1. ヨネックス、「今期のゴルフは24・0%増を目指します」

ヨネックス、「今期のゴルフは24・0%増を目指します」

決算発表
この記事は約 2 分で読めます。 128 Views

セグメント別にみると、同社の屋台骨であるバドミントン用品の売上高は166億800万円(前期比4・0%増)、テニス用品が53億500万円(同5・0%増)で、ゴルフ用品は27億8400万円(同7・7%減)。ゴルフ用品減益の理由としては、震災の影響、安売り競争の激化、シニア層ゴルファー向けクラブの不調などを挙げた。
 
同社は今期の見通しについて、需要の回復ペースは緩やかなものに留まり、当面は厳しい市場環境が続くものと予想しながらも、売上高390億円(前期比4・0%増)、営業利益15億円(同21・2%増)、経常利益15億6000万円(同10・7%)、当期純利益7億6000万円(同30・3%増)と予測。特筆はセグメント別にみたゴルフ用品で、前期比24・0%増と予測。米山勉社長は、
 
「具体的には、ウエアやジュニアクラブが好評なことに加え、先頃投入した『ロイヤルイーゾーン』、『イーゾンSD』の好調な滑り出し、シャフトメーカー確立への手応えなどが挙げられます。また、『EZONE』2代目モデルを年内に投入する予定です。このような理由からの24・0%増です」
 
と強気のコメントを残した。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • Kasco 2018 – キャスコWebカタログ

    • 写真で振り返る新製品発表会 キャロウェイ「ローグ」

    • Bridgestone Golf 2018 春夏 – ブリヂストンゴルフ Webカタログ

    • 写真で振り返る新製品発表会 ダンロップスポーツ「ゼクシオ10」

    関連記事

    • ミズノ、平成29年3月期第2四半期は増収減益、ゴルフは欧州以外苦戦

    • ミズノ、平成28年3月期第1四半期は仕入為替で増収減益、ゴルフは昨対比増

    • ダンロップ、国内クラブ好調も円安コスト高で増収減益

    • ヨネックス、平成27年3月期決算を発表

    • 平和の完全子会社化で、さらなるM&Aの加速を示唆するPGM

    • ダンロップ、2015年第1四半期業績を発表