで打てばクラブがボールを作ってくれるので、球筋が安定するウエッジだと言えますね。

マイウエッジvs『ドルフィンピッチ&ランウェッジ』10球対決!

キャスコ ドルフィンピッチ&ランウェッジ DPW-119

坂本 実際に『ドルフィンピッチ&ランウェッジ』がアプローチにどれだけ影響するのかを見るために、アマチュアゴルファーを代表して大矢さんに検証してもらいたいと思います。

シチュエーションはピンまで25ヤードの花道でグリーンは上り傾斜、ピンは奥に切ってあるので、まさしくピッチ&ランが必要なシチュエーションです。大矢さんには普段使い慣れたマイウエッジ(52度)を使ってもらいます。

■10球対決の結果
マイウエッジ:7球グリーンオン(内、ワンピン以内3球)、3球グリーンオーバー
ドルフィンピッチ&ランウェッジ:10球グリーンオン(内、ワンピン以内5球)

検証したところ以上のような結果になりました。

私も生徒さんによく話すのですが、ゴルフは平均のスポーツですので1球だけ寄れば良いというわけではありません。大矢さんがマイウエッジの1球目でいきなりトップが出てしまったように、いきなりそういったミスがコースで出てしまうと、その後のアプローチが怖くて打てなくなってしまいます。

今回は10球対決という形でしたが、実際のコースでは1回しかチャンスがありません。それを考えると寄ることも重要ですが、『ドルフィンピッチ&ランウェッジ』で打った10球が全てグリーンに乗っていたということが一番大きいと私は考えます。

実際に大矢さんのストロークも安定して、自然にピッチ&ランができていました。

こんなゴルファーに最適

キャスコ ドルフィンピッチ&ランウェッジ DPW-119

坂本 この『ドルフィンピッチ&ランウェッジ』ですが、シャフトはスチールとカーボンがあり、長さも33インチと34インチがラインアップされていますので女性にも向いています。

アプローチに対して苦手意識がある方、手首を使ってしゃくり上げてしまう方、スイングリズムが速く打ち急いでしまう方には最適なウエッジだと言えるでしょう。

■価格
スチール:1万9800円(税込)
カーボン:2万4200円(税込)


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

キャスコ ドルフィンピッチ&ランウェッジ DPW-119

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

大矢晃弘

大矢晃弘

1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。
中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。
ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。
自分が発信する記事で、ゴルフの楽しさをより多くの方に知ってもらい、皆がゴルフを気軽に始められるようにしたい。ひいては、ゴルフ業界をもっと活性化させたい。その想いで今日も走ります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 自腹を切ってSDGs ゴルフ界団結の狼煙をあげる

  • 手の平サイズのコンパクト&軽量レーザー距離計、CaddyTalk minimi LT

  • 世界中でロングランの『GC2』を進化させた後継機種「GCQuad」

  • グリーン周りを攻略! キャスコ『ドルフィンピッチ&ランウェッジ』を徹底試打

関連記事

  • 手の平サイズのコンパクト&軽量レーザー距離計、CaddyTalk minimi LT

  • 13代目ATTASは「KING」驚異的なしなり戻り“3倍返し”を体感せよ!

  • 理想のゴルフスイングとアドレスが習得できる 『スイングアライン』を検証

  • 「ゴルファーズドック」で最長飛距離はでるのか?

  • 海外で人気沸騰中!「ITTOBORI(一刀彫)」ウエッジ、アイアンの実力は?

  • ONOFF DRIVER KUROを坂本龍楠が試打検証