1. 上期減益のダンロップ、下期挽回で期初計画の遂行目指す

上期減益のダンロップ、下期挽回で期初計画の遂行目指す

決算発表
この記事は約 2 分で読めます。 126 Views

「国内のゴルフ用品市場は、昨年12月に投入した新製品の投入効果や3月の消費税率引き上げに伴う駆け込み需要もありましたが、2月の降雪や税率引き上げ後の市場低迷の長期化などにより、前年同期とほぼ同水準になりました」(ダンロップスポーツ)

地域別では、日本は前期比2億円増の195億円と微増だったが、世界第1位の北米市場が11億円減の40億円と奮わず、全体の足を引っ張った格好だ。「北米は悪天候もあり店頭の在庫調整が進まず、大手メーカーを中心にディスカウントが横行しています。当社は価格維持に努めましたが、全体的にはマイナスの影響を受けてしまいました」(野尻恭社長)一方、新興のアジアは、『ゼクシオ8』が好調で売上高は前期比7億円増の56億円を達成、勢いを持続する。

上期の製品別売上高は、クラブが前期比横ばいの165億円だったが、ボールが2%減の70億円と減収。ボールがマイナスとなったのは低価格化が最大の要因だが、同社は通年でもこの傾向は続くと見ており、前期比2億円程度のマイナスを想定している。

2014年通期の事業方針は「上期のマイナスを下期で挽回」――。内容的には、現行品の『ゼクシオ8』の増販、クラブの新製品(スリクソン NEW Z、クリーブランドウエッジ)の販売強化で、期初の計画通り、売上高675億円(前期比9億円増)、営業利益32億円(同4億円増)の増収増益を目指す。

地域別では、日本は前期比1億円増の437億円とほぼ横ばいを計画。上期に苦戦した北米は、クラブの増販で前期比5億円減の78億円を想定する。また、アジアは『ゼクシオ人気』が高い韓国・中国は引き続き『ゼクシオ』を軸に事業展開を図っていくが、USPGAの影響が強い東南アジアは9月に発売する『スリクソン』の訴求を強めていく。地域別に販促強化品目を変更する新たなグローバル戦略への取り組みも積極的だ。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 『XXIO X レディス』の販売イメージ、子育てが終わった妻に夫がプレゼント!

    • 初代から40ヤードアップの10代目『XXIO X』

    • 勝みなみ「世界一、愛されるプロになる」。ダンロップスポーツと用品契約

    • SRIXON攻勢か?上半期輸出ボール 52.6%増

    • 大人ゴルファーに薦めたい『ゼクシオ』のスパイクレス

    • 公認なのにぶっ飛ぶ?ダンロップから新ゴルフボール『スリクソン -X-』が登場