1. システム変更が寄与、ミズノ第3四半期は増益増収

システム変更が寄与、ミズノ第3四半期は増益増収

決算発表
この記事は約 2 分で読めます。 352 Views

主な要因は全リージョンでの増収、連結子会社の増加(スペイン現地法人=MIZUNO IBERIA, S.L.、韓国現地法人=MIZUNO KOREA LTD.)も増収要因の一つとしている。また、グローバルでランニングシューズの販売堅調、経費コントロール(販管費率1.5p改善、広告宣伝費3.0p改善など)に努めたことが増益に繋がっているとしている。

さらに、今年度は営業利益、経常利益、四半期純利益の3項目で軒並み前年同期比5割増を達成。その理由として、2012年度に始めた営業システムの変更なども業績に寄与しているという。具体的には、前年度は流通に対する選択と集中で、アクティブな取引先にはサポートを強化するなどの改革を行った。その効果が今期に表れた模様だ。

ゴルフは、「カスタムクラブ事業とシューズ以外は苦戦」(日本)、「需要の回復無いまま苦戦」(欧州)、「アイアンのカスタムフィッティングを中心にクラブ販売増」(米国)など、総合的には第3四半期で売上は計画通り推移しており、通期売上見込みは国内で130億円を計画。達成すれば、平成25年3月期の売上126億円から3%増となる。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 三菱ケミカル2018 Webカタログ – Diamana、KUROKAGE、FUBUKI

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • グローブライド、役員人事に関するお知らせ

関連記事

  • ミズノ、平成29年3月期第2四半期は増収減益、ゴルフは欧州以外苦戦

  • ダンロップ、国内クラブ好調も円安コスト高で増収減益

  • 平和の完全子会社化で、さらなるM&Aの加速を示唆するPGM

  • 円安で加速するダンロップのグローバル戦略

  • 14年度第2四半期、ミズノは増収増益でもゴルフは苦戦

  • ダンロップ、国内で増収も海外の減収響き減益