1. 注目記事
  2. ギア評価

『TENSEI』の飛びに振りやすさとミート率がプラスしたシャフト 『TENSEI Pro Orange 1K』シリーズ

ギア評価 大矢晃弘

三菱ケミカルは3月、『TENSEI Pro Orange 1K』(ワンケー)シリーズ(5万5000円)を発売した。

今作は『CK Pro Orange』シリーズをベースに、先端部の剛性をさらに高めることでトゥダウンによる打点の縦のブレを低減。

トルクを抑えることで左右の打ち出しのズレも抑制されサイドスピンを低減した「曲がらない」シャフトになっている。

また、カウンターバランス設計の振り抜きやすさはそのままに、マトリクス樹脂の組成・構造を最適化する「Xlink Tech」(クロスリンクテック)を採用することで、炭素繊維のポテンシャルを最大限引き出している。

そこで同シャフトをセキゴルフクラブ目黒主宰の関浩太郎プロが試打。徹底解説する。

まずは動画で

関浩太郎が『TENSEI Pro Orange 1K』を徹底解説

 『TENSEI』シリーズは世界中の数多あるシャフトの中で、限りなくプロユースのシャフトです。世界中のトッププレーヤーが愛用しているのがその証拠で、スピードだけでなく技術面も含めて上級者が使うシャフトというイメージです。

前作の『CK Pro Orange』は、我々の中では「乾いた」シャフトという表現をするのですが、ダウンスイング初期の撓りと、インパクト付近の撓り戻りが非常に速く、一言で言うとハードなシャフトでした。その分、自分自身でヘッドコントロールをできるゴルファーには最大飛距離の恩恵がもたらされます。

一方、今作はあくまでも『TENSEI』の中でという注釈はつきますが、良い意味で「しっとり」しました。「しっとり」というのは簡単に言うと撓りと撓り戻りがやさしく、緩やかになったということです。そういう意味では比較的広い層のゴルファーにも手に取ってもらえるようになったのではないでしょうか。

関浩太郎が試打検証

 早速『TENSEI Pro Orange 1K』を試打してみました。やはり前作に比べて撓りと撓り戻りが「しっとり」しており、スイング中のヘッドの位置やヘッドの向きが分かりやすくなりました。そのため格段にミート率が上がるシャフトに進化したと言えます。

1ラウンドを通してみるとミート率に自信がない方や、前作の『TENSEI』を使ってみて、一発の飛びは出るけど、平均すると球がばらついてしまって使うのを諦めたというゴルファーにドンピシャのシャフトです。『TENSEI』の飛距離はそのままに、ミート率がアップしている良い所取りのシャフトと言えるのではないでしょうか。

関浩太郎流『TENSEI Pro Orange 1K』の選び方

 『TENSEI Pro Orange 1K』は豊富なスペックがラインアップされています。選ぶ際は、いつもSを使っている方ならRにするとか、普段使っているシャフト重量よりも5~10g程度軽いスペックにしてみるとか、いつもよりアンダー目で選んでみて下さい。そうすることで『TENSEI』の最大飛距離を味わっていただけると思います。

お問い合わせ:www.mitsubishichemicalgolf.jp/販売代理店・㈱エストリックス 03-3851–8101


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

大矢晃弘

大矢晃弘

1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。
中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。
ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。
自分が発信する記事で、ゴルフの楽しさをより多くの方に知ってもらい、皆がゴルフを気軽に始められるようにしたい。ひいては、ゴルフ業界をもっと活性化させたい。その想いで今日も走ります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 46インチ規制をクリアした最高級品『マジェスティ プレステジオ12』

  • 夏のラフから「77」でグリーンを狙う? キャスコ『UFO Speed』を坂本龍楠が徹底試打!

  • 最新GPSウォッチ3機種を山本茉央&くわっきーがコースで比較してみた

  • フェース以外カーボン! ブリヂストン『B3』ドライバーを試打

関連記事

  • 3段ソールでアマチュアのミスを防ぐ ムジーク『フィフティーズ』ウエッジ

  • パトリック・リードが共同開発 グラインドワークス『PR-202』『MB-101A』

  • 夏のラフから「77」でグリーンを狙う? キャスコ『UFO Speed』を坂本龍楠が徹底試打!

  • 最新GPSウォッチ3機種を山本茉央&くわっきーがコースで比較してみた

  • 熟練ゴルファーに飛距離を与える『XP-03』 ゴルファーの技を引き出す軟鉄鍛造『KP-105』

  • レーザー&GPSのハイブリッド距離計『SL2』で山本茉央がコース攻略