1. ゴルフ業界通信
  2. 人事異動・移転など

ミスター・テーラーメイドが本間ゴルフの常務に

人事異動・移転など 片山哲郎

テーラーメイドゴルフ日本法人でマーケティングディレクターを務めていた菱沼信之氏(36)が11月1日、本間ゴルフの常務執行役員に就任した。

アディダスの子会社だったテーラーメイドは米投資ファンドに売却され、10月にテーラーメイドとアディダスゴルフが分離された。これを機に菱沼氏はテーラーメイドを退職し、ホンマから声が掛ったという経緯である。

当初、この重役人事はホンマの世界戦略と密接に関係していると思われた。中国系資本のホンマは昨年10月、香港市場へ上場(本間ゴルフリミテッド)し、その流れで世界最大の北米市場に本腰を入れているからだ。

テーラーメイド出身の菱沼氏は米国駐在が長く、その経験を生かして海外戦略を担うと思われたが、実際には「本職」のプロダクトマーケティングで能力を発揮していくもよう。

ホンマとテーラーメイドは「職人集団」と「技術革新」といったように、企業体質は対照的だが、双方を融合させることにより相乗効果につなげたい構え。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山哲郎

片山哲郎

1962年8月3日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の代表取締役社長兼編集長として、ゴルフ用品産業及びゴルフ界全般の動向を取材、執筆。2014年4月から3期6年、日本ゴルフジャーナリスト協会会長(現顧問)

ほかに武蔵野美術大学特別講師(ゴルフビジネス論)、インタラクティービ(J:COM)番組審議会委員、大学ゴルフ授業研究会理事、ゴルフ市場活性化委員会マーケティング委員(各現任)

信条は「人の至福は健康で長生きすることであり、これに寄与できるゴルフは『善』である。善なるゴルフ産業が健全発展するために、建設的な批判精神をもち、正確、迅速、考察、提言を込めた記事を書く」――。

この人が書いた記事  記事一覧

  • アコーディア元社長の竹生氏が「国内2000コースは生き残れる」と語る根拠

  • NGKとPGMが「握手」 二大ゴルフ場勢力がコロナで市場改革に意欲

  • 発売前に完売した「帝王」と「神の手」の合作 『ニクラウス・ミウラ』アイアン

  • ISPSが有観客で4試合 感染者が出たら「休業補償を出しますよ!」

関連記事

  • ツアープロの要求に応えた高い完成度「T//WORLD TR20 B アイアン」

  • テーラーメイド『SIM / SIM MAX』それぞれの違いは?M5、 M6からの進化は?

  • 本間ゴルフ『TW-X、TW-S』コスパ抜群のツアー系ウレタンボールを徹底検証

  • モノ&コトで挑戦するラグジュアリーブランド 本間ゴルフ『BERES』

  • テーラーメイド『SIM』『SIM MAX』発表 M5、M6からの進化は空力効率

  • 本間ゴルフ『XP-1』ドライバーのミート率を3球連続打ちで検証する