1. 注目記事
  2. ギア評価

ウィン グリップ プロ Xを徹底検証! その評価は?

ギア評価 吉村真
WINN グリップ WINN プロ X

永井延宏プロがWINN グリップ WINN プロ Xを徹底検証! その評価は?

1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

チェックポイント

  • 使うパターヘッドはシャープか、大型か?
  • 右手、左手の仕事量でサイズを選ぶ
  • 流行のパッティングスタイルならミッドサイズ

ヘッド形状、ヘッドからの情報取得量で選べる4サイズの『ブロッサム/WINN PRO X』

ブロッサム WINN グリップ WINN プロ X

まずは見た目がビビットで、デザイン性に富んでいますね。

最初に試打したのが、スタンダードサイズです。スタンダードサイズはピストル形状が一番分かり易い形状で、左右の手の仕事の役割が違います。

左手の握る部分がやや細身で、左手で支えて、右手でストロークするゴルファーに最適。また、ヘッドサイズはコンパクトでフィーリングを感じやすいようなヘッド形状のパターに装着することで、インパクト時の打感、振動を感じながらストロークできるグリップです。

 

次にミッドサイズです。ミッドサイズもピストル形状ですが、サイズアップしたことで側面のアーチが緩やかになります。それによって左右の手のフィーリングの違いも少なくなってくるサイズです。

このグリップではスタンダードサイズのグリップより、ヘッドサイズの許容範囲が広くなります。具体的にはマレット形状のパター、フェースバランスのパターなどにもマッチします。

また、グリップ側面の左右形状に差異が無いことで、クロスハンドやクロウグリップなど、最近トレンドのグリップにも対応するでしょう。

 

次にオーバーサイズです。オーバーサイズからグリップ正面のフラット度合いが強くなりますね。

スクエア感も強調されており、手元の情報(面や線)を感じやすい形状ですので、ラインを出す、フェース面をコントロールするなどパターの方向性の操作を、手元の情報で行いたいゴルファーにとって、オーバーサイズの形状が生きてくると思います。

 

最後にウルトラビッグサイズです。オーバーサイズを大きくしたグリップですが、このウルトラビッグサイズは太・軽なグリップです。もちろん、フラットな面を感じますので、オーバーサイズと同様に手元の情報でパターをコントロールする。それに加え、距離も手元の情報で操作するグリップという位置づけですね。

総合的には、ターゲットとなるゴルファー、使うパターが明確で、フィッティングしやすいグリップです。

商品データ

4月下旬、ウィングリップの日本代理店であるブロッサムは2013年に発売した『WINN PRO X』に新色・新サイズを追加した。

『WINN PRO X』は、「より速いグリーン、より少ないストロークアクション」との考えから、数多くのツアープロを指導してきた世界No.1コーチのブッチ・ハーモン氏と共同開発したモデルで、太グリップ・ノンテーパー形状というのが特長だった。

今回の追加ラインアップは、形状もピストル型になった。サイズは、スタンダード(M8-WPX/55g±2.5g)、ミッドサイズ(68-WPX/74g±3.5g)、オーバーサイズ(78-WPX/75g±3.5g)、ウルトラビッグサイズ(J8L-WPX/53g±2.5g)と4モデルを用意。

素材はDRY-ETXを採用して全天候対応型で、吸着力と滑り防止パフォーマンスを提供し、ショック吸収性を携えた柔らかく、クッション性の高い手触りが特長。さらに、形状的にはピストル形状に加え、グリップ正面がよりフラットになり、ターゲットに合わせやすい形状になっている。

■価格
スタンダードサイズ:3800円
ミッドサイズ:3900円
オーバーサイズ:4100円
ウルトラビッグサイズ:4800円

商品のお問い合わせ ブロッサム

TEL:03-5470-1582
http://www.blossom-trade.com


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

WINN グリップ WINN プロ X

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 最長飛距離でギネス認定!『The Roots Jin』ドライバーを徹底解説

  • 老舗軟鉄鍛造アイアン『TAKUMI JAPAN』初心者から上級者まで選べる3タイプを永井プロが試打!

  • 『ミズノプロ 920』アイアン登場 「ミズノなのに、やさしい」 原英莉花「いー球です」

  • 一人二役パターTAKUMI JAPAN『TF-01 MIRAI』を最新解析センサーを使って検証する

関連記事

  • 顧客満足度を高めたグリップ交換会の成功事例

  • はしご型のグリップはソフトに握れてミス軽減?『LADAR GRIP(ラダーグリップ)』を永井プロがテスト!

  • ゴルフプライド『CP2™』の柔らかさが凄い! ケガや故障、シニアゴルファーにも最適!?

  • パーフェクトプロのグリップで85歳が199ヤード 「高齢者の手指にとても優しい」

  • グリップ交換でスコアアップ 性能差競う各社の実力を検証

  • ウィングリップのウッド&アイアンモデル DRI TAC PRO(ドライ タック プロ)を永井プロが検証