• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • アコーディア・ゴルフ、MBKP ResortによるTOBに賛同し上場廃止へ

    編集部
    SNSでシェアする
    アコーディア・ゴルフは11月29日に開催した取締役会において、株式会社MBKP ResortによるTOB(株式公開買付け)に賛同の意見を表明。加えて、アコーディア・ゴルフの株主に対し、本公開買付けへの応募を推奨することを発表した。 また、同取締役会決議は、MBKP Resortが本公開買付け及び、その後の一連の手続きを経て、アコーディア・ゴルフを完全子会社化することを企図。同社普通株式が上場廃止となることを前提としている。 なお、TOB買付け価格は普通株式1株につき1210円。買付け期間は、平成28年11月30日から平成29年1月18日迄。買付け予定株数は、同社が東証一部に上場している発行済み株式のうち、所有する自己株式を除いた普通株式のすべて(7050万4567株)を上限とし、4700万3100株(所有割合66.67%)を買付け予定数の下限と設定。応募株券などの合計が買付け予定数の下限に満たない場合は、全部の買付けなどを行わないとのこと。 アコーディア・ゴルフは現在、国内ゴルフ場135コース(保有数42コース、運営受託93コース)、ゴルフ練習場27カ所(保有数22カ所、運営受託5カ所)を運営。ゴルフ場の運営数及び年間の来場者数に関しトップクラスであるものの、昨今のゴルフ産業におけるゴルフ人口の減少、プレー単価の下落など、厳しい市場動向に直面していると認識。そのため、「運営コースの拡大に向けたゴルフ場・練習場の買収の加速」、「ゴルフ場運営のクオリティの更なる向上などによるブランド価値向上」、「海外ゴルフ場の買収・アライアンスの構築」、「今後拡大が見込まれるインバウンド需要の獲得」などに向けた対応が急務と考え、今回のTOBに賛同。 上場会社として株主還元策または、短期的収益の実現のためにキャッシュ・フローを振り向けるよりは、柔軟にそれを活用できる体制及び資金調達手段を確保したうえで、中期的な観点からの投資を実施。再成長のチャンスを狙う。 公開買付者の概要は以下の通り。 1、名称 株式会社MBKPResort 2、所在地 東京都港区赤坂一丁目11番44号 3、代表者の役職・氏名 代表取締役 加笠 研一郎 4、事業内容 アコーディア・ゴルフの株券等を取得及び所有することを事業の内容するもの 5、資本金 25,000円 6、設立年月日 平成27年6月15日 7、大株主および持株比率 Midori Development Company Designated Activity Company 100% 問い合わせはアコーディア・ゴルフへ、03‐6688‐1500(代表)。
    タグ
    アコーディア・ゴルフ