• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • スクエアな構えで真っすぐ打てるパター『Red9/9 White back』を坂本龍楠が解説

    大矢晃弘
    1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。 中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。 ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。 自分が発信する記...
    SNSでシェアする
    キャスコは10月7日、昨年投入した『Red9/9 White back』シリーズに新たに2モデルを追加発売した。『Red9/9』は、通称「アカパタ」と言われている同社のパターシリーズで、昨年『Red9/9 White back』としてモデルチェンジし、先行して「ブレード型」と「ボックス型」が発売されていた。今回新たに「ワイドボックス型」と「ホーン型」が追加されたことで、好みに応じて4タイプから選べることになる。 そこで新宿御苑ゴルフスタジオ主催の坂本龍楠プロが『Red9/9 White back』の追加2モデルを試打。その特徴を解説する。

    【動画】Myパターvs『Red9/9 White back』で20球対決!

    今作の特徴は、赤と白の2色の組み合わせでヘッドのアライメントを見やすくすることで、真っすぐ構えられ、かつ真っすぐ打てるようにすることを狙ったモデル。そこで、坂本プロが同モデルがアマチュアゴルファーのストロークにどう寄与するのかを解説。後半では坂本プロとアマチュアゴルファーのGEW大矢がMyパターと『Red9/9 White back』を20球ずつ打ちカップイン率を比較。その模様を動画で観てもらいたい。

    構えやすさと転がりやすさが強化

    Red9/9 White back キャスコ 坂本 『Red9/9 White back』は、目標にしっかり構えやすく、真っすぐストロークできて、ボールも真っすぐ転がりやすいという特徴があります。追加された2モデルはヘッドサイズが大きくなったことで、その特徴がさらに強化されています。 アマチュアゴルファーは実は目標方向に真っすぐ構えられていないことがほとんどです。GEW記者の大矢さんも目標に対して右に構える癖がありました。癖は人それぞれですが、『Red9/9 White back』はそのエラーを補正してくれる構造になっています。 Red9/9 White back キャスコ 構えやすさの理由は、ヘッドに縦と横のアライメントが沢山施されていることと、シャフトのネック部分がトップラインを境に赤と白に色分けされている点にあります。極端なハンドファーストやハンドレイトで構えてしまうとどちらかの色が消えてしまうので、両方の色が見えるようにすることで正しいアドレスの目安になります。 またヘッド後方が白く塗装されており、アライメントが赤になっているので、より平行と垂直が取りやすい効果がありそうです。

    パターもロフトを立てることが重要

    坂本 私は生徒さんへのレッスンで、パターもロフトを立てて打つことが重要だと教えています。皆さん意外とパターでもすくい打ちの傾向があるんですね。短い距離を打つクラブなので気付きにくいのですが、すくい打ちすることでロフトが寝てボールにヒットしてしまい、力が逃げて転がりが悪くなってしまいます。一方、転がりの悪さを補正するために極端に上からボールにぶつけるような打ち方を意識して、構えが歪んでしまう方も見受けられます。 Red9/9 White back キャスコ その点、『Red9/9 White back』はロフト1.5度と、一般的なパターの3度程度と比べてロフトが立っていますので、すくい打ちを補って、プロのような転がりの良い球が打てるような構造になっていると言えそうです。 それと、『Red9/9 White back』シリーズはセンターシャフトになっています。センターシャフトは難しいと思っているゴルファーも多いですが、シャフトの延長線上に芯があるわけなので、シンプルに棒をボールにぶつけていくイメージを持てれば打ちやすいですし、シャフトがフェースセンターにあることでシャフト軸を中心にフェース面を開閉しようという動きになりにくいのです。より真っすぐ手を動かしていくストロークがしやすいと思います。

    それぞれの対象ゴルファーは?

    坂本 「ワイドボックス型」はヘッド重量もあり慣性モーメントも大きいので小さなバックスイングでも球が転がってくれますので、バックスイングをゆったりして、ストロークで打つ方に向いています。一方、「ホーン型」はわりと重心が浅く感じますので、小さめにヒットしていく方はロフトを立てて打ちやすいと思います。 基本的には真っすぐ構えて、真っすぐ打ちやすいというコンセプトなので、4タイプを打ち比べて自分に最適なものを選んでいただければと思います。  
    この著者の記事
    スイングを変えず、ヘッドを変えず シャフトで飛距離が変わる 『VULCANUS』
    2024年04月18日
    この著者の記事
    インパクトエネルギーを最大化! 永井流『ダイヤインパクトバッグ』活用法を山本茉央が試してみた
    2024年04月15日
    この著者の記事
    マレットパターの完成形 スコッティ・キャメロンから最新モデル登場
    2024年04月14日
    この著者の記事
    超精密軽量シャフト『VANQUISH』シリーズに 30g台が登場
    2024年04月14日
    この著者の記事
    ショットからパターまで! 『ダイヤアームキーパー三角』の永井流活用法を山本茉央が試してみた
    2024年04月12日
    → もっと見る