1. 注目記事
  2. 鹿島永悟のベンチャー起業家とゴルフの絶妙な関係

若手IT社長ゴルフにハマる 合同会社リユニオン長谷川公希社長

鹿島永悟のベンチャー起業家とゴルフの絶妙な関係 鹿島永悟

今回のゲストは合同会社リユニオンの長谷川公希社長である。同社はウェブサイトの企画制作と広告配信をワンストップで請け負うことで小回りの効くサービスを提供している。長谷川社長が長いブランクを経てゴルフを再開するに至った経緯とゴルフに対する心構えについて伺った。

この記事は弊誌月刊ゴルフ用品界(GEW)2019年1月号に掲載した記事をWeb用にアップしたものです。なお、記事内容は本誌掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。
月刊ゴルフ用品界についてはこちら

ハワイで飛ばしに目覚める

鹿島 はじめてゴルフをしたのはいつになりますか?

長谷川 小学校低学年の時です。旅行先の軽井沢で両親と回りました。その後も旅行先で数回ゴルフをしました。

鹿島 本気でゴルフに取り組んだのもその頃ですか?

長谷川 本格的に始めたのはハワイに留学してからなので、10才の頃です。

鹿島 ハワイではゴルフ部に?

長谷川 ゴルフ部のない学校でしたので、地元のレッスンプロから教わりました。学校が終わった後にハーフ回りながらレッスンを受けてました。

鹿島 レッスンはどれくらいの頻度で?

長谷川 週3くらいのペースです。プレー代はローカル価格で回れたので、ハーフ回って20ドルくらいでした。

鹿島 ゴルフは面白かったですか?

長谷川 面白かったのですが、まだ幼かったのでゴルフの本来のコンセプトが見えておりませんでした。

鹿島 ゴルフ本来のコンセプトとは?

長谷川 ゴルフはカップに何打で入れるかを競うスポーツですよね。本来なら戦略、戦術を駆使していかにスコアを縮めるのかを考えるべきなのですが、当時の私は違う方向を見ておりました。

どれだけ遠くへ飛ばせるかにこだわっていたのですよ。ドラコンの選手を目指すのならそれでいいのですが(苦笑)

鹿島 堅実なプレイに定評のある長谷川さんにも、そんな時代があったのですね。

ボストンでゴルフと途絶

長谷川 飛ばしに目覚めたのですが、ボストンの高校に入学してからはゴルフと触れ合う機会がまったくなくなりました。

鹿島 ボストンは寒いから?

長谷川 そうですね。そもそも一年の半分くらい雪が積もっているような地域ですから。

ボストンではバスケに夢中になり、ゴルフは頭の片隅に追いやられました。

鹿島 その後、大学や就職先でゴルフをやる機会はありましたか?

長谷川 まったくありませんでした。鹿島さんと仕事の打ち合わせをした時に、ゴルフの話になったので久しぶりにやってみたいという気持ちになりました。

12年ぶりのゴルフ

鹿島 では、私と千葉国際カントリークラブに行った時は冗談抜きでハワイぶりのゴルフだったのですね。

長谷川 そうです。12年ぶりのゴルフでした。

鹿島 だから、大ベテランのご年配の方が使うような道具だったのですね(笑)

長谷川 ええ、中学生時代で時が止まってますから。一応説明しておきますと、ドライバーはタイトリストのチタニウムで、当時タイガー・ウッズが使っていたのと同じモデルです。アイアンはアニカ・ソレンスタムが使っていたキャロウェイのスティールヘッドX‐14です。

鹿島 なるほど、(当時の)世界トッププレイヤーと同じ道具を振っていたのですね。

長谷川 けっきょく最新のテクノロジーを前にして道具は最新モデルに買い換えましたけどね。プレイスタイルも昔とは変わりました。今は、仕事関係の人からゴルフに誘って頂くことが多いので、極力ミスのないゴルフを心がけています。大叩きして進行が遅れたら、周りに気を遣わせてしまいますからね。

鹿島 常に周りへ配慮する長谷川さんの性格がゴルフにも出ていますね。

長谷川 実際にゴルフ場に行くと自分のプレーのことで精一杯になって、反省することも多いのですが…。ゴルフはミスが続いた時とか疲れた時とか、状態が悪い時に人間の本質が出ると思うんですよ。疲れても雑にならなかったり、常に冷静なコースマネジメントが出来ている人を見るとすごく勉強になります。

鹿島 たしかにゴルフはメンタルが鍛えられますね。

長谷川 ゴルフは自分との戦いで、メンタルによってパフォーマンスが大きく変わるので、ビジネスにも通ずるものがあると思います。自分がどんな状況におかれても、一定値以上のパフォーマンスを発揮するメンタルの持ち方は、ゴルフでもビジネスでも大事だと思います。

ゴルフはパソコン作業と相性がいい

鹿島 今は月に何回くらいゴルフに行きますか?

長谷川 だいたい月に1〜2回くらいです。蓋を開けてみたら思ったよりも周りにゴルファーがいて誘って頂いてます。

鹿島 練習場にはどれくらいの頻度で?

長谷川 平日は仕事でなかなか時間が取れないのですが、ゴルフの入ってない週は土日に打ちっ放しに行きます。木場町のフジゴルセンターまで自転車ですぐなので、パソコン作業の合間にちょっと打ちに行ったり。

鹿島 ずっとパソコンを凝視していると眼精疲労になるから、打ちっぱなしで遠くのボールを見るといいですよね。

長谷川 凝り固まった肩もほぐれますしね。ゴルフはパソコン作業と相性がいいと思います。

鹿島 「ゴルフはパソコン作業と相性がいい」これ格言ですね。

私のNEWギア速報


今回のゲストである長谷川さんは先日、ドライバーとユーティリティを新調したとのこと。

「以前のドライバーはそれなりに思い入れがあったのですが、最新モデルを試打した時に、その性能差に圧倒されて即購入しました」と、長谷川さんは語る。

ヘッド体積の小さな昔のドライバーと比べて、最新のドライバーはミスヒットに対する許容範囲が広がっているのは紛れもない事実だ。

「今までだったら完全にミスショットの当たりでも、それなりに曲がらずに飛んでくれるので安定度が格段にアップしました」

長谷川さんが購入したのはキャロウェイのROGUEドライバー。同じタイミングでROGUEユーティリティも購入したのだとか。

往年の名器と最新モデルが混同するキャディバッグは実に趣深い。

■プロフィール
鹿島永悟(EIGO KASHIMA)
WEBディレクションジャパン代表取締役。東証一部上場企業から弁護士法人に宗教法人まで幅広いクライアントを持つインターネット集客の専門家。2017年10月より、クラウド顧問コンサルティングにてインターネット戦略の顧問として参画。ゴルフは2017年2月19日にデビュー。ベストスコア101と目下奮闘中。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。

長谷川公希
(KOUKI HASEGAWA)
1988年 東京生まれ、アメリカ育ち。ハワイの私立学校からボストンの高校へ進学。帰国後、上智大学を卒業後、デジタルハリウッド大学に通う傍IT企業の役員として活躍。その後、コンサルティング会社、ベンチャー企業を経て合同会社リユニオンを設立。これまで金融機関、不動産会社、製薬会社、レコード会社などの広告キャンペーンを成功に導く。ベストスコア92。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

鹿島永悟

鹿島永悟

WEBディレクションジャパン代表取締役。東証一部上場企業から弁護士法人に宗教法人まで幅広いクライアントを持つインターネット集客の専門家。2017年10月より、クラウド顧問コンサルティングにてインターネット戦略の顧問として参画。ゴルフは2017年2月19日にデビュー。ベストスコア101と目下奮闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 若手IT社長ゴルフにハマる 株式会社アドメディカ川村和裕社長

  • 若手IT社長ゴルフにハマる 株式会社シーラ湯藤善行社長

  • 若手IT社長ゴルフにハマる ソフトコミュニケーションズ株式会社秋葉薫社長

  • 若手IT社長ゴルフにハマる 合同会社リユニオン長谷川公希社長

関連記事

  • 若手IT社長ゴルフにハマる 株式会社アドメディカ川村和裕社長

  • 若手IT社長ゴルフにハマる 株式会社シーラ湯藤善行社長

  • 若手IT社長ゴルフにハマる ソフトコミュニケーションズ株式会社秋葉薫社長

  • 若手IT社長ゴルフにハマる 株式会社ジョイプロジェクション福田哲也社長

  • 若手IT社長ゴルフにハマる 株式会社メイクボディ岸本清彦社長

  • 若手IT社長ゴルフにハマる StockSun株式会社株本祐己社長