• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • フェース以外カーボン! ブリヂストン『B3』ドライバーを試打

    大矢晃弘
    1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。 中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。 ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。 自分が発信する記...
    SNSでシェアする
    ブリヂストンスポーツは、昨年投入した『B1』、『B2』に続く第3のモデルである『B3 DRIVER』を7月29日に発売する。そこで一早く同モデルを試打した。

    フェース以外カーボン構造!2種類の『B3』

    ブリヂストン B3 ドライバー 今作の特徴は、フェース以外のボディをオールカーボンにしている点だ。フレームがない一体成型構造にすることで余剰重量40gを生み出した。通常の余剰重量は平均20g程度だというから、約2倍ということになる。 今作は『SD』と『DD』の2種類のモデルを発売。2種類発売したのは、その余剰重量の配置場所を変えたことが理由だ。『SD』は「ストレートドライブ」の略称で、ウエイトをバックフェースの内部に配置。それにより、慣性モーメント縦横合わせて9000g・㎠以上を実現し、ストレートな弾道が出るようにしたという。 一方、『DD』は「ドロードライブ」の略称で、ウエイトをヒール内部に配置。重心アングル35度を超える構造にすることで、フェースが返りやすくしドロー弾道が出やすいようにしたとか。 特筆すべきは2種類のヘッド形状を一切変えず、あくまでも内部のウエイトの配置位置のみで違いを出した点。この辺りは近年の複数タイプ同時発売のトレンドにおいては珍しい。 共通構造としては、同社の定番になっているフェースの面の高初速エリアを広げる『SP-COR』(サスペンションコア)の採用と、クラブ総重量280gという軽量モデルという点だ。 また、純正シャフトは40g台とこちらも軽量タイプをラインアップ。非力なゴルファーでもヘッドスピードを上げて飛ばせるような構造を狙っていることが分かる。

    【動画】低ヘッドスピーダーの記者が『B3』を試打してみた

    それでは本当に『B3』は低ヘッドスピーダーのゴルファーに恩恵をもたらすのか? ヘッドスピード38m/s、平均ドライバー飛距離185ヤードのGEW記者が『B3』の2モデルを試打した。

    スイング別にフィッティングできる3種類の軽量シャフト

    ブリヂストン B3 ドライバー 今作は「TENSEI BS Red 40」、「TENSEI BS Black 40」、「TENSEI BS White 50」の3種類の純正シャフトをラインアップ。 中調子のオーソドックスな「TENSEI BS Red 40」、先調子の軽硬「TENSEI BS Black 40」、元調子の重軟「TENSEI BS White 50」で、どれを選んでも同一価格。スイング特徴に合わせたシャフト選択と可変式スリーブにより、それぞれのゴルファーが求める弾道になりそうだ。
    この著者の記事
    超精密軽量シャフト『VANQUISH』シリーズに 30g台が登場
    2024年04月14日
    この著者の記事
    ショットからパターまで! 『ダイヤアームキーパー三角』の永井流活用法を山本茉央が試してみた
    2024年04月12日
    この著者の記事
    「飛んで止まる」は さらに進化したのか?NEW 「TOUR B X/XS」をコースで徹底試打
    2024年04月10日
    この著者の記事
    『ONOFF AKA』アイアンをライ角別試打! ゴルフ5のフィッターが徹底解説
    2024年04月08日
    この著者の記事
    販売店を総力取材! 『ハドラス』がゴルフ業界にもたらしたもの
    2024年04月05日
    → もっと見る