• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 単なる距離計じゃない、スコアを伸ばす統計も分かる「Shot Scope V3 GPSウォッチ」

    吉村真
    1974年1月22日生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国...
    SNSでシェアする
    数あるGPS距離計の中で、異彩を放つのが『ショットスコープV3ウォッチ』だろう。通常の時計型GPS距離計というだけではなく、ショットトラッキングのセンサー16個がセットになっている。そして価格も3万4980円とリーズナブルなのだ。 機能も充実しており、ハザードやグリーンのフロント/センター/バックまでなど正確な距離測定はもちろん、ショットトラッキングのセンサーを装着すれば、各クラブでのショットの飛距離を自動で記録。そして、その記録から衛星写真でホール毎のショット軌跡を確認することができる。 特筆すべきは、米PGAツアーでも活用され、ゴルファーのスコアアップに繋がる統計データ「ストロークゲインド」を含めて、専用アプリを活用することでクラブ毎の飛距離やフェアウェイキープ率など100以上の統計情報を提供する機能だ。 今回はギアの賢者・永井延宏プロが「ストロークゲインド」を含めて『ショットスコープV3ウォッチ』を検証する。
    永井延宏プロ
    永井延宏プロ
    1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

    動画で検証

    GPSウォッチとしての使用インプレッション

    永井 最近2週間で5ラウンドほど使用しましたが、距離測定の精度はレーザー距離計に遜色ありません。それにスタートホール直前にコース選択を行っても直ぐにコース情報を受信してティーオフできます。 そして距離もピンセンター、フロント、バックと色分けされて表示されるので大変見やすいですね。シンプルですが、すぐに起動する、見やすい、そして高精度というのが、ゴルファーには大きなメリットになると思います。

    専用センサーでショットを記録スコア直結の統計データを提供

    GEW 先述の通り『ショットスコープV3』は、専用センサーをクラブエンドに装着することで、使用クラブ毎の飛距離と位置情報を取得。それによって、クラブ毎の平均飛距離、最大飛距離はもとより、フェアウェイキープ率やパーオン率もデータ化される。その中で特筆すべきは、「ストロークゲインド」の指標が提供されることだろう。 例えば、同じ1パットのバーディーでも、ロングパットを沈めたプレーヤーはパッティングがストロークを縮めた(ゲインド)要因となる。一方で、ショートパットでバーディーをゲットしたプレーヤーは、その前のアプローチで寄せたことになり、アプローチショットがスコアを縮めた要因になる。そのような指標がラウンド中のショットの記録から分析される。 これらについて、永井プロに分析してもらった。

    平均飛距離、フェアウェイキープ率、パーオン率

    永井 特にクラブ毎の平均飛距離は、練習場でのゴルファーが認識してる平均飛距離と、ゴルフ場での平均飛距離とでは差があると思います。そしてフェアウェイキープ率、パーオン率ですが、これらもゴルフ場でしか知ることができません。 最近では弾道測定器でゴルファー自身が飛距離や弾道特性を知ることができますが、同じように『ショットスコープV3』によってゴルフ場でショット毎のデータや統計データを知ることができます。ショットに関する測定器をゴルフ場に持ち込んでいるようで、これらのデータを活用することで、プレーが進化すると思います。

    ショートゲームの統計データから見えるもの

    永井 右の画面を見てみると、ショートゲームでアイアンの7番、8番、9番、PWでのパーオン率がデータ化されています。ここで興味深いのは、通常、クラブが短くなればなるほど、ショット精度が向上するはずですが、9番アイアンでパーオン率が急激に下がっています。想像できるのは、9番アイアンだけライ角やロフト角、またはクラブの総重量など、クラブがゴルファーに合っていない可能性があるということです。 そのようなことが分かることで、スコアを縮めるには、スイングなのか、あるいは体力なのか、あるいはクラブなのか。改善点が分かるのが最大の特長だと思います。

    永井プロもクラブ調整に『ショットスコープV3』取得のデータを活用する

    永井 実は今回、先の5ラウンド以外でパー4を1ホール、パー3を1ホールだけプレーしたんです。パー4の2打目とパー3は同じ距離で、どちらも7番アイアンでしたが、ショートしました。アイアンを新調して、長めのクラブ長にセッティングしているのですが、この2打のデータから少しクラブの調整が必要だということも分かりました。 その意味で、『ショットスコープV3』で得られるショットデータからの「ストロークゲインド」などのデータ分析は、クラブ毎の課題やクラブの調整のヒントになります。これらデータの活用次第では、スコアを伸ばすことができるはずです。 お問い合わせ:アイインザスカイ Support@Eyeinthesky.Jp
    この著者の記事
    オリムピックより『02』シリーズがフルモデルチェンジでより進化した『03』シリーズゴルフシャフトが登場
    2024年02月18日
    この著者の記事
    マイカスタム第7回 HS50m/s以上の競技者に 軽柔シャフトで打点安定
    2024年02月10日
    この著者の記事
    PXGの集大成『PXG Black Ops』 驚くようなやさしさと飛距離を実現
    2024年02月03日
    この著者の記事
    ゼクシオ史上最もソフトなフィーリング NEW『ゼクシオ プレミアム』登場
    2024年01月25日
    この著者の記事
    イオン駐車場にインドア出現! GOLFNEXT24イオンモール土浦店に行ってみた
    2024年01月16日
    → もっと見る
    タグ
    GPSウォッチ