• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ダンロップ、『ゼクシオセブン』の販売鈍化で減収減益

    編集部
    SNSでシェアする
      大幅な減収減益について同社は、次のように説明する。「『ゼクシオセブン』はシェアNO.1を継続していますが、発売2年目の影響で日本国内のクラブが大きく減収となりました。ゴルフボールは増収となりましたが、ゴルフ用品、テニスも減収となり、全体で大幅な減収になりました」   減収の大きな要因となったゴルフクラブの販売は、前年比8%減の74億円。一方、ゴルフボールは15%増の31億円と健闘した。業界が新製品の売上に頼っている背景が、同社の数字に如実に表れたといえるだろう。   地域別の売上高を見ると、日本は前述の通り前年同期比15%減の77億円と苦戦だが、北米(2億円増の25億円)、欧州(2億円増の13億円)、アジア(5億円増の21億円)と海外は順調に伸ばした。   「北米はゴルフ用品市況は堅調でしたが、当社は減収となりました。ゴルフクラブは『クリーブランド』ウエッジの新製品がシェアトップを奪還するなど微増でしたが、ゴルフボールが減収。アジアは韓国の増収が寄与しています。同国では新製品の『ゼクシオXD-AERO』ボール、『ゼクシオ』シリーズのクラブが順調に推移、特にゴルフクラブを中心に増収となりました」   同社が4月以降、どう巻き返しを図るか。新製品の投入や『ゼクシオセブン』のマークダウンの時期など、今後の動向に注目が集まりそう。
    タグ
    決算
    ゼクシオセブン
    ダンロップスポーツ