1. 注目記事
  2. エイジシュート21回の塩じいが語る

進化した技術でぶつかり合う今年のライダーカップ

エイジシュート21回の塩じいが語る 塩田正
進化した技術でぶつかり合う今年のライダーカップ

ボールを打たずに2ヶ月半が過ぎた。新型コロナウイルスの感染を抑える3密を忠実に守ったのと、この感染症の恐ろしさも理由の一つだ。

アメリカツアーも日本のツアーも中止になった。いつもならTVに見入っているのに、毎日の過ごし方が大きく変わってしまった。退屈しのぎに古いアメリカのゴルフ雑誌を読んでいたとき、ライダーカップの戦績に目が止まった。

ライダーカップが、イギリス対アメリカの対抗戦で始まったのは、1927年のアメリカ大会(マサチューセッツ州ウォーセスターCC)からで、1年おきの開催だ。第1回大会から両陣営の熱戦で盛り上がった。選手が18番グリーンに上がってくるたびに、大きな歓声が沸き起こる。

そのライダーカップは、新型コロナウイルスの感染が収まれば、今年は9月25日からアメリカのウィスリングストレイツCC(ウィスコンシン州)で行われる。実現すれば世界のゴルフ界再興へ、大きな弾みになるに違いない。 

アメリカの勝利から始まった対戦は、4回大会まで交互に2勝2敗で進み、その後のライダーカップ戦に大きな期待を残してのスタートとなった。

しかし、続く1935年大会から1955年(1935、1941、1943、1945年の大会は中止)まで、米チームは7連勝と勝ち進んだ。次の1957年はイギリスに敗れたものの、その後の1959年からもアメリカの連勝が始まり、1983年まで13連勝。あまりのことにイギリス陣営は、1973年から新しくアイルランドを加えたが、アメリカの勢いを止めることはできなかった。

勝てないイギリスの弱点

なぜイギリスは、アメリカに勝てなくなってしまったのか。

1966年、米ゴルフ雑誌にイギリスがライダーカップに勝てない原因として、アメリカツアープロ出身の評論家ビクター・イーストが、それは両チームのスウィング技術の差にあるとして、その記事を掲載している。興味深いポイントなので、比較している内容の一部をご紹介しよう。

バックスウィングスタート

  • (米)両腕と体を一体にして、クラブフェースをスクエアにキープしながらテークバック。
  • (英)両前腕を右へ回しながらオープンフェースでスタート。

ダウンスウィング

  • (米)スクエアフェースのまま、ボールへ振り下ろす。目標へ低く長く、自然の動きで振り抜く。
  • (英)両腕を捻り戻して、スクエアなフェースにしてインパクト。

インパクト

  • (米)両手首を返さず、両腕を伸ばしたまま高いフィニッシュへ。
  • (英)インパクトでは、手首を返して、左手の上に右手が重なる動きで打つ。低いフィニッシュ。

これが米・英のスウィング技術の比較のほんの一部である。

この時点でアメリカの手首を制御し、ボディターンとスウィング軌道を重視した打ち方に対して、オープンフェースのバックスウィングから、ダウンスウィングでは再びスクエアに戻すリスト中心の打法という、英国型の打ち方の差が浮かび上がる。

やはり「遠く、正確に」という永遠の目標に近づくという点では、アメリカが一歩も二歩も先行している感じが否めない。

こうした分析の結果で「この差がライダーカップに現れた」とV・イーストは発表したのである。

進化を続けるアメリカ打法

またアメリカのプロゴルフ協会は、1972年にレッスンの教科書として「METHODS OF TEACHING」を発表。その中でスウィングをモダンタイプとクラシックタイプの二つに分け、進化前と進化後のスウィング分析を行っている。

指導者たちに技術の進化を理解させ、レッスンに際して正しい方向性を指示したものとみられる。ここでは新旧57項目について対比させているが、その幾つかを取り上げてみよう。

バックスウィング

  • (新)極端に少ない両脚の動き。
  • (旧)両脚はテークバックとともに右へ回して、回転を助ける。

トップ オブ スウィング

  • (新)シャフトが飛球線と平行。
  • (旧)シャフトが目標の右に向いて、飛球線と交差する。

ダウンスウィング

  • (新)両肩をトップの位置に残し、下半身を左へ平行に移行。
  • (旧)体重移動よりも両腰をほぼその場で回転。

この対比を見ると1966年のビクター・イーストの研究発表よりも、さらに進化した内容が読み取れる。

例えばバックスウィングの新しい方法では「両脚の動きを少なく」とあるが、これなどは進化した現在の「下半身を止めて上体を捻ることによって、コイルの強さをアップさせる」という基本につながる動きといえる。

このことはまたトップで両手が高く上がりすぎ、ミート率に問題を残すロングスウィングから、より正確さを求めるショートスウィングへ道を開くポイントになったとも考えられる。

ライダーカップは米国対欧州連合になった1979年から前回の2018年まで、欧州12勝、アメリカ8勝という結果を残している。さすがに多国籍の前には、アメリカも苦戦かと見える。

だが、近年ではゴルフもグローバル時代を迎え、イギリスを始め欧州の選手たちも米ツアーに参加。アメリカの新技術に追いつけ、追い越せと、技を磨く機会が多くなった結果とも考えられる。技術革新への道は年々激しくなる一方だが、日本も遅れてはならない。


この記事は弊誌月刊ゴルフ用品界(GEW)2020年7月号に掲載した記事をWeb用にアップしたものです。なお、記事内容は本誌掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。

月刊ゴルフ用品界についてはこちら


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

進化した技術でぶつかり合う今年のライダーカップ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

塩田正

塩田正

昭和7年、千葉県生まれ。昭和31年東京教育大学(現筑波大学)体育学部卒業。体育心理学専攻。同年(株)ベースボールマガジン社入社。ゴルフマガジン誌編集長を経て独立。会社役員、短大講師を兼ねながらゴルフライターとして活躍。

最高のハンディは5。現在は14。ベストスコア69。アルバトロス1回。ホールインワン4回。エージシュート21回(平成29年1月現在)。著書「ゴルフ“死ぬまで”上達するヒント」(ゴルフダイジェスト社)ほか多数。日本ゴルフジャーナリスト協会顧問。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 進化した技術でぶつかり合う今年のライダーカップ

  • 球聖ボビー・ジョーンズと固い信頼関係を結んだ幻のパター

  • 日本人は喧嘩下手と言われているが

  • 明らかに変わった米プロのクラブセッティング

関連記事

  • 球聖ボビー・ジョーンズと固い信頼関係を結んだ幻のパター

  • 日本人は喧嘩下手と言われているが

  • 明らかに変わった米プロのクラブセッティング

  • ダメージコントロールがシニアのゴルフ離れを救う

  • 両腕のドロップが切り返しを易しくする

  • ボールの下を薄くさらっていく打法