1. 住友ゴム工業が海外DUNLOPブランド事業を買収

住友ゴム工業が海外DUNLOPブランド事業を買収

人事異動・移転など ダンロップスポーツ
この記事は約 3 分で読めます。 234 Views

住友ゴム工業は12月27日、英国スポーツダイレクトインターナショナル社(SDI)から、海外のDUNLOP商標権とDUNLOPブランドのスポーツ用品事業およびライセンス事業を買収することについて合意したと発表した。買収金額は約161億円。なお、事業買収後の運営は、住友ゴムとそのスポーツ事業子会社であるダンロップスポーツが共同で設立する新会社、ダンロップインターナショナルが行っていく。

住友ゴムがSDIから買収するDUNLOPブランド事業は、以下の通り。

①DUNLOP商標権
<タイヤ>
住友ゴムの拠点があるタイ、インドネシア、南アフリカなど86カ国で使用権者(ライセンシー)から所有権者(ライセンサー)へ※現状のビジネスについては影響なし
<スポーツ/産業品>
テリトリー:全世界(すでに住友ゴムグループが商標権を所有している日本・韓国・台湾を除く)
商品:既ライセンシーがいない限り、全ての商品に拡大

②DUNLOPブランドのスポーツ用品事業
スポーツ用品の製造・販売(すでに住友ゴムグループが商標権を所有している日本・韓国・台湾を除く)

③DUNLOPブランドのライセンス事業
ウエア、シューズ、バッグ、メガネ、時計、傘など(すでに住友ゴムグループが商標権を所有している日本・韓国・台湾を除く)

この買収により、住友ゴム工業はタイヤ事業では欧米やインド、豪州などを除き全世界のDUNLOP商標権の所有権者となった。また、スポーツ事業と産業品事業では、今後は全世界でDUNLOPブランドの商品を展開できることになった。さらに、SDIが行っているDUNLOPブランドのスポーツ用品を製造・販売するスポーツ用品事業とDUNLOPブランドのライセンス事業も行っていく。

ダンロップスポーツは従来、日本・韓国・台湾を除く地域でDUNLOPの商標権が使用できなかったが、今回のSDIとの合意により、欧米などの主要市場でも現行のSRIXONブランドに加えて、DUNLOPブランドも使用できるようになる。それをどうビジネスに活用していくのか、今後のブランド展開にも注目が集まる。

スポーツダイレクトインターナショナル社の概要

所 在 地:英国、シェブルック市
売 上 高:29億ポンド(約4,205億円、2016年4月期)
事業内容:スポーツ用品小売事業、スポーツ用品ブランドのライセンス事業
従業員数:約2万9000名

ダンロップインターナショナル㈱の概要(2017年上半期に設立予定)

所 在 地:神戸市中央区脇浜町3-6-9
資 本 金:60億円
株主・持株比率:住友ゴム 66.7%、ダンロップスポーツ 33.3%

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

  • ゴルフ場設計家の加藤俊輔氏が逝去

  • 渡辺製作所 ソケットカタログ 2018

  • ダンロップスポーツマーケティング、役員選任のお知らせ

関連記事

  • 写真で振り返る新製品発表会 ダンロップスポーツ「ゼクシオ10」

  • 住友ゴム工業、役員異動のお知らせ

  • アーニー・エルスがゼクシオのブランド大使に就任

  • 住友ゴム工業 川松英明スポーツ事業本部長 年頭所感

  • ゴルフ5で横峯さくらがゼクシオ10のトークショー

  • 【検証】ダンロップのシャフトフィッティングでスライス癖は直せるのか