• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • リョーマの『MAXIMA U』と10球対決! マイユーティリティよりもホントに飛ぶのか?

    大矢晃弘
    1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。 中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。 ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。 自分が発信する記...
    SNSでシェアする
    リョーマゴルフは9月、累計販売数5万本の前作を8年振りにフルモデルチェンジしたユーティリティ『MAXIMA U』(マキシマU)を発売した。今作はドライバーのぶっ飛び構造をそのままユーティリティにしたという意欲作。 そこで同製品をGEW記者の2人がマイクラブとガチンコ10球対決。ティーチングプロの常住充隆氏が解説する。

    【動画】GEW記者2人が『マキシマU』とガチンコ10球対決

    リョーマゴルフの試打会は、ナイスショットもミスショットも含めてマイクラブとガチンコ比較をする点が特徴だ。そこで、アマチュアゴルファーを代表してGEW記者2人がマイユーティリティと『マキシマU』で真剣10球勝負をした。まずはその模様を動画で観てもらいたい。

    ガチンコ対決結果【室井】

    リョーマゴルフ マキシマU まずGEW室井は平均スコア70台でドライバーの平均ヘッドスピード50m/sのハードヒッターだ。以下のスペックで試打をした。 ■マイクラブ:4U ■マキシマU:4U/標準シャフト(S) その結果は以下の通りだった。マイクラブは白、『マキシマU』はオレンジで色分けしている。
    リョーマゴルフ マキシマU GEW室井比較データ
    常住 上級者ゴルファーの室井さんは、縦距離がバラつくことはほとんどなく、どちらかというと横距離をどれだけ合わせていけるかで勝負していると思います。ハードヒッターですので左へのミスを懸念することが多いと思うので、カット軌道で右に逃がしてから左に戻していくという攻め方が多いのではないでしょうか。 その観点で考えると、マイクラブの方は右に打ち出したまま戻ってこないという結果だったのに対して、『マキシマU』の方はセンターにほぼ戻ってきているのが分かります。室井さんのヘッドスピードを考えると、標準シャフトのSはおそらくロースペックだったと思いますが、振れる方にもしっかりついてきてくれるのが今作のシャフトの特徴です。 そのシャフト特徴が奏功し、飛距離もマイクラブの220ヤード前後に対し、『マキシマU』は230ヤード付近に着弾しています。中には1球250ヤード飛んでいる球もあったのは驚きました。高さと方向性も揃っているので、『マキシマU』の方が好結果が出たということになるでしょう。

    ガチンコ対決結果【大矢】 

    一方、大矢は典型的なアベレージゴルファーで、平均ヘッドスピード38m/sと男性にしては飛ばない方だ。スペックは以下を試打をした。 ■マイクラブ:4U ■マキシマU:4U/ビヨンドパワー その結果は以下の通りだった。マイクラブは赤、『マキシマU』は緑で色分けしている。
    リョーマゴルフ マキシマU GEW大矢比較データ
    常住 大矢さんはシャフトの縦軸の動きが多い、典型的なアベレージゴルファーのスイングです。トップオブスイングからインパクトまで縦の動きが多いので、いわゆるトゥダウンになりアタックアングルがアッパー目に入る傾向があります。そうなるとクラブが手前から入り過ぎてしまい飛距離もロスしてしまいます。実際にダフリやトップなどのミスヒットが何球か見受けられました。 ただ結果を見ると、ミスヒットした球も意外と飛距離ロスをしておらず、しっかりと打ち出しが取れていることが分かります。マイクラブ、『マキシマU』共に、大幅に曲げてしまっている球が1球ずつありましたが、全体的な平均飛距離と着弾点の安定感も『マキシマU』の方が好結果になっています。このことからもダフリやトップなどのミス、そしてレベルブローのゴルファーでもしっかりと球を上げ、飛距離も稼いでくれるのが『マキシマU』の特徴だと言えます。 大矢さんは実際のゴルフ場でも2打目が170ヤード以上残ることが大半だと思いますが、フェアウェイウッドで狙うのはリスクが大きい。その点、『マキシマU』ほどのミスヒットへの寛容性と飛距離があればユーティリティで無理せず2打目を打っていけます。アベレージゴルファーにはかなり武器になるクラブだと思いますね。
    この著者の記事
    飛んで止まるは当たり前 タイトリストから『プロV1x レフトダッシュ』新登場
    2024年02月14日
    この著者の記事
    しっかりとした振り抜きと強弾道を実現 『Diamana WB』ゴルフシャフト
    2024年02月13日
    この著者の記事
    2種類の速度を練習できる! 3パット撲滅パターマットを解説
    2024年02月11日
    この著者の記事
    2サイズのスリーブで理想の弾道に SYB『EZ/915』フェアウェイウッドを徹底試打
    2024年02月09日
    この著者の記事
    3サイズのスリーブで脱・セッティング迷子 SYB『EZ/915』ユーティリティを徹底試打
    2024年02月07日
    → もっと見る